teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/29 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

陶原 さま

 投稿者:ハトリ  投稿日:2006年 8月13日(日)11時42分13秒
  通報
  さっそくのレス有難うございます。(レスの意味最近知ったのですが)
次回は芥川賞作品です。伊藤たかみさん。(角田光代のご主人とか)タイトルは覚えていません。
最近の傾向としては、「主人公の思いと会話」で構成されている作品がブームなんでしょうね。伊藤たかみ、森絵都さんはJA(ジュニアアダルト)小説という分野で書いているみたいです。読みやすくメルヘンチックな作品なのでしょうね。
村上春樹は賛否両論でしたが、私的にはそれはそれでいいのでしょうが、アメリカの翻訳小説に似たものがありますよね。やはりそれぞれの登場人物の肉付け、描写がないから、読んだ後不思議になにも残らない。BGMみたいに。村上春樹は「世界の終わり~」のように消えていく世界を描きたいのかな。近未来、誰でも小説が作れるソフトができるかも……。夏休みお進め作品として吉村昭の『東京の戦争』筑摩書房 先生のお進めです。
ご両親の介護大変ですね。暑いですのでお体ご自愛ください。
ではとりとめがありませんが、またレスさせてください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/29 《前のページ | 次のページ》
/29