投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


【虎ノ門ニュース】【DHC】5/25(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月25日(木)11時33分8秒
返信・引用
           https://www.youtube.com/watch?v=8b5YfMqNSQI

  虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!! 憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

  なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。 そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか? 番組作りの舞台裏もお楽しみください!
 

●拡散フリー《国民唖然茫然:天皇は自ら憲法違反を認める発言か》 

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月24日(水)10時53分2秒
返信・引用
                                                「近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲」BLOGより転載

■この度(5月21日)、宮内庁幹部が明らかにした天皇陛下の意向と称するものを、「流石」毎日新聞は報道しましたが、「大スクープ」すごいことですね。
テレ朝の報道ステーションでもやっていたけど、ほとんどの国民は知らないようですので、取り敢えず毎日新聞の記事を【】で引用して、覚醒されていらっしゃる
皆様方と、平成の時代に天皇の制度を終わらせないために、いまやるべき事を考えたいと思います。

 まず、天皇の意向と称して天皇の意見をリークした、宮内庁幹部と称する人物は誰は、小和田恒氏の部下なのか、昨年から姿がさっぱり見えなくなり、
インターネットで『小和田恒◇スイス』と検索すると仰天ニュースが大量にヒットしますが、各社が沈黙する天皇家のニュースを発表できるのであれば、
毎日新聞には是非、「小和田恒氏がスイスで拘束されている」との真偽を明らかにしていただきたい。なにせ、日本は「報道の自由ランキング第72位」ですから、
外国メディアも動き始めている小和田恒氏が、実際行方不明になっているのか否か、くらい報道できないのであれば報道各社は自ら言論検閲していることになります。

以下、毎日新聞が抜いた記事ですが、報道の原理原則『誰が、いつ、どこで』は、すべて伝聞ですので、証拠能力のない記事が一面を飾っています。
毎日新聞はメディア失格ですね。下記の最後で名誉挽回の方策を教えてあげます。

以下、【】内は毎日新聞の記事。

【陛下:退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」】(2017年05月21日)

【時代によって変わってきた天皇と国民の距離】

【天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が
「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。】

 これはヤバい!宮内庁の関係者とは誰か。公務員の秘守義務違反云々ではなく、公務員の「言論テロ」そのものです。
流石、毎日新聞以外そこに気付いて、ボツにしたのでしょう。

【陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化で
なければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという】

天皇に関することは、皇室典範に定められている皇室会議によって最終的に決められるのであり、天皇の意向で法律を決めると、天皇が独裁者になり明確な「憲法違反」
になることで、特例法案は衆議院で全会一致の形を取ったことを、取り敢えず「国民の総意」の形を整えたことに、天皇といえども否定すると憲法違反になってしまいます。

【宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して
対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。
それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ
退位する必要はないとの主張を展開した。
陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、
皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。
陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。】と、

 保守系の主張は、憲法に制約された中でいかに「天皇」の御気持ちを尊重し憲法違反との「汚名」が巻き起こらないよう配慮したことを、宮内庁幹部が全否定して
いるのであり、宮内庁幹部によるクーデターに他なりません。

【宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を
祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と説明する。
陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、憲法に規定された象徴天皇の意味を深く考え抜いた結果だ。
被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、天皇であり続けることはできないという強い思いがある。(遠山和宏)】と
なっていますが、この宮内庁幹部と称する人物は、まさしく自爆テロリストですね。宮内庁幹部と称するコヤツ何様なんでしょうね。
宮内庁を辞める覚悟でリークしたのでしょうが、これを皇室会議が追認するようなことになれば、我が国の「天皇の歴史」は崩壊します。

【[ことば]退位の有識者会議:天皇陛下が昨年8月、退位の意向がにじむおことばを公表したのを踏まえ、政府が設置。10月から議論を始めた。
学者ら6人で構成し、正式名称は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」。11月に16人の専門家から意見聴取し、今年1月の会合で陛下一代限りの
特例法制定を事実上推す論点整理をまとめた。4月に最終報告を首相に提出した】

◆最後に毎日新聞が、宮内庁幹部の言論テロに加担した罪は厳罰ですが、いまインターネット上で話題になっている「小和田恒氏がヨーロッパで行方不明」
の真偽を明らかに出来れば、今回の不祥事記事の「名誉挽回」ができるでしょう。


近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲
◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】 http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】
を検索して見てください。http://officezon.net

◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載) http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
 

【虎ノ門ニュース】【DHC】5/24(水) 井上和彦・ケントギルバート・居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月24日(水)09時43分6秒
返信・引用
             https://www.youtube.com/watch?v=iNx2xh9YrYc

  虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!! 憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

  なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか? 番組作りの舞台裏もお楽しみください!
 

【Front Japan 桜】東京大混迷の病巣 / 中国、CIA要員12人以上殺害、米スパイ網壊滅!?[チャンネル桜H29/5/23]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月24日(水)08時56分4秒
返信・引用
          https://www.youtube.com/watch?v=G29zDxAXRRE                                  キャスター:有本香・福島香織

  気鋭のキャスター陣が、ますます混迷を深める日本の現状や国際情勢を読み解くべく、日本最前線(Front Japan)の気概で、日々のニュースや時事のほか、
様々なテーマについて取り上げ、日本が進むべき正道を追求します!

