新着順:203/7392 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

激震に続く、檄文!

 投稿者:サエグサ龍生メール  投稿日:2016年 9月 2日(金)14時57分38秒
  通報
  いったい、この百年近い70年の間、政府、自民党はこの日本を、
何処へ導いたというのか?

アメリカの言いなりにならない為、敢えて、三分の一の野党を
残し、裏で野党と繋がりながら、舵を取ってきた。

その挙げ句、お金の分配が政治であり、教育であり、福祉である
と誤解しているうちに、最も大切なものを置き去りにしてしまった。

正月のお参りにさえ行けない公明党と組んでの、泥船政治を
自民党が敷き、長い与党として君臨している間に、我々の親を
祖父を、変態軍隊だったと謳う幼児売春婦の像を世界中に置かれ、
教科書にまで書かれても、その敵国と断交もせず、ヘラヘラする
ことが、上品であり無難であるとしてきたが、

それで、子供たちに、どの顔で、どうやって教育ができるのか?

一言で言って、

終戦の混乱時には、食と金を与えることが一番であっただろう。

しかし、それが一段落した今、国が求めているのは、生きて行く
に値する証と、国の仕組みの大変更である!

まず、日本は天皇制の国では無い。

元々、天皇制とは共産党の造語だが、その成功は明治の天皇と
元老によって、成り立ったが、大東亜戦争の前年、全ての元老
が亡くなってから、機能しなくなり、その後は統制不能になった
まま終戦を迎えた。

京都遷都。大政奉還(象徴天皇制から大統領制への移行!
もしくは、元首天皇制への移行?)。韓国断交。米軍基地
の撤去。3ヶ月の国民災害救助訓練の義務化。不明瞭にして
きた終戦後の国のあり方を問う時代に、ようやく、入った。

未来を残そう!

無責任な体制で始まった原発が、徳川幕府と同じ、300年を
東電が管理し、人類発生と同じ、10億年を政府が管理しなけ
ればいけないという原発廃炉のプロセス表の事実を、どの政治家
が、直視し、発言している?

誰も、いやしない。

誰も、居やしないからと言って、放置できる問題では無い。

この国の誰かが、ある集団が語り継いでいかねばならない。
ここまで、既得権益で未来や子孫を見れない大人達の多数決
による政府に、委ねている暇は無い。

一切の常識は要らない!一切の通例は要らない!一切の慣例は
要らない!

私は、死ぬまでに、必ず、200名の有機的仲間を創る!

たとえ、離れていても、たとえ、国籍が日本で無くとも、
日本人を愛し、日本文化を愛する者と手を結ぶ!近い将来、
必ず、その者達が核となり、日本人は生き残る!J.S.P!

Japanese Survival Party !  日本人永遠協会!
 
》記事一覧表示

新着順:203/7392 《前のページ | 次のページ》
/7392