新着順:201/7392 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

元より、合わない関係

 投稿者:サエグサ龍生メール  投稿日:2016年 9月 4日(日)07時30分16秒
  通報
  ハーグ陸戦条約を取り上げるまでも無く、

占領下に制定された憲法を一行も変える

こと無く、わかりにくい憲法を頂いて、

70年も来てしまったのは、なぜでしょう?


以前、申したように、1192年より800年間、

幕府と天皇による2大政党でしたが、1868年、

伊藤博文と仲間達による明治天皇制が敷かれ、

欧米列強の植民地支配を避けるため、臨時神権

国家が生まれ、アジア・アフリカのほとんどの

国が独立を果たしましたが、肝心の盟主日本は

独立心を無くしました!


神権国家における天皇は神ですが、神と人とを

繋ぐのが元老院であったわけですが、そのすべてが

大東亜戦争の前年に西園寺公望(彼は適任な後継者

が居ないと言って指名せず)の死を持って、パイプ

が無くなり、単なる報告会である御前会議だけになり、

大日本国憲法の機能が止まって、75年!


欧米列国の侵略行為に対し、よく、日本は防御しまし

たが、それには独特の大日本国憲法の機能のお陰でし

たが、それには元老院が居て、はじめて、機能すると

いう欠陥がありましたが、それを知るのは発案者の

伊藤博文だけ。


肝心の彼は、占いの大家、高島易断の大凶の卦を

蹴って朝鮮に行き、暗殺されました。


高島易断を創った高島嘉右衛門(かえもん)ですが、

彼は占いではお金を取らず、横浜を易学で造った

大政治家でもありました(高島の長女と伊藤の息子

とは結婚している)。


初めから、朝鮮と日本は離婚すべき関係です。
 
》記事一覧表示

新着順:201/7392 《前のページ | 次のページ》
/7392