   ■ ニュース Pick Up        ■ 東京大混迷の病巣
   ■ 中国、CIA要員12人以上殺害、米スパイ網壊滅!? (32:40~)

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

「放射線の正しい知識を普及する会」 特別勉強会のご案内

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月23日(火)13時08分15秒
返信・引用
                                                「放射線の正しい知識を普及する会」より転載

 「放射線の正しい知識を普及する会」(会長代行:加瀬英明)は、「放射線議連」(会長:平沼赳夫)と協力して、放射線の特質、その人間への影響、
特に福島原発事故による放射線の影響の実態などの研究会を行ってまいりました。

2015年3月には、衆議院第一議員会館において、海外から2名の講演者を招いて、第1回研究会(SAMURAI2014)を開催しました。

 今回は、細胞遺伝学、分子生物学をご専門とされ、放射線問題については、国際的な専門家グループSARI(Scientists for Accurate Radiation Information)
のメンバーでもある、須藤鎮世就実大学名誉教授をお招きして、放射線の影響についての根本問題である、「直線閾値なしモデル」について
お話しいただきます。皆様のご来場をお待ちしています。

                                       平成29年5月23日「放射線の正しい知識を普及する会」茂木弘道拝

日 時:平成29年5月29日(月)15:00~17:30  *参議院議員会館ロビー14:30のご集合ください。

場 所: 参議院議員会館 地下1階 B104 会議室

講 師: 須藤鎮世先生(就実大学名誉教授)

演 題: 「直線閾値なしモデル=世紀の科学的スキャンダルを暴く」

 参加費無料、お申し込み:Fax 03-3519-4367  Email fujita@sdh-fact.com
 *詳細は下記の通りです。http://www.sdh-fact.com/CL/H290529.pdf
 

【中国共産党の人民洗脳教育に踊らされた少年の物語】 党に忠誠を尽くし模範愛国活動をしてきた。しかし強制退去で実家取り壊し「目覚めた」

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月23日(火)13時01分49秒
返信・引用 編集済
  ●(暗黒大陸中国)洗脳に気づいた愛国少年が題材のドキュメンタリー映画『少年趙君』           【新唐人2017年5月20日】

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjApezkpITUAhWMppQKHU2eCa0QtwIIIjAA&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3Dt2V-8EWT9Pc&usg=AFQjCNGt8SV7ZeZRmi7KntcYmYDxH4WYOQ (動画)


『少年趙君』は1990年以降に生まれた中国の若者趙君を主人公としたドキュメンタリー映画です。高校から大学二年までの四年間で、趙君が経験した国家に対する
意識の変化を追っています。趙君の視点を通して、現在の中国の社会を浮き彫りにし、一人の愛国少年が憤青(怒れる若者)に変わってゆく過程を描いています。

「がんばれ中国。釣魚宝島を返せ。船長を返せ。」

 2009年、山西省 平遥古城の大通りで、古い軍服を着て五星紅旗を振りかざした19歳の少年がスローガンを叫んでいました。誰から指図されたのでも、
誘われたのでもなく、軍服と国旗も自前で用意し、自分の意思で行動したのです。

スローガンを叫んでいるこの少年はいったいいつまでこの愛国心を持ち続けられるのだろうか興味を持ち、彼を主人公としたドキュメンタリー映画を
撮ることに決めました。

趙君は杜さんの構えたカメラに向かって愛国主義の歌を歌い、国を愛する思いを熱弁しました。感極まって泣き出すこともありました。

「ただ口だけで愛国のスローガンを叫ぶだけではだめです。僕らを大事にしてくれている祖国に報いるために行動で示さなければ。
理想を行動に移す者こそが有意義な人間です。だから国を愛する激しい思いを行動に移し、祖国建設のためにその身を投じなければならない。
絶対に兵役に就く。それが将来の夢です。」

 19歳の趙君は大学受験に失敗し、その年ホテルでアルバイトをしました。その時の経験により、横暴に振る舞う中国人客とは違って、日本人客は謙虚で穏やかだ
という印象を持ちました。

 その後大学に進学すると、「アジアの四小龍が発展したのは中央集権をしたからだ」「中国の未来の希望は共産党にある」といった教育を受けました。
先生は学生に問いかけました。「何百年もの長きにわたる悲惨な運命から中国を抜け出させたのは誰か?中国共産党だ!」

 中国全土を愛国デモの狂気が席巻していたあの当時、兵士となって国のために尽くしたいと願っていた趙君でしたが、大学に入った後、
だんだんと気持ちが変わっていきました。趙君はカメラに向かって、「大学は楽しいよ。兵士になりたいとは思わなくなってきた」と言いました。

 夏休みに入り、趙君は大学の同級生と一緒に、山間部に住む学校に通えない子供たちの教育支援ボランティアに行きました。この時、
祖国の本当の一面に気づきました。国の資金のほとんどは汚職役人によって無駄遣いされているのが真相です。

 「人民民主専政の意味をいまだに理解できません。人民民主専政とは、政治学の関連書に書かれている人民代表のことですが、人民代表はいったい誰を
代表しているのか。人民代表の冊子を見ると、企業の社長やどこかの会長ばかり。僕らはずっと洗脳を受けているのです。
悪くいえば洗脳されていて、よくいえば政治意識を高めているのです。」

 趙君はこう考えました。「現在の中国は一見ものすごく繁栄しているように見えるが、その繁栄はいったい何の上に築かれたものなのか。
表面的には裕福で強大に見えるが、実際には消費が多く汚染が深刻で、効率も質も悪く発展もしていないではないか。」

五年前には愛国デモに参加していた趙君でしたが、国への気持ちを決定的に変えたのは、自宅の強制立ち退き事件でした。

「人が死んでしまうじゃないか!」「中にまだ人がいるのか?立ち去れといったじゃないか」 国を愛した少年に国が報いることはありませんでした。

 これがかつて「党が国家を建設した。共産党があってこその新中国なのだ」と言っていた若者です。「愛国」という言葉が空虚な嘘となった時、
彼が幼い頃から崇拝してきたあの人物が、実際には彼らを虐待してきたことに気づきました。(文章抜粋)
 

