teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


市民の祭りに迎撃ミサイルなんて!自衛隊に抗議しました

 投稿者:三井 圭子(横浜勤労者釣りの会)  投稿日:2017年 6月 2日(金)23時20分27秒
返信・引用
  5月27日、第36回横浜開港祭(6月2日・3日)に航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオットPAC2が横浜港大さん橋国際客船ターミナルの岸壁で一般公開されることが報道されました。米国主導のミサイル防衛を担う主要装備であるパトリオットミサイルが県内の市民利用施設に設置されるのは初めてのことです。報道では、自衛隊神奈川地方協力本部の広報担当者が、横浜開港祭の実行委員会から依頼された、となっていましたが、自衛隊に事実確認をしたところ、実際は自衛隊から要請したというものでした。
横浜開港祭は市内の学校も休校になって大勢の市民が集うお祭りです。そこにミサイルの展示など全くふさわしくないものであり、北朝鮮の武力誇示となんら変わりません。横浜の海をそのような場に利用されることは、勤労者釣りの会として許せません。
6月1日、横浜勤労者釣りの会の永沢会長と三井事務局長含む3名が自衛隊神奈川地方協力本部横浜出張所(横浜市中区)に出向き、広報担当者に面会し、強く抗議するとともに、中止の申し入れを行いました。
 
 

第1回ヤマベ立ウキ釣り大会のお知らせ

 投稿者:横浜 長曽  投稿日:2017年 5月24日(水)23時14分47秒
返信・引用
  第1回ヤマベ立ウキ釣り大会のご案内
日時   2017年7月2日(日)
場所   富士五湖 西湖 (集合場所は船宿 山路)
参加費  500円 ※別途入漁証が必要です。
集合時間 午前8時(検量開始12:00、昼食を取りながら交流会と表彰)
釣り方  立ウキ釣り。竿は1本、鉤2本まで
検量方法 ヤマベの総匹数で競います
●荒天時の開催判断は前日の午後7時に行い、この場に掲載いたします。
●申し込みはわたくしまで。

 山上湖のヤマベ立ちウキつりの盛期はとても短く、その中でも特に7月から9月は都心での暑さを忘れ、
標高千メートルの高地でヤマベの爽快なアタリと、引きを楽しむことができるつりです。
 しかし、釣り場環境の変化による釣果の減少・愛好者の高齢化等により、
先人の創意工夫で作り上げてきた「山上湖のヤマベ立ちウキ釣り」文化がなくなろうとしています。
 この楽しい釣りを今後も広げ・発展させて行くため、愛好者が腕前を存分に発揮し、奥深さを大いに語り合う場として、
またこれからも釣技向上を目指し、上記の要領にて大会を行います。
ぜひ、お誘いあわせの上ご参加ください。
また、竿を持たない参加も大いにお待ちしています。


 

投稿ありがとうございました

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 5月 8日(月)09時55分9秒
返信・引用
  遠くに居るものにとって、こうした情報は大切です。
横浜も例外ではありません。かつて釣船と潜水艦が衝突し、多くのつり人が犠牲になったことを記憶しています。
海を上手に利用するためには、誰かが間違った使い方をすることは許されませんね。
公平に、民主的に事故は裁かれなくては、安心して海を利用することはできません。
また情報をお知らせください。ありがとうございました。
 

おおすみ事件市民集会

 投稿者:向田 清一  投稿日:2017年 5月 4日(木)19時46分34秒
返信・引用
  おおすみ事件の真相を求める
市民集会(総会)

 表題の総会が3月16日(木)午後13時30分から実施されました。おおすみ事件(2014年1月15日)から3年を過ぎ広島地方検察庁は告訴しなかったために、広島検察審査会に「審査申し立て」を提出し真相究明を求めましたが棄却、やむなく広島地裁に国家賠償裁判(民事訴訟)を提訴しました。昨年の5月25日(原告4名+32名)のことです。これまでに3回の訴訟口頭弁論が行われてきました。
 波穏やかな広島湾宮島沖で1万トン近い巨大艦船が「第一船速」というスピードで釣船をまるで木の葉のように跳ね飛ばし何の罪にも問われない・・・こんなことが許されるなら、またこれに黙っていいたら瀬戸内海(広島湾)は文字どおり軍事優先の海になってしまいます。
 このような中「真相究明を求める会(略)」総会が開かれました。皆川恵史(元・広島市会議員・会事務局)からこれまでの活動報告が順をおって説明がありました。最後に「ヒロシマ勤労者つりの会」の若光啓至より新役員の提案が拍手で承認されました。
 その後「相究明を求める市民集会」で弁護団長・田川弁護士から報告、続いて大内要三(日本ジャーナリスト会議・会員)のスライドを使っての詳細な説明がありました。おおすみ事件の真相究明はこれからが正念場、今進行中の国家賠償請求訴訟(民事訴訟)に海上自衛隊は今まで隠していた新しい資料を出してきました。これらを読むと、検察の認定した「衝突原因」はすべて覆され、刑事裁判で海上自衛隊の責任が追及されなかったことの誤りが明白になってきました。
 添付の決議文が採択されました。参考にしてください。

