投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


【エネルギーは現在 #2】激変する世界のエネルギー資源事情~50年後の日本はどうする?[チャンネル桜H30/1/22]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月23日(火)11時06分26秒
返信・引用
        https://www.youtube.com/watch?v=yGKAavzA5as                 キャスター:川口マーン惠美(作家) 小野章昌(エネルギーコンサルタント)

  国家の存亡にとって必要不可欠なエネルギー政策。 では、日本のエネルギーの現在(いま)は一体どうなっているのか?
福島第一原発事故をきっかけに迷走し始めた日本のエネルギー問題と今後について、作家の川口マーン惠美とエネルギーコンサルタントの小野章昌が
世界的視点から詳しく検証し、問題提起するエネルギー専門番組。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

(必見・超拡散) 『ニュース女子』 #141「中国・給料・河野太郎」 (公共放送 NHKが国民に隠している重大ニュース!)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月23日(火)11時02分27秒
返信・引用 編集済
  (必見・超拡散)『ニュース女子』 #141(中国・給料・河野太郎)                           2018/01/22 公開「DHCテレビ」より転載

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwii4qn09OzYAhUDjLwKHX9vAeIQFggnMAA&url=https%3A%2F%2Fdhctv.jp%2Fmovie%2F101299%2F&usg=AOvVaw3AhZAJgHQl1YgueEOqu9wb

①「日本は中国に占領されてしまうのか」ゲスト:宮本雅史氏

②「なぜ給料は上がらないのか」
③「河野太郎という男」

MC:長谷川幸洋(東京中日新聞論説委員)  西川史子(医師)  藤井厳喜(国際問題アナリスト) 末延吉正(ジャーナリスト) 高橋洋一(嘉悦大学教授)

岸博幸(元経済産業相官僚) 井上和彦(軍事ジャーナリスト)  江上剛(作家) 宮本雅史(産経新聞編集委員) 脊山麻理子(フリーアナウンサー)

八田亜矢子(タレント)  重盛さと美(タレント) 五十嵐麻里恵

 タテマエや綺麗ごとは一切なし!本音だらけのニュースショー!!  今話題のニュースを女性とともに考え、面白くわかりやすく解説する、
大人の社交界型ニューストーク番組。  *配信期間は公開から一ヶ月となりますのでご了承ください
 

中朝韓へ忖度する反日極左集団「日弁連」・反発する若手が任意加入制の導入や組織改革・硬直コミンテルンイデオロギー 等の廃止を提案!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)23時33分26秒
返信・引用
  ●【弁護士会 地殻変動(1)】「思想信条活動にうつつを抜かす暇なし」困窮する若手、執行部の左傾的闘争に反発   平成30年(2018)1.22 産経

    http://www.sankei.com/west/news/180122/wst1801220003-n1.html


《弁護士会から受ける利益よりも参加することの負担が大きい人には、弁護士会に参加しない権利も認められるべきです》

 平成27年1月、こんな内容が記された選挙公報が法曹関係者の話題をさらった。訴えの主は東京弁護士会の27年度選挙に副会長候補として立候補した赤瀬康明(39)。
キャリアを示す司法修習期は64期で、16年から開学した法科大学院を修了した、いわゆる「ロースクール世代」だ。

 この選挙には定員6人に対し7人が立候補。無風だったはずの新執行部選出が選挙戦にもつれこんだ。当時いずれも50歳代だった他候補の中で赤瀬が注目を集めた
理由は、30歳代という若さだけではない。その訴えの中身にあった。

 赤瀬は「新たなる弁護士会の幕開け」と題した公報で、弁護士会の現状を《相も変わらず派閥力学・年功序列・密室談合的に選出された30~40期代の方々で
構成されているのが実情》と指摘。ロースクール世代の代表者として《若手の声を今の弁護士会に届けるのが私の役目》と変革を訴えた。

 マニフェストには、高額な弁護士会費の半減、強制加入団体にそぐわない過度に政治的な活動の廃止・縮小、無駄な会務活動の削減などが並んだ。
中でも度肝を抜いたのが、弁護士会の任意加入制の導入だった。

 それは、日本弁護士連合会(日弁連)と全国の単位弁護士会が弁護士の指導・監督など完全な自治権を持つ「弁護士自治」の破壊を意味する。
いわばタブーに等しい言葉が日本最大の単位会の選挙で公然と語られる事態は、若手の不満が近い将来、火種になりうることを示唆した。