【国連拷問禁止委員を騙して反日洗脳・悪の実例】中朝韓が連携抗日NPOと反日日本人が結託「日韓合意見直し勧告」 やっと反論提出!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月23日(火)12時30分10秒
返信・引用
  ●【「慰安婦」日韓合意】日本政府が反論文 日韓合意見直し勧告の国連拷問禁止委員会に         平成29年(2017)5.23 07:08 産経

         http://www.sankei.com/world/news/170523/wor1705230003-n1.html

【ロンドン】日本政府は22日、慰安婦問題を巡る日韓合意の見直しを勧告した国連拷問禁止委員会に対し、在ジュネーブ日本政府代表部を通じて、
日韓合意を見直す必要がないとの考えを盛り込んだ反論文書を提出した。

 同委員会の勧告をめぐっては、委員の一人が慰安婦を「第二次世界大戦中の性奴隷制度の犠牲者」と断定したうえで、日韓合意は「被害者に対する
名誉回復や補償、再発防止」が不十分と批判している。

日本政府は
▽ 旧日本軍が慰安婦を強制連行した証拠が見つかっていないこと
▽ 「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意は当時、韓国出身の潘基文国連事務総長や米政府など国際社会から高く評価されたこと
▽ 日韓合意に基づき、日本政府は昨年8月、元慰安婦を支援する韓国の新財団に10億円を拠出して存命する韓国人元慰安婦の7割が現金支給を受け入れた
  こと-などを挙げ、反論した。
 

【民進党また「偽造文書?」学部新設阻止失敗】玉木雄一郎の親族に獣医師関係者(猛反対は利権?)100万円「連盟」癒着献金発覚

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月23日(火)12時02分45秒
返信・引用 編集済
  ●【加計学園問題】「しっかり止める」 獣医師連盟から献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を“約束”

      http://www.sankei.com/premium/news/170522/prm1705220008-n1.html             平成29年(2017)5.22 17:14 産経


 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画に関し、民進党の玉木雄一郎幹事長代理(48)が約2年前、学部新設に
猛反対している日本獣医師会の総会で「おかしな方向に向かいそうになった際はしっかり止める」などと、計画阻止を約束していたことが22日までに分かった。

 日本獣医師会の会議報告によると、玉木氏は平成27年6月、東京都内の明治記念館で開かれた日本獣医師会の第72回通常総会に来賓として出席。
あいさつの中で「教育の分野、あるいは医療の分野は、そもそも特区として、地域の例外を作り、進めるべき話ではない。
おかしな方向に向かいそうになった際はしっかり止める」などと述べ、加計学園による獣医学部新設に反対する日本獣医師会を擁護する姿勢を鮮明にしていた。

 玉木氏は自身のブログで父親が香川県獣医師会の副会長をしており、弟も獣医であることを明かしている。玉木氏は平成24年に日本獣医師会の政治団体
「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受けるなど、日本獣医師会との深いつながりが明らかになっている。

文部科学省は獣医師の数が足りているとして、獣医学部の新設・定員増に関して「抑制的に対応する」と通達しており、過去52年間、獣医学部は新設されていない。

 しかし、今治市は「地域偏在の解消」などを掲げて獣医学部の招致運動を展開。それに呼応する形で、加計学園は愛媛県今治市に岡山理科大学獣医学部を新設する
計画を進めてきた。

同市が国家戦略特区に指定されると、昨年12月には国家戦略特区諮問会議が特区内の獣医学部新設を容認。約50年ぶりに獣医学部が新設される可能性が高まっている。

 それに対し、日本獣医師会は激しく反発し、蔵内勇夫会長もホームページ(HP)で繰り返し、新設計画への反対を表明。玉木氏は計画に関する記録文書を巡る
「総理のご意向」について、国会で追及の急先鋒となっている。


●【加計学園問題】辛坊治郎 『なんで騒いでんの?問題ないじゃん!』        平成29年(2017)05.20 「Japan Politics Channel」より転載
   https://www.youtube.com/watch?v=_psfbEu2Nko
 

【英国でテロか? 2回爆発・19人死亡、約50人負傷 コンサート会場】 日本時間23日午前6時半頃 

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月23日(火)10時03分22秒
返信・引用
  ●英マンチェスターのコンサート会場で爆発音 19人死亡50人負傷  地元警察「テロの可能性」     平成29年(2017)5.23 08:24 産経

            http://www.sankei.com/world/news/170523/wor1705230015-n1.html

【ロンドン】英BBC放送などによると、英中部マンチェスターのコンサート会場で22日午後10時半(日本時間23日午前6時半)ごろ、
大きな爆発音があり、地元警察によると19人が死亡、約50人が負傷した。警察はテロの可能性があるとして捜査中だと発表した。

 現場はマンチェスターの中心部にあるマンチェスター・アリーナで、2万人以上の収容が可能だった。 米人気歌手アリアナ・グランデさんの
コンサートが開かれていたという。

 目撃者がロイター通信に語ったところによると、コンサートの終了直前に大きな爆発音が聞こえた。終了数分後に爆発したとの報道もある。
グランデさんのスポークスマンによると、グランデさんは無事という。

爆発は1回で、午後11時前に起きたと報じられたが、爆発音が2回聞こえたという報道もある。

 マンチェスター市内の大通りは救急車が激しく往来し、会場近くの住人は「寝ていたら大きな音がして、しばらくして大群衆が家の前を走って
逃げ大騒ぎになった」と語った。

 インターネットに投稿された現場のビデオでは、会場内で観客が叫び声をあげながら出口に殺到する様子が映っていた。英メディアが報じた写真には、
脚から血を流して救助される男性や倒れ込む女性の姿が映っている。
 

【虎ノ門ニュース】【DHC】5/23(火) 百田尚樹・居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月23日(火)08時38分47秒
返信・引用
             https://www.youtube.com/watch?v=0A3G_QAgyII

  虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!! 憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

  なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。 そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか? 番組作りの舞台裏もお楽しみください!
 

