teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


関東労釣フナ釣り大会 雨の中開催

 投稿者:横浜 長曽  投稿日:2017年 3月27日(月)10時46分36秒
返信・引用
  3月26日 関東労釣主催のフナ釣り大会が与田浦にて開催されました。
58名が参加し盛大に開催することができました。
あいにくの雨と北東気流で寒い一日となり、約半数の31名がボウズとなりました。
(私もその一人ですが・・・)

1位は4キロ超え、2位も3キロを超える結果となりました。
気温が上がれば、乗っ込みが始まり大釣りも夢ではありません。
これからも春のフナ釣りシーズンが続きます。
 
 

「ドブネズミ」ブルーギル駆除に朗報か

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 3月 8日(水)11時37分4秒
返信・引用
  在来魚の食害の大きさから、「ドブネズミ」と呼ばれているブルーギルの有効な駆除方法として、遺伝子制圧なる方法が開発されたというニュースにびっくり。
せっせと捕まえては駆除していることに虚しさを覚えないと言ったら嘘になりまっす。
しかしこの方法が実用化されれば、再びもとの日本の魚の生態系が復活することも夢とは言えませんね。
でも、あまりにうまい方法なので、何か副作用のようなものが出ないものかと心配もあります。
大いに研究を、期待しています。
 

釣り仲間とバッタリ!

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 3月 7日(火)16時35分37秒
返信・引用
  今期最後のヤマベ立ちウキ釣りと、丹沢湖に出かけました。
すると後から懐かしい声が、なんと旧知のKさんではありませんか。
体調がすぐれずに、釣りを離れる人もいますが、この方は身体の自由は効かなくなっても、
息子さんに連れられて、ちゃんと時期にはポイントを見に来られたのです。
懐かしい釣りの思い出に花が咲き、過ぎた月日を思いました。
高齢者のつり人が多い中、「釣り急がなくては」と思います。
 

「遺伝子制圧法 ゲノム編集でブルーギル根絶へ」が産経新聞に

 投稿者:東京 伊藤  投稿日:2017年 3月 7日(火)08時31分35秒
返信・引用
  BBネットワークからのメールで、<水産研究教育機構増養殖研究所から研究発表のあった「遺伝子編集技術を用いた不妊化魚による外来魚の根絶を目的とした遺伝子制圧技術の基礎基盤」に関して、産経新聞の長辻論説委員が別途取材して、別添の記事が2月15日付けの産経新聞に掲載されました。>との連絡がありました。NETニュースにありましたので紹介します。下記URLから参照できます。

http://www.sankei.com/life/news/170215/lif1702150021-n1.html

 

良い雨になりました!

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 3月 2日(木)10時25分54秒
返信・引用
  3月2日横浜は良い雨になりました。
渓流釣り解禁、西丹沢もヤマメが動いたでしょう。
佐原・与田浦では、鮒が動きだすのではないでしょうか。
いよいよ釣りの春がやって来ます。
 

丹沢湖のヤマベ、アタリ!

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 1月27日(金)14時23分35秒
返信・引用
  1月26日、「丹沢湖水源を考える会」総会の折に、1時間とすこし、焼津で竿を出してみました。
するとアタリ!
そして、三匹の釣果がありました。
ボー小屋の前の駆け上がりのやや沖目でしょうか、じっくり狙えば、アタリは取れるかも知れません。
希望が出てきました。
文字通りの寒釣、厳しい時こそ、面白いそんな釣りです。
 

丹沢湖のヤマベ、アタリ無し

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 1月23日(月)09時45分58秒
返信・引用
  1月21日丹沢湖へヤマベ立ちウキ釣りに。この日は、快晴ではありましたが強風が吹き荒れる天気になってしまいました。
朝のうち焼津で竿を出しましたが、アタリを出すには至りませんでした。
昼に玄倉に回りましたが、ここでもアタリは出ませんでした。
ボートの客も、「この風では」と言って、帰ってしまうほどでしたから、この日の状況が今期のヤマベの状況判断とはいかないと思います。
また、出掛けてみたくなりました。
 

初釣りは?

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 1月19日(木)11時57分23秒
返信・引用
  横浜労釣会初釣りは、東伊豆外浦のカワハギ、なんと三十数匹と!
私は風邪を引き込み、参加できませんでした。
こんな時に良い釣りになるなんて、今年の釣り運は、あまり良くなさそうです。

そこで昨日、相模川の座架依橋ワンドに行きました。
2時間で70匹釣りましたが、ここは相模川の数少ないヤマベやハヤの幼魚の越冬場所なんですね。
たくさんの子魚が群れているのですから、真夏の山上湖のヤマベ釣りの練習場所となります。

この時期の寒ヤマベ釣りは、丹沢湖に、こことは全く異なる釣りになります。
今週末には、丹沢湖の初釣り会を行うことにしています。
 

納竿会は城ケ島沖カワハギ

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年 1月 4日(水)13時07分32秒
返信・引用
  12月25日横浜労釣会納竿会は、城ケ島沖カワハギ釣り、少人数の仕立てということでT丸に8人が乗船。好天の海にこぎ出しました。

しかし足元のホースからとんでもない水が噴き出して、いきなり足をびしょ濡れにしてしまいました。おそらくはこの冷が原因でインフルエンザを発症しちゃったんではないかと、勝手に憤っていますが。

アタリは多くて、釣果もまずまず、朝の調子では20や30は行くんではないかと思わせたのですが、操船のまずさに閉口することになりました。船はやっぱり気分良く釣らせる船頭さんの腕にかかりますね。

トップは20を越えましたが、私は11匹と大きなホウボウ、インフルエンザまで釣りあげ1年が終わりました。今年こそは!
 

丹沢湖のヤマベ

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2016年12月19日(月)09時59分13秒
返信・引用
  12月18日(日)晴、冷え込み朝の気温零度、しかし日中は暖か。
丹沢湖でヤマベ釣りを二人で行いました。朝2時間、焼津で竿を出しハヤが十匹、ヤマベは釣れません。
そして玄倉へ、昼まで2時間でハヤが10匹、Nさんはヤマベが2匹混じりましたが、ヤマベの魚影の薄さを感じました。
しかしヤマベはいない訳ではありませんので、さらに様子を見て行こうと思っています。
 

レンタル掲示板
/56