★「食べていけない」
 「弁護士自治なんて、いりません」。あるベテラン弁護士は、最近の日弁連臨時総会で若手弁護士が平然と提案した意見に驚いた。

 弁護士が増え続けて仕事が減る中、会費の負担だけが重くのしかかる-。赤瀬の主張を支えるのは、主にこうした経済的困窮にあえぐ若手だ。
赤瀬のマニフェストにもあるように、ベテランらで構成する弁護士会執行部が会員の苦境をよそ目に、政治性が強く意見の分かれる憲法・安全保障などのテーマで
左傾的政治闘争を繰り広げていることへの反発も背景にある。

不満の源をたどると、大幅な環境の激変、つまり司法制度改革による弁護士増員にたどりつく。

 国の司法制度改革審議会(司法審)は13年の意見書で「法曹需要の大幅な増加が見込まれる」と指摘。これを受け政府が14年、司法試験合格者を年間3千人とする
計画を閣議決定した。当時約千人だった合格者は20年に2千人超と倍増したが、需要は見込み通りには増加しなかった。

 新人が法律事務所に就職できなくなった。事務所で所長から給与をもらう「イソ弁」(居候(いそうろう)弁護士)が新人の登竜門だったのに、
事務所の軒先(机)だけを借りる「ノキ弁」、登録してから即独立する「ソクドク」が増加。「食えない弁護士」も出るなど二極化が進んだ。日弁連内でも増員への
批判が噴出する中、司法試験合格者数は27年に「1500人以上」に下方修正された。

 赤瀬は27、28年度選挙に立候補し、ロースクール世代の結集を呼びかけたが、いずれも300票台にとどまり、落選した。ただ、一定の票を得た事実は、
厳しい環境への解決策を打ち出せない弁護士会への批判がひそむことを物語る。

★ロースクール世代45%
 赤瀬と同じ東弁に所属する澤藤統一郎(74)は「国家権力と対峙(たいじ)し、人権や自由を守るのが弁護士の職能であり、だからこそ自治が必要。
強制加入と切っても切り離せない」と指摘し、こう続けた。

「あっけらかんと私利私欲を表に出し、稼げればいいという弁護士が出てきているのは嘆かわしい」

 澤藤の嘆きは「人権擁護と社会正義」こそが弁護士の使命と固く信じる世代が共有する。それ自体は誤った認識ではない。
ただ、弁護士増員の荒波にのまれたロースクール世代との価値観の溝は広がっている。

 元大阪弁護士会会長の重鎮弁護士は言う。「生き残るのが大変な時代なのに、若手が弁護士会の恩恵を感じていない。政治的な思想信条の活動にうつつを
抜かしている暇はないってね」

3万8千人超の日弁連会員で法科大学院出身者は約45%を占め、過半数に達する日もそう遠くはない。世代間対立が激化すれば、弁護士自治の崩壊が現実味を帯びてくる。
(敬称略)

◇急増するロースクール世代と弁護士会の断絶が露呈してきた。困窮する若手は、度を越す政治闘争を続ける弁護士会組織を疑い始めたのだ。
 最終の第5部では、この地殻変動に焦点を当てる。若手の反旗は、弁護士会のありようを変えるだろうか。


●【弁護士会 憲法学「信仰」(上)】「憲法を守り、憲法を愛する」日本の防衛そっちのけで護憲布教…過剰左傾、東大法学部系学者「思想」そのままに
   http://www.sankei.com/west/news/171016/wst1710160004-n1.html

●【弁護士会 憲法学「信仰」(下)】憲法解釈栄えて国滅ぶ…護憲派結束、東大法学部が新憲法の守護神に 弁護士会の中枢に「教え子」
   http://www.sankei.com/west/news/171018/wst1710180003-n1.html

●【弁護士会 憲法学「信仰」(中)】「国家イコール悪」司法試験を経てすり込まれる硬直的な国家観 現行憲法絶対視の呪縛
   http://www.sankei.com/west/news/171017/wst1710170003-n1.html