『新しい歴史教科書』(新版・中学社会)(自由社) 英訳シリーズ その1-第1章「古代までの日本」1節、2節 

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月23日(火)05時23分54秒
返信・引用 編集済
                                                   「史実を世界に発信する会」より転載
『新しい歴史教科書』英訳シリーズのその2―第1章「古代までの日本」、第1節、第2節をお届けします。

第1節:文明のあけぼの

 ①日本人はどこから来たか
   人類はアフリカで誕生した 日本列島に住み着いた人々  日本にもあった旧石器時代    *もっと知りたい:「岩宿遺跡を発見した相澤忠洋」

 ②自然の恵みと縄文文化   豊かな自然の恵み  縄文土器の時代 縄文時代の生活   *もっと知りたい:「和の文化」の縄文

 ③文明の発生  農耕の始まりと金属器の使用 文明の発生と国家の誕生  黄河・長江流域の古代文明

 ④宗教のおこり  自然への畏敬と祖先への感謝 一神教の登場 世界の三大宗教

 ⑤稲作の広まり弥生文化  水田稲作の広まり 弥生文化 ムラからクニへ

第2節:古代国家の形成

 ⑥中国の歴史書が語る古代の日本 小国が分立した紀元前後の日本 邪馬台国と卑弥呼 華夷秩序と倭国

 ⑦大和朝廷と古墳の広まり  大和朝廷による国内統一 前方後円墳と大和朝廷

 ⑧神話が語る国の始まり 古事記・日本書紀に書かれた神話・伝承 イザナキ・イザナミとアマテラスの誕生 オオクニヌシの神と出雲神話 天孫降臨と神武天皇

 ⑨東アジアの国々と大和朝廷  百済を助け高句麗と戦う 倭の五王による朝貢  新羅の台頭と任那の滅亡

 ⑩仏教伝来  仏教伝来の背景 崇仏論争 帰化人の役割

  対訳版:http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Chapter%201%20Section%201,%202.pdf

                                                                            平成29年5月22日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝 http://hassin.org

New History Textbook for Middle School Students
Series No.2, Chapter 1: Japan from Prehistory to Ancient Times
- The Paleolithic, Jomon, Yayoi, Kofun, Asuka, Nara, and Heian periods -
Section 1: Topic 1, 2
Series 2 contains the following:

Chapter 1, Section 1: The dawn of civilization
 Topic 1- Where did the people of Japan come from?
 The birth of mankind in Africa  The people who settled the Japanese Isles
 The discovery of the Japanese Paleolithic period

Topic 2 - The Jomon culture and the blessings of nature
 The bountiful blessings of nature  The era of Jomon pottery
 Life in the Jomon period

Topic 3 - The rise of civilizations
 The start of agriculture and use of metal tools
 The rise of civilizations and birth of nations
  The ancient civilizations of the Yellow and Yangtze River Valleys

Topic 4 - The origin of religions
 Reverence of nature and ancestor worship
 The advent of monotheism  The three great world religions

Topic 5 - The spread of rice cultivation and the Yayoi culture
 The spread of wet rice cultivation  The Yayoi culture  From villages to nations
 Section 2: The making of an ancient nation

Topic 6 - Ancient Japan as seen in Chinese history books
 A divided Japan at the turn of the century  Yamatai and Himiko
 The Sino-Barbarian World Order and Japan

Topic 7 - The Yamato State and the spread of the kofun
 National unification under the Yamato State
 Front-squared, rear-rounded kofun and the Yamato State

Topic 8 - Japan's national origin myths
 The myths and legends of the Kojiki and the Nihon Shoki
 Izanagi, Izanami, and the birth of Amaterasu  Okuninushi and the Izumo Mythology
 Ninigi's descent to Earth and Emperor Jimmu

Topic 9 - The nations of East Asia and the Yamato State
 Fighting Koguryo to save Paekche  Tribute from the Five Kings of Japan
 The rise of Silla and the fall of Mimana

Topic 10 - The introduction of Buddhism
 The background of Buddhism's introduction
 The Soga-Mononobe Conflict  The role of the kikajin

  URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/974/
 PDF: http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Chapter%201%20Section%201,%202.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: +81-3-3519-4366   Fax: +81-3-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.
 

【頑固亭異聞】不作為で増長する北朝鮮 [チャンネル桜H29/5/22] .

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月23日(火)05時08分25秒
返信・引用
           https://www.youtube.com/watch?v=ip2SbraaYrs                              キャスター:三輪和雄・佐波優子・小山和伸

  守るべきものと、正すべきもの。日本のために論陣を張ってきた“ガンコ者たち”が集い、時事をはじめとする様々なテーマについて、
互いに一家言を交えていきます!

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP  http://www.ch-sakura.jp/
 

【緊急特番】田母神俊雄被告に有罪判決下る [チャンネル桜H29/5/22]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月22日(月)23時30分51秒
返信・引用
          https://www.youtube.com/watch?v=cWX_RLnxcOw

本日「有罪判決」が下った、東京都知事選挙にからむ「田母神俊雄事務所、買収・横領事件」について、告発人となった鍛冶俊樹と水島総からご報告いたします。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

有本香さんも激怒!民進党、憲法改正と引き換えに女性宮家創設をぶち込む!?|竹田恒泰チャンネル

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月22日(月)16時20分39秒
返信・引用
        https://www.youtube.com/watch?v=QPkSQ5-4Frw (動画)          2017/05/17 公開【公式】「竹田恒泰チャンネル」より転載

参議院憲法審査会の開催をボイコットの民進党は、憲法審査会開催と引き換えに女性女系天皇、女性宮家創設議論を要求。

参議院憲法審査会、民進党の幹事は蓮舫氏が指名した白真勲(と、小西ひろゆきw)元朝鮮日報支社長の彼が女性宮家議論を要求ってことはどういうことか。。。
 

【虎ノ門ニュース】【DHC】5/22(月) 青山繁晴・居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月22日(月)11時28分17秒
返信・引用
             https://www.youtube.com/watch?v=4kJdBmvbVfM

  虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!!憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

  なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか? 番組作りの舞台裏もお楽しみください!
 

