新着順:408/16288 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【天に唾する愚かな反日韓国】 中国共産党に隷属するか北朝鮮に併合されるか二者択一(性質の悪い韓国に一切関わるべからず!)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 8月12日(土)12時54分23秒
  通報 返信・引用
  ○【メガプレミアム】破滅か再生か 崖っぷち韓国 中国の「仕打ち」に狼狽 国旗侮辱などの嫌がらせは日本にやってきたこと…

        http://www.sankei.com/premium/news/170812/prm1708120004-n1.html       平成29年(2017)8.12 05:00産経

 韓国、国政の停滞と混乱は依然続いており、外交や経済は厳しい状況だ。自国の現状と取り巻く現実への戸惑い。将来への不安と焦り。
韓国は一層の衰退と再生の岐路に立たされている。

▼現実を思い知る
 韓国文化体育観光省などによれば、3月1~19日の訪韓中国人観光客は昨年同期比で21・9%減少。4月の韓国旅行の予約も30万人がすでにキャンセルしており、
84億ウォン(約8億4000万円)の売り上げ減が予想されている。

 在中国韓国大使館は事実上の観光客の韓国旅行禁止措置に、中国の外務省や国家観光局に対し文書で懸念を表明した。
しかし、その程度の抗議は中国相手には焼け石に水だ。

 これくらいのことを中国は平気でやってくるし、何よりも、そのえげつなさが中国らしい。韓国にとって中国は最大の貿易相手国であり、
韓国経済の対中依存度は非常に高い。ただ、同情はしつつも、中国の仕打ちにうろたえて被害者意識にさいなまれているのも韓国らしい。

 知人の韓国人記者らから、「中国の仕打ちをどう思うか」と聞かれることがある。こちらが「中国らしいねえ。でも、この程度ならまだ手ぬるいよ」
と答えると、相手は一瞬黙ってしまう。笑顔を見せつつ、中国は真綿で首を絞めるようなことも平然とやる。「それが中国なんだよ」と
現実を教えてあげている。

 思い返せばちょうど2年前。日中韓3カ国外相会談がソウルであり、中国の王毅外相が、「歴史認識問題」をめぐってさんざん日本を非難し、
韓国をしきりに喜ばせていた。ホスト国である韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相はご満悦だった。

 また、同じ年の9月、朴槿恵大統領(当時)が訪中し、「抗日戦勝70年」の記念式典と軍事パレードで、中国側から“異例”の厚遇を受けた。
言うことを韓国がよく聞いていたから中国は笑顔を振りまいてくれただけなのだ。中国の仕打ちに戸惑う韓国もこの程度の甘い対中認識だった。

▼またまた日本を意識
  中国にいじめられていると感じている韓国。「中国の横暴さ」「中国政府の稚拙さ」(朝鮮日報)と中国こき下ろしに精いっぱいだ。
 そんな中、引き合いに出しているのがまた日本。沖縄県・尖閣諸島をめぐり2010年と12年に起きた中国での反日暴動の際の日本側の対応だ。

▼韓国だけが取り残される
▼募る不安と自信喪失
 「歴史認識問題」をめぐって、あれほど「安倍!」「安倍!」と憎々しげに安倍首相を批判していた韓国メディアも、最近は元気がない。

 「四面楚歌(そか)」「韓国だけ外れている」「のけ者」。いずれも韓国紙が国際社会で韓国が置かれている立場を示した表現だ。
疎外感、羨望感、動揺と焦燥感が入り交じったこの複雑な感情。極めて韓国らしい。

 2月の失業者数は135万人で過去17年で最多。失業率は5%で2010年以来の高水準。若年層(15~29歳)の失業率は12・3%に上る。
物価が上昇する一方で、所得は減少。内需は冷え込んでおり、消費性向は過去最低だ。

 また、家計負債額は1300兆ウォン(約130兆円)。カード債務の返済不能の件数、額も増え続けている。生活費の4割以上を借金返済に充てる
限界世帯は134万世帯に達する。

 国民経済の行き詰まりに、中国の経済圧力が拍車をかけている。 財界や専門家が長らく警鐘を鳴らしてきたのだが、韓国経済は今まさに、
「風前のともしび」(韓国紙)だ。非常にまずい状況に陥っている。

▼それでも続く国論の分裂
▼輝かしい未来は…見込めず
▼調査報告の通り、今の韓国には輝かしい未来が期待できそうないい話はない。 (文章抜粋)
 
》記事一覧表示

新着順:408/16288 《前のページ | 次のページ》
/16288