●【弁護士会 矛盾の痕跡(1)】「北朝鮮に腰が引けている」拉致に冷淡、「朝鮮人=被害者」以外は沈黙…〝人権派〟が朝鮮総連と強固なネットワーク
   http://www.sankei.com/west/news/170725/wst1707250004-n1.html

●【弁護士会 矛盾の痕跡(2)】〝情緒司法〟韓国焚きつけ 「解決済み」の戦後補償…人権派は日本の「非」強調、事実検証なく歴史も断罪
   http://www.sankei.com/west/news/170725/wst1707250004-n1.html

●【弁護士会 矛盾の痕跡(3)】「人権蹂躙課長だな」国旗・国歌で教育現場に圧力 日弁連、法制化に声明「過去のいまわしい戦争を想起させる」
   http://www.sankei.com/west/news/170726/wst1707260004-n1.html
 

【露→中国習近平軍へ超長距離地対空ミサイルシステム「S-400」供給開始】 台湾軍事占領画策・全土射程圏内 (NHK隠蔽ニュース)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)23時10分20秒
返信・引用
  ●露、中国に最先端地対空ミサイルを供給開始 台湾全土を射程圏内に http://www.epochtimes.jp/2018/01/30765.html  2018年01月22日「大紀元」


  ロシア政府はこのほど、中国当局に対して最先端の超長距離地対空ミサイルシステム「S-400」を引き渡し始めた。専門家は、中国側がS-400を配備した後、
台湾全土を射程圏内に設定する可能性が高いと指摘した。

 ロシア国営イタルタス通信(18日付)によると、ロシア政府の情報筋はこのほど、ロシア当局が中国に対してS-400の統制所やレーダー基地、
燃料供給設備など一部の装備を中国に輸送したと話した。

 中国は2014年、同ミサイルシステムの購入についてロシア政府と協議していた。17年12月、ロシアの巨大国策企業ロステフノロギヤ(Rostec)の
セルゲイ・チェメゾフ・最高経営責任者(CEO)は、中国に対してS-400の納品が近いと述べた。

イタルタス通信は、17年ロシア政府は、中国軍関係者に対してS-400の使用訓練の協力をした。

 S-400の最大射程距離は400キロ、最高飛行高度185キロ。射程600キロ以内の航空機、巡航ミサイルや弾道ミサイルを撃墜することが可能。
また、同レーダーシステムは700キロ以内の300の標的を追跡できるとされている。

中国側は来年までにS-400の導入を終了させる計画だ。

 独メディア・ドイチェベレ(18日付)によると、台湾にいる米軍事評論家のウェンデル・ミニック(Wendell Minnick)氏は、中国のS-400配備は
台湾の安全保障にとって大きな脅威となる、との懸念を示した。

中国当局はすでに、S-400の前身であるS-300システムを台湾北部を射程圏内に配備している。S-400の配備では、全台湾が射程圏内におさめられる。

過去1年間、中国軍は台湾海峡を頻繁に巡航していた。同氏は、中国軍が台湾本島と周辺地域の上空領空権を掌握しようとする狙いがあると指摘した。

 また、同氏によると、中国軍が沿岸部でS-400を配備した後、台中両軍が軍事衝突となれば、台湾軍の米製F-16戦闘機や仏製ミラージュ2000戦闘機など
ハイテク兵器が攻撃の標的となる。

 一方、台湾政府は昨年6月末、米国から総額14億ドル(約1549億ドル)の武器を購入した。米トランプ政権発足後、初めての対台武器売却となった。
台湾国防部は、「台湾海峡の平和の維持につながり、心から感謝する」とのコメントをした。
 

【北朝鮮の国家犯罪・日本人拉致】 救出運動開始から21年・家族会・救う会が新運動方針

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)22時55分44秒
返信・引用 編集済
  ○【北朝鮮拉致】「全被害者救出、今年中に」 家族会・救う会が新運動方針、政府に再度要請へ                平成30年(2018)1.21 産経

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjqmdrL2OvYAhWKw7wKHa41AVIQqUMIKTAA&url=http%3A%2F%2Fwww.sankei.com%2Fworld%2Fnews%2F180121%2Fwor1801210027-n1.html&usg=AOvVaw3O58wmYFNGvG550yl8M50I