元航空幕僚長の田母神俊雄被告に有罪判決 都知事選めぐる公選法違反事件 東京地裁

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月22日(月)10時51分58秒
返信・引用
           http://www.sankei.com/affairs/news/170522/afr1705220007-n1.html             平成29年(2017)5.22 10:15産経

  平成26年2月の東京都知事選をめぐり選挙運動員に報酬を配ったとして、公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神(たもがみ)
俊雄被告(68)の判決公判が17日、東京地裁で開かれた。田母神被告は無罪を主張していたが、家令和典裁判長は懲役1年10月、執行猶予5年の
有罪判決を言い渡した。

 この事件では、報酬配布を主導したとされる元選対事務局長、島本順光(のぶてる)被告が同罪で公判中。鈴木新(あらた)・元会計責任者や
報酬を受け取った複数の運動員らには既に有罪判決が言い渡されている。

争点は、田母神被告が報酬配布を了承していたかどうかで、田母神被告は「了承はしていない」として無罪を主張していた。
 

【沖縄本島版発行(八重山日報)好評で嬉しい悲鳴】一方で露骨な妨害工作も!(中共の対沖縄世論誘導紙・親中反日工作員動揺か?)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月22日(月)10時26分45秒
返信・引用
  沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴     平成29年(2017)5.22 08:42産経

     http://www.sankei.com/politics/news/170522/plt1705220012-n1.html

 沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」
「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。沖縄県に変革の胎動を
もたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。

不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。

「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の飢餓感』にさいなまされていると実感した」。八重山日報の仲新城誠編集長(43)はそう語る。

■「事実を客観的に」

○沖縄本島の読者に初めて届けられた4月1日の1面トップ記事は、「自民、翁長県政に攻勢-辺野古、前副知事で追及」という見出しだった。
自民党沖縄県連が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)辺野古移設と安慶田光男前副知事の口利き問題を軸に、翁長雄志知事への攻勢を強めていくという内容だ。

▼沖縄タイムスのこの日の1面は「防衛局ブロック投下完了-辺野古工事岩礁破砕許可期限切れ 『違法』指摘避け続行へ」との見出しで、国の「違法行為」への
翁長県政による対抗措置を伝えた。

▼琉球新報は、朴槿恵前韓国大統領逮捕をトップで報じ、準トップで「辺野古座り込みきょう1千日」として、普天間飛行場移設の抗議行動で器物損壊、傷害、
威力業務妨害などの罪で起訴された山城博治沖縄平和運動センター議長の「不条理、法廷から発信」というインタビュー記事を掲載した。スタンスの差は明確だ。

○地元の辺野古移設容認論を捕捉してきた八重山日報は政府と県の主張を淡々と報じた。

▼ほかの2紙は「辺野古埋め立て強行 県民は反発」(沖縄タイムス)、「辺野古護岸着工 国、砕石を海中投下」(琉球新報)と、政府批判を大きく繰り広げた。

○八重山日報の姿勢は特別ではない。本島に進出した背景には「反米・反基地イデオロギーに染まる2紙の扇動的、プロパガンダ的報道は異常だ。
主張が異なる新聞が切磋琢磨するのが真の光景で、2紙しか知らない県民に事実を客観的に伝えたい」(仲新城氏)との思いがある。

■好評と露骨な妨害

○公称6000部にすぎない八重山日報の挑戦の反響は大きかった。年内に本島での新規購読5000部を目標にしているが、1カ月で2000部に達した。申し込みが殺到し
「配達員の確保ができない」という悲鳴が漏れる。大半は2紙から切り替えた読者とみられる。

○記事を書く記者や配達員が取材相手、読者からお菓子や果物を手渡されたり、「頑張って」と激励されたり…。玄関先の新聞ポストに「一緒に沖縄を変えましょう」
というステッカーを掲げる読者も現れた。

▼しかし県内の新聞販売店のほとんどが2紙のみを扱っており、八重山日報への露骨な妨害行為も顕在化した。関係者によると、沖縄タイムスの読者局が4月3日、
販売店に「重要なお知らせ」と題した「八重山日報の配達禁止」を通達したという。八重山日報に脅威を感じたようだ。

 「民意は一色ではない。2紙が『虚構の沖縄』の姿を流布し続ける現状の打破が、社会的責任だと痛感している。
県民からの期待をしっかりと受け止め、全力で新聞を作り続ける」 仲新城氏はそう言い切った。(文章抜粋)
 

【中華帝国の野望「一帯一路」経済圏支配】(AIIB:アジア・インチキ・イカサマ・バンク独裁)欧米から批判、署名拒否も! 

