新着順:69/16271 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【偉大なる大韓民国】中国共産党との通貨スワップ協定 期限の10月10日付けで芽出度くTHE・END

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年10月11日(水)23時01分2秒
  通報 返信・引用 編集済
  ●韓中通貨スワップ、いったん終了 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/11/2017101100563.html 2017/10/11 「朝鮮日報」


 10日に期限を迎える韓国と中国の通貨スワップ協定は延長交渉が大詰めを迎えている。両国間の通貨スワップは2008年に締結された後、
3年ごとに延長されてきた。

 李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁は「まだ全てが解決したわけではなく、10日も(中国との)会合が予定されている」と述べ、
中国と交渉中であることを認めた。李総裁はまた、「きょうが期限だからといって、必ずこうしなければならないということはない」と語った。

ひとまず期限切れを迎えるが、速やかに新たな協定を結べば、協定延長と同じことだとの認識を示したものだ。

 韓中通貨スワップは昨年時点では順調に延長されるとみられていたが、韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備をめぐる対立が
エスカレートし、延長が微妙になっていた。

 韓国政府周辺からは両国の実務レベルでは合意に至ったが、中国の共産党指導部の承認が出ていないのではないかとの見方が聞かれる。
このため、交渉の行方は今月18日に開幕する中国共産党大会が終わらなければ分からないとみられる。キム・ドンヨン経済副首相は
「中国も人民元の国際化に向け、(通貨スワップ延長に)関心を抱いており、(交渉結果を)待っていてほしい」と述べた。

                           ▼

●中韓通貨スワップ、協定を3年延長 中国側が貸しを作ったかたち                           平成29年(2017)10.13 産経
   http://www.sankei.com/world/news/171013/wor1710130056-n1.html

【ソウル】韓国銀行(中央銀行)は13日、韓国と中国が金融危機などの緊急時に資金を相互に融通する「通貨交換(スワップ)協定」を
3年間延長することで中国側と合意し、中国人民銀行と契約を結んだと発表した。

融通額は3600億人民元・64兆ウォン(約6兆1400億円)相当を限度としており、3年の期間とともにこれまでの契約と同じ。

中韓のスワップ協定は2009年に始まり、11年に融通額を現在の規模に拡大。韓国が締結するスワップでは最大規模だが、今月10日が協定の期限だった。

 
》記事一覧表示

新着順:69/16271 《前のページ | 次のページ》
/16271