  北朝鮮による拉致被害者家族会と拉致問題解決に取り組む「救う会」は21日、東京都港区で合同会議を開き「これ以上待てない 政府に今年中の全被害者救出
を再度求める」とする新たな運動方針を決定した。救出運動が始まってから21年を迎え、被害者や家族は高齢化。再会までの時間的猶予が極めて限られる中、
「今年中」と期限を区切り解決を求めた昨年に続き、早期の成果を訴える。

 方針には「緊迫する情勢をてこに救出のための実質的協議を行え」とも明記。政府に対し、北朝鮮が被害者の全員帰国に応じれば、経済制裁解除などを含めた
「見返り条件」に踏み込むよう、重ねて提言した。

 一方で家族は、北朝鮮を交渉のテーブルに引き出す「圧力」のカギを握る米国との連携に期待を寄せている。ただ、北朝鮮が対話ムードを演出する中、
米国が核・ミサイルを優先して交渉に乗り出す懸念もあり、被害者帰国が常に交渉議題に盛り込まれるよう、日本政府の外交努力を要請。朝鮮半島有事に備えた
被害者救出の法制度整備や所在情報の収集のほか、警察当局による捜査の強化なども求めた。

老い、病…募る苦悩「これ以上待てない」

 今年の新たな運動方針は、救出運動が重大局面を迎えていることを強く印象付けた。昨年、北朝鮮が核・ミサイル開発を強行し、朝鮮半島情勢が極度に緊迫する一方、
拉致問題は膠着(こうちゃく)。年内の被害者救出は実現せず、家族には落胆や焦燥感が色濃くにじんでいた。

 12月には、増元るみ子さん(64)=拉致当時(24)=の母、信子さんが再会を果たせず90歳で死去するなど、訃報が相次いだ。高齢に加え、病を抱える家族が
前線に立つ救出運動は限界に達しつつある。

 昨年、自らも長期療養した家族会代表で田口八重子さん(62)=同(22)=の兄、飯塚繁雄さん(79)は「今年こそ解決の兆しがなければ大変なことになる。
健康なうちに再会しなければ真の解決ではない。被害者が帰国しても肉親がいなければ、拉致が取り返しのつかない問題として永久に残り続ける」と語った。

 長期化する中で風化への懸念も強まる。新たな方針には、被害者救出を願う「ブルーリボン」の普及や、啓発アニメの教育現場での上映を増やす働きかけが
重点目標に加わった。

「政府を信頼しているが結果的に解決していない。北朝鮮への強い怒りと政府への静かな怒りもある」。横田めぐみさん(53)=同(13)=の弟、拓也さん(49)は
強調した。父、滋さん(85)とともに体調不良で欠席した母、早紀江さん(81)は「安倍(晋三)首相が真の『侍』と信じたい。被害者救出の結果だけを望んでいる」
と話した。
 

【頑固亭異聞】迷走深まる韓国と平昌五輪 [チャンネル桜H30/1/22]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)22時31分59秒
返信・引用
         https://www.youtube.com/watch?v=TQ78Zblghf0                              キャスター:三輪和雄・小山和伸・佐波優子

  守るべきものと、正すべきもの。日本のために論陣を張ってきた“ガンコ者たち”が集い、時事をはじめとする様々なテーマについて、
互いに一家言を交えていきます!

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

【沖縄:反日反米極左暴力集団・活動家3人暴行容疑で書類送検】辺野古米軍キャンプ・シュワブゲート前で乱暴狼藉 (まるでISIS)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)16時24分7秒
返信・引用 編集済
  ○和田政宗参院議員らへの暴行容疑で辺野古活動家3人を書類送検                            平成30年(2018)1.22  産経

        http://www.sankei.com/affairs/news/180122/afr1801220025-n1.html

  沖縄県警が、米軍普天間飛行場(同県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)の移設先、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で、自民党の和田政宗参院議員(43)
=当時日本のこころを大切にする党、宮城県選挙区=らを殴るなどしたとして、基地反対活動家の男3人を暴行容疑で書類送検していたことが22日、分かった。
送検は1月9日付。

 名護署によると送検容疑は平成28年5月9日、キャンプ・シュワブゲート前に設置された違法テント近くで演説していた和田氏と、随行していた日本のこころを
大切にする党の党員男性に暴行したとしている。