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月22日(月)09時57分41秒
返信・引用 編集済
  ●【中国「国際会議」ウオッチ】中国のワンマンショーだったのか「一帯一路」で欧米メディアが批判 プーチン露大統領が被害者に?

          http://www.sankei.com/premium/news/170522/prm1705220006-n1.html             平成29年(2017)5.22 08:00 産経


  中国が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際協力サミットフォーラムが14、15の両日、北京郊外で開かれた。
ロシアのプーチン大統領ら29カ国の首脳が出席し、構想を提唱した習近平国家主席(63)にとって内外に存在をアピールする機会となった。
中国官製メディアは会議の「成功」を喧伝(けんでん)したが、その運営をめぐり欧米メディアなどから中国がマイペースで進めたとの不満の声も出た。

 現代のシルクロードと形容される一帯一路は、習氏自らが2013年に提唱したものだけに、中国当局は今回の初の国際会議を成功させるため相当な精力を
注いだとみられる。ただ、そのために事前の協議でも強引さが目立ったと欧米メディアから批判的な報道も出ているのが実情だ。

▼「中国政府は参加国からの意見を十分に考慮せず、声明の準備を進めている」

  10日、北京に駐在する複数の外交官の批判の声を紹介した。各国から首脳が集まる会議最終日に発表する共同声明について、中国当局が参加国からの
意見を十分に聞かず、マイペースで強引に取りまとめ作業を進めた実態をうかがわせる証左といえそうだ。

 そういった中国の強引な会議の下準備について、同記事では「中国にとって裏目に出ているだろう」と・・・。結果的に中国を含む30カ国が
「あらゆる形の保護主義に反対する」との文言を盛り込んだ共同声明を採択し、フォーラムは無事に閉幕した。

▼ただ、英国やフランス、ドイツ、ギリシャなど欧州連合(EU)加盟国の一部が貿易推進に関する文書への署名を拒否していたことが明らかになっている。

  中国政府はインドに対して会議への参加を要請していたが、これをインド側が拒否していたからだ。モディ首相の欠席は、パキスタンと領有権を争う
カシミール地方を通る「中パ経済回廊」が一帯一路に含まれていることが要因になったとみられる。一帯一路構想でインド側の事情を考慮しない
中国のマイペースぶりをいさめている。

▼一方、ロシアのプーチン大統領も、中国ペースの“被害”に遭ったといえそうだ。

▼中国ペースで進んだ一帯一路の国際会議だが、そこに思わぬくさびを打ち込んだのは北朝鮮だ。北朝鮮は初日の14日に弾道ミサイルを発射したが
、米CNNテレビは「主要な同盟国であり経済パートナーである中国にとり、最も当惑させるタイミングだった」と指摘する。(文章抜粋)


●「一帯一路」貿易文書、英仏独など署名拒否                                平成29年(2017)5.17 産経
   http://www.sankei.com/world/news/170517/wor1705170003-n1.html

●【主張】「一帯一路」会議 覇権主義の危うさ拭えぬ                            平成29年(2017)5.17 産経
   http://www.sankei.com/column/news/170517/clm1705170001-n1.html

 

【拉致問題アワー】今、動かなければ~特定失踪者家族会の発足 [チャンネル桜H29/5/17]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月22日(月)07時07分11秒
返信・引用
          https://www.youtube.com/watch?v=biiSpvljMXU         司会:増元照明(前「家族会」事務局長・増元るみ子さんの弟)

         VTR:特定失踪者問題調査会 理事会・記者会見 [平成29年5月12日 東京都内 / 映像教育研究会 提供]

北朝鮮による拉致被害者救出のために、ご家族や関係者の話や集会などのVTRを交え、これまでの経緯や政府の対応、今後の課題などについて考察します。

  今回は、国際刑事裁判所(ICC)検察官に特定失踪者に関する人権侵害について申し立てを行うことなどを主軸に、特定失踪者家族による組織「特定失踪者
(北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者)家族有志の会(略称:特定失踪者家族会)」が結成された、特定失踪者問題調査会の理事会及び記者会見の模様を
お伝えします。

  また、中韓にも冷や水を浴びせるかのように再び新型と見られるミサイルを発射するなど、今なお混沌としている北朝鮮情勢に触れるとともに、
5月5日に産経新聞に掲載された「めぐみへの手紙」もご紹介します。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

●全国津々浦々まで拡散希望 【国民と反日NHK・朝日新聞との最終決戦:この半年で伝統としての天皇の命運が決まります。残さ

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2017年 5月21日(日)23時02分3秒
返信・引用
                                           「近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲」BLOGより転載

■このレポートは、オピニオン誌に発表する予定でしたが、予定を変更してインターネットに「転載フリー」として発信しますので、
津々浦々あらゆるところに貼り付けていただきたいと願っております。

天皇の伝統を御守りください。

現在我が国は、安全保障問題もあり危機的な状況の只中にあります。だからこそ「皇統の安寧と安心」が求められているのです。

2017年5月17日の眞子内親王殿下の「ご婚約スクープ」は、昨年の7月13日の「天皇陛下生前退位の意向」と同様、またNHKのスクープから始まりました。

 その後、共同通信が慌て「纏めて」各メディアに配信したことから「ドタバタ報道」がスタートしたことの情報は、某新聞社の記者から連絡がありました。
その内容は、「19日に発表される天皇のご退位に関する特別法案の附帯条項に“女性宮家”を可とする文言」を記載する方向を滲ませていたとのことでした。

 しかし、同18日、菅官房長官が「女性宮家等の問題はこの度のご婚約に左右される事はありません」との“趣旨“を記者会見で断言し少し鎮静化
しましたが、今後、マスメディアの常軌を逸した異常な報道によって、二千六百数十年と百二五代の天皇の伝統は、風前の灯火の運命をたどることになる
危機的な状況が目前に迫っています。

 皇統断絶の危機であればこそ、天皇の直系遺伝子を受け継がれていらっしゃる「男系男子120名」の存在をマスメディアは報道する責務があるのですが、
いまだにGHQの「犬」の役割を担っているNHK等マスメディアは、皇別摂家と旧皇族に「天皇の直系遺伝子を引き継がれていらっしゃる男系男子が120名存在」
している事実を隠して報道しません。