https://1drv.ms/w/s!Au7YhN6SHbQ7nXCTRPnwOd5SfFUR

 

関東労釣フナ釣り大会 雨の中開催

 投稿者:横浜 長曽  投稿日:2017年 3月27日(月)10時46分36秒
返信・引用
  3月26日 関東労釣主催のフナ釣り大会が与田浦にて開催されました。
58名が参加し盛大に開催することができました。
あいにくの雨と北東気流で寒い一日となり、約半数の31名がボウズとなりました。
(私もその一人ですが・・・)

1位は4キロ超え、2位も3キロを超える結果となりました。
気温が上がれば、乗っ込みが始まり大釣りも夢ではありません。
これからも春のフナ釣りシーズンが続きます。
 

「ドブネズミ」ブルーギル駆除に朗報か

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 3月 8日(水)11時37分4秒
返信・引用
  在来魚の食害の大きさから、「ドブネズミ」と呼ばれているブルーギルの有効な駆除方法として、遺伝子制圧なる方法が開発されたというニュースにびっくり。
せっせと捕まえては駆除していることに虚しさを覚えないと言ったら嘘になりまっす。
しかしこの方法が実用化されれば、再びもとの日本の魚の生態系が復活することも夢とは言えませんね。
でも、あまりにうまい方法なので、何か副作用のようなものが出ないものかと心配もあります。
大いに研究を、期待しています。
 

釣り仲間とバッタリ!

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 3月 7日(火)16時35分37秒
返信・引用
  今期最後のヤマベ立ちウキ釣りと、丹沢湖に出かけました。
すると後から懐かしい声が、なんと旧知のKさんではありませんか。
体調がすぐれずに、釣りを離れる人もいますが、この方は身体の自由は効かなくなっても、
息子さんに連れられて、ちゃんと時期にはポイントを見に来られたのです。
懐かしい釣りの思い出に花が咲き、過ぎた月日を思いました。
高齢者のつり人が多い中、「釣り急がなくては」と思います。
 

「遺伝子制圧法 ゲノム編集でブルーギル根絶へ」が産経新聞に

 投稿者:東京 伊藤  投稿日:2017年 3月 7日(火)08時31分35秒
返信・引用
  BBネットワークからのメールで、<水産研究教育機構増養殖研究所から研究発表のあった「遺伝子編集技術を用いた不妊化魚による外来魚の根絶を目的とした遺伝子制圧技術の基礎基盤」に関して、産経新聞の長辻論説委員が別途取材して、別添の記事が2月15日付けの産経新聞に掲載されました。>との連絡がありました。NETニュースにありましたので紹介します。下記URLから参照できます。

http://www.sankei.com/life/news/170215/lif1702150021-n1.html

 

良い雨になりました!

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 3月 2日(木)10時25分54秒
返信・引用
  3月2日横浜は良い雨になりました。
渓流釣り解禁、西丹沢もヤマメが動いたでしょう。
佐原・与田浦では、鮒が動きだすのではないでしょうか。
いよいよ釣りの春がやって来ます。
 

丹沢湖のヤマベ、アタリ!

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 1月27日(金)14時23分35秒
返信・引用
  1月26日、「丹沢湖水源を考える会」総会の折に、1時間とすこし、焼津で竿を出してみました。
するとアタリ!
そして、三匹の釣果がありました。
ボー小屋の前の駆け上がりのやや沖目でしょうか、じっくり狙えば、アタリは取れるかも知れません。
希望が出てきました。
文字通りの寒釣、厳しい時こそ、面白いそんな釣りです。
 

レンタル掲示板
/56