 和田氏によれば当時、道路用地を不法占拠しテントを張って活動をしている活動家たちに対し、合法的な抗議活動をするよう訴えていたところ、
その演説を制止しようと活動家3人が和田氏を小突いたり腕をひっかいたりした。また、随行の党員男性はプラカードの尖った部分で顔面を突かれ、転倒したという。

 和田氏は22日、産経新聞の取材に「法を犯して反対意見を封殺する姿勢は絶対に許されないし、県民、国民への理解を得られるのか極めて疑問。
抗議活動自体は尊重しているが、地元の意見をしっかり反映したものであるべきだ。(活動家自身は)『非暴力』と言っているが、実態は暴力的なものだ」とコメントした。
 

【在日裁判戦:朝鮮学校の学費補助金支給申請は朝鮮総連が窓口の筈・お門違い】 核開発・ミサイル連発(北)の資金豊富!?

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)16時07分0秒
返信・引用 編集済
  ●朝鮮学校が救済申し立て 神奈川県の補助金不支給                                     平成30年(2018)1.17 産経

        http://www.sankei.com/affairs/news/180117/afr1801170045-n1.html


「神奈川朝鮮学園」(横浜市)が運営する神奈川県内の朝鮮学校5校の保護者計118人が17日、県が平成28年度から学費補助金を支給していないのは不当な差別に当たるとして、県弁護士会に人権救済を申し立てた。弁護士会の判断に法的拘束力はないが、代理人弁護士は「社会的意義は大きく、県に再考を促したい」としている。

 県は、高校生向けの教科書「現代朝鮮歴史」に、北朝鮮による日本人拉致問題を記載することを支給の前提としているが、学校側が改訂に応じなかったため、
28年11月に不支給を決めた。

 17日に県庁で記者会見した保護者の一人は「教科書の問題に保護者は関係ない」と訴えた。申立書は、学費補助金の不支給は学習権を侵害する恐れが高く、
憲法が禁止する差別的扱いに当たると主張している。

県は「申し立て内容を承知しておらずコメントできない」としている。
 

【反日狂乱韓国のアシアナ航空機内で「反日捏造映画上映」(英語と韓国語)】ALLでっちあげ抗日宣伝『軍艦島』・『朴烈』『慰安婦(実は韓国人高給売春婦)』

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)15時48分4秒
返信・引用
  ●【ソウルからヨボセヨ】反日映画好む韓国、日本人の旅行激減の背景の一つなのだが…            平成30年(2018)1.20  産経

          http://www.sankei.com/column/news/180120/clm1801200005-n1.html

  今週、一時帰国の際、韓国のアシアナ航空を利用したが、その機内誌(1月号)を見てうなった。機内で見ることができる映画の一覧表が出ていて、
「全路線で上映」という各国映画のリスト中で韓国映画が7本で最も多いのは当然として、うち3本が昨年、話題作として大いにもてはやされた反日モノだったのだ。

 戦時中の日本での朝鮮人炭鉱労働者の抗日暴動を描いた例の『軍艦島』と、大正時代の関東大震災を背景にした朝鮮人の無政府主義テロリストが主人公の『朴烈』、
それに慰安婦問題がテーマの『アイ・キャン・スピーク』。

 とくに3つ目は「今月の映画」としてカバーストーリー風になっていて、主演女優が1ページ大の写真で登場し、映画の内容も英語と韓国語で簡単に紹介されている。
英文によると彼女は映画で「日本植民地時代および第二次世界大戦中の強制された性奴隷の犠牲者」を演じたと書かれている。

 機内誌の映画ページの表記は「ASIANA ENTERTAINMENT」とある。韓国ではエンターテインメント(娯楽)として慰安婦モノなど反日映画が好まれているということだが
日本人には当然、不愉快だ。この種の反日情報が近年、日本人の韓国旅行激減の背景の一つなのだが、そのことが韓国ではまだ分かっていない。
 

【虎ノ門ニュース】【DHC】1/22(月) 青山繁晴+ケント・ギルバート×居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)15時29分48秒
返信・引用
    https://www.youtube.com/watch?v=36yvXMFo_eg     MC 米粒写経(こめつぶしゃきょう)居島一平