 天皇の「血が絶える」から“女性宮家“が必要と連呼しているメディアや専門家と称する輩(天皇の断絶を策しているGHQの犬)は、「今上陛下の血が絶える」と
喧伝しているのであり「天皇の血が絶える」とは言ってません。なぜなら皇太子より「天皇の血が濃い」従兄弟が3名もいて、悠仁親王殿下よりも「天皇の血が濃い」
又従兄弟が5名もいらっしゃる事を隠して、「皇統が断絶する」などと、連呼している小林よしのり氏などが本来の意味する「朝敵」なのです。

 小林よしのり氏たちが、我が国の伝統を踏まえて「皇統が断絶する」と真面目に考えているならば、皇太子殿下より「天皇の血が濃い」従兄弟(旧皇族)の
皇籍復帰を連呼するべきであり、現在も「やんごとなき」環境にいらっしゃる旧皇族や皇別摂家から数宮家の皇籍復帰は簡単なことなのです。
これらの事実を知っていて、「女性宮家創設」を連呼していたとなると、秘かに皇統の断絶を望んでいた「朝敵」に他なりません。

 その「男系男子120名」中の皇位継承順位「85位」の東久邇信彦氏(昭和20時生まれ、日本アマチュア野球協会名誉会長)は、母君が昭和天皇皇后両陛下の
成子内親王で、昭和天皇皇后両陛下の初孫にあたりますので、民間から嫁がれた美智子皇后陛下と今上陛下の御子様の皇太子殿下より、天皇陛下の「血が濃い」ことは、
解りやすく説明すれば「小学生」にも理解できるのです。

 その信彦氏の弟君には秀彦氏(昭和24年生まれ、山階鳥類研究所理事長)と眞彦氏(昭和28年生まれ)がいらっしゃり、御二人とも皇太子殿下より
「天皇の血が濃い」ことは、誰でも理解できることでしょう。
《『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』(PHP研究所、2017年3月17日、明治天皇以降の家系図参照)》

 ここで皆様に考えていただきますが、東久邇盛厚氏(84位)の長男信彦氏が「天皇の直系遺伝子の男系男子120名」中の皇位継承順位は「85位」なのですが、
普通、東久邇盛厚氏の次男秀彦氏が「86位」、三男眞彦氏が「87位」と連想すると思われますが、「天皇直系の男系男子」が天皇の伝統ですので、「同120名」
の正確な皇位継承順位は、東久邇盛厚氏の長男信彦氏「85位」の息子さんの征彦氏が「86位」で征彦氏の長男が「87位」になっているのです。
ようするに東久邇信彦氏(昭和20生まれ)には、男系男子のお孫さんが1名いらっしゃるのです。

 また、東久邇盛厚氏の次男秀彦氏の皇位継承順位は「88位」になっています。秀彦氏の長男基成氏が「89位」となり、基成氏の長男が「90位」になり、そして、
秀彦氏の次男の基敦は「91位」となり、基敦氏の長男が「92位」になっているのです。ようするに悠仁親王殿下の又従兄弟が5名いらっしゃり、その5名の方たちも、
悠仁親王殿下より「天皇の血が濃い」ことは、家系図を俯瞰すると一目瞭然になります(同書参照)。

 東久邇盛厚氏の三男眞彦氏は皇位継承順位は「93位」となり、眞彦氏の長男照彦氏が「94位」、照彦氏の長男は「95位」、そして眞彦氏の次男睦彦氏が「96位」
になるのです(同書参照)。

 これらの事実を説明すると皆様方は、一様に驚きますが、戦後、何故このような大事な情報が封印されたかは、「昭和22年(1947年)、皇統の断絶を策して
昭和天皇の直系親族以外を皇族から離脱させたGHQが「プレスコード30項目」を押し付けましたが、その第1項で『SCAP(連合国最高司令官または占領軍総司令部)
批判』を禁止していたからです。それに違反するとメディアは解体されたのです。実際、同盟通信は昭和20年10月31日に解散させられました。
また国民も占領軍の意向に逆らったら厳罰がまっていたのです。

これらの事は、中山恭子参議院議員との対談番組で詳しく解説してますので、是非、ご視聴ください。

■皇位継承順位参考動画【日いづる国より】司会:中山恭子(参議院議員・日本のこころ代表)ゲスト:水間政憲(近現代史研究家・ジャーナリスト)皇統を支える
120名の男系男子 [チャンネル桜H29/4/28] https://www.youtube.com/watch?v=0rH72S1StWE

 この動画を視聴した米国やドイツ在住邦人の方から、男系男子が120名もいて徳仁皇太子より天皇の血を濃く受け継いでいらっしゃる男子が3名いることに二度
ビックリしたが、安堵しましたと連絡がきました。

【皇別摂家】の男系男子は第107代後陽成天皇(在位期間:1586~1611年)と第113代東山天皇(在位期間:1687~1709年)の子孫の男系男子が現在51名
いらっしゃいます。

まず、マスコミに露出している明治天皇の玄孫と称している評論家の竹田恒泰氏は、120名の「男系男子」の中での皇位継承順位は「108位」になっています。

 現在、120名の「男系男子」には、旧皇族より皇位継承順位の高い【皇別摂家】(こうべつせっけ)の子孫が51名もいらっしゃる事を
認識しなくてはいけません。

 「皇別摂家」とは、五摂家のうち江戸時代に皇族が養子に入って相続した後の三家(近衛家・一条家・鷹司家)およびその男系子孫を指す。
江戸時代に摂家を相続した皇族は、次の3方です。

 ◆近衛信尋:第107代後陽成天皇の第4皇子。近衛家を相続。
 ◆一条昭良:第107代後陽成天皇の第9皇子。一条家を相続。
 ◆鷹司輔平:閑院宮直仁親王(第113代東山天皇の第6皇子)の第4王子。鷹司家を相続。

江戸時代までは、彼らのような出自を持つ人々を、「王孫」と呼んでいました。

この「皇別摂家」と皇室と旧皇族の男系男子が現在120名おり、その皇位継承順位は以下の通りです。

【皇室】
 1位 徳仁親王  2位 文仁親王  3位 悠仁親王  4位 正仁親王

【皇別摂家】
5位 華園真準 6位 華園真暢 7位 梶野行淳 8位 梶野行良 9位 徳大寺公英 10位 徳大寺実 11位 徳大寺公信 12位 高千穂有孚 13位 高千穂宣比古
14位 徳大寺公忠 15位 徳大寺公仁 16位 中院泉 17位 住友芳夫 18位 住友隆道 19位 住友信夫 20位 室町公範 21位 室町公庸 22位 山本公慶
23位 山本実裕 24位 山本実裕長男 25位 山本実裕次男 26位 東儀季一郎 27位 東儀季祥 28位 東儀季祥長男 29位 東儀季祥次男 30位 東儀博昭
31位 北河原公敬 32位 北河原公慈 33位 北河原公仁 34位 北河原公史 35位 千秋李頼 36位 千秋李嗣 37位 常磐井理 38位 常磐井亘
39位 常磐井隆 40位 常磐井鸞猷 41位 常磐井慈裕 42位 近衛一 43位 近衛大 44位 水谷川忠俊 45位 近衛雅楽 46位 醍醐忠久 47位 醍醐忠紀
48位 醍醐忠明 49位 佐野常行 50位 佐野常武 51位 佐野常具 52位 南部利文 53位 南部利忠 54位 南部利博 55位 南部利昭

【旧皇族】
56位 筑波常遍 57位 筑波和俊 58位 葛城茂久 59位 葛城茂敬 60位 葛城宏彦 61位 賀陽正憲 62位 賀陽正憲長男 63位 賀陽正憲次男 64位 賀陽文憲
65位 賀陽宗憲 66位 賀陽健憲 67位 久邇邦昭 68位 久邇朝尊 69位 久邇邦晴 70位 久邇朝建 71位 久邇朝俊 72位 久邇朝宏 73位 東伏見韶俶
74位 東伏見守俶 75位 東伏見憲和 76位 東伏見睿俶 77位 東伏見禎容 78位 宇治家彦 79位 宇治嘉彦 80位 宇治家寛 81位 龍田徳久 82位 龍田吉光
83位 朝香誠彦 84位 朝香明彦 85位 東久邇信彦 86位 東久邇征彦 87位 東久邇征彦長男 88位 壬生基博(旧姓:東久邇秀彦)89位 壬生基成
90位 壬生基成長男 91位 壬生基敦 92位 壬生基敦長男 93位 東久邇真彦 94位 東久邇照彦 95位 東久邇照彦長男 96位 東久邇睦彦 97位 寺尾厚彦
98位 東久邇盛彦 99位 粟田常一 100位 粟田彰彦 101位 アルフレッド稔彦 102位 竹田恒正 103位 竹田恒貴 104位 竹田恒治 105位 竹田恒昭
106位 竹田恒智 107位 竹田恒和 108位 竹田恒泰 109位 竹田恒俊 110位 北白川道久 111位 小松揮世久 112位 小松豊久 113位 上野正泰
114位 白川久雄 115位 伏見博明 116位 華頂博道 117位 華頂尚隆 118位 華頂博俊 119位 華頂博行 120位 伏見誓寛

【参考文献】 ※古代豪族系図集覧   ※宮廷公家系図集覧

 最後にこの度の眞子内親王殿下の「ご婚約報道」に違和感を感じらていらっしゃる方々に今上陛下のご結婚に関わる朝日新聞(昭和29年1月11日夕刊)の記事
【ことしの話題⑧皇太子さまの御結婚:やはり問題は家柄】から一部抜粋して掲載します。

 《新憲法では制限はなくなったが、やはり問題になるのは家柄。田島前長官は「つり合いというのは、どこの家の結婚の場合でも大切なことでしょう。
皇室としても同じですよ」とハッキリしていた。孝宮さまは旧公爵家に、順宮さまは旧侯爵家に嫁がれたが、田島氏は「旧伯爵くらいまではまだしも、
あんまり下ではね」ともらしていた。……去年からいろいろの雑誌が写真入りで紹介した。当の皇太子さまは側近には何もいわれないそうだが、
学友に「ジャーナリズムはいやだナ」と不快げな表情をされたとか。選考に関係する人は宇佐美長官はじめ三谷侍従長、野村東宮大夫、
それに東宮常任教育参与として別格の立場にある小泉信三氏といったところ。

「年齢の差は二歳から五歳、皇后教育の必要もあろうから、婚約期間は二年から三年ぐらいはどうだろうね」とこのうちの一人は語る。

 父陛下の場合は十八歳の時に二歳下の皇太子妃が内定、二十一歳で御婚約、二十四歳で御結婚された。……恋愛ざたが起きない限り、選考は
次のような順序をとるみこみである。まず選考関係者の手により複数の候補者が選ばれ、皇太子さま自身の御意思と両陛下の御同意でお妃が選ばれる。

 そして最終的には皇室会議の承認で決定する。この会議は皇室典範により権限を持たされているもので、現在の議員は高松宮、三笠宮、吉田首相(議長)、
田中最高裁長官、霜山同判事、宇佐美宮内庁長官、堤衆院議長、同副議長、河井参院議長、重宗同副議長の十氏である(終り)》と、
現在と同じ皇室典範に基づいて、粛々と美智子皇后が皇室に入内された様子が解ります。

近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲

【水間条項国益最前線】http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

※水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件‐全文掲載) http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

 

/781