00:07:19 青山繁晴氏×ケント・ギルバート氏オープニングトーク
00:13:12 通常国会で改憲案集約 自民副幹事長が意欲
00:34:06 「米軍は良き隣人ではない」 沖縄の翁長知事
00:40:02 北朝鮮視察団が韓国入り 五輪準備で初
00:45:38 五輪全日に軍事パレードか 北朝鮮
00:58:37 仏大統領が徴兵復活へ意欲 若者に義務付けか
01:01:30 横綱稀勢の里 6日目から休場 5場所連続
01:08:25 ケントのアメリカンニュース(トランプ大統領の「偽ニュース賞」発表)
01:13:33 ケントのアメリカンニュース(トランプ政権1周年 全米で抗議デモ 百万人参加)
01:16:43 ケントのアメリカンニュース(トランプ大統領 アフリカは「shithole」)
01:20:38 ケントのアメリカンニュース(トランプ政権の暴露本がベストセラー)
01:25:36 ケントのアメリカンニュース(ハワイでミサイル誤警報)
01:34:14 ケントのアメリカンニュース(ゴールデングローブ賞でセクハラ抗議)
01:41:15 ケントのアメリカンニュース(女優カトリーヌ・ドヌーヴ「口説く権利ある」)
01:48:12 ケントのアメリカンニュース(「ガキ使」浜ちゃん 黒塗りに批判)
01:55:12 ケントのアメリカンニュース(大谷翔平選手 大リーグ・エンゼルス入団)
01:58:09 ケントのアメリカンニュース(米宝クジで当選金額「647億」)
02:00:50 ケントのアメリカンニュース(CIAに「UFO撮影のガイドライン」が存在)

 虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!! 憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

 なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか? 番組作りの舞台裏もお楽しみください!
 

【産経・FNN合同世論調査】 韓国の慰安婦新方針 9割超が「納得できない」 8割「韓国信頼できない」 

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)15時26分40秒
返信・引用
          http://www.sankei.com/politics/news/180122/plt1801220021-n1.html                  平成30年(2018)1.22  産経

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は20、21両日に合同世論調査を実施した。慰安婦に関する日韓合意をめぐり、

▼韓国の文(ムン)在(ジェ)寅(イン)大統領が日本政府に慰安婦への謝罪を求めるなど新方針を示したことについて
「納得できない」が90・8%に達し、
「納得できる」 の 5・4%を大きく上回った。

▼韓国側が求める追加措置について
「応じられない」と拒む日本政府の方針に関しても「支持する」が88・6%に上った。

▼韓国を外交や経済活動の相手国として信頼できるかについて
「信頼できる」が  14・8%にとどまり、
「信頼できない」は 80・5%に達した。

▼2月9日開幕の平昌五輪で韓国と北朝鮮による合同チーム結成などの動きが北朝鮮の核・ミサイル開発の阻止につながるかどうか聞いたところ、
「思わない」との回答が72・9%だった。

▼安倍晋三首相の平昌五輪開会式への出席の是非については
「出席するべきだ」が  49・5%で、
「出席する必要はない」の43・1%をわずかながら上回った。         (文章抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍首相が平昌オリンピックの開会式に出席するよう親中親韓の「二階幹事長が進めている」との情報です。

●自民党本部 〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目11-23   03-3581-6211

◆自民党へのご意見 自由民主党に対するご意見・ご要望をお寄せください。
   https://ssl.jimin.jp/m/contacts?_ga=2.191285610.1368214376.1516159564-266463308.1402343254

総理官邸 ご意見・ご感想→ https://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

首相官邸 所在地: 〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目3ー1  電話: 03-3581-0101
 

【悍ましい韓国・息を吐くように嘘と捏造の歴史で難癖・執拗に強請集りカツアゲ73年】世界で前代未聞・性質が悪過ぎる半島 「脱亜論130年前」!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月22日(月)01時16分13秒
返信・引用
  【きょう読まれているニュース】これが韓国だ(1)約束守らない(2)自己都合で正当化(3)日本を振り回す(4)誠意を踏みつけ

        http://www.sankei.com/politics/news/180121/plt1801210001-n1.html                     平成30年(2018)1.21 産経

  やはりと言うしかないが、韓国が日本にまた奇妙なことを言い始めている。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を日韓両政府が確認した2015年12月の
合意に対する韓国政府の「新たな方針」だ。合意の事実は否定せず、日本に日韓合意の再交渉は求めないが、「慰安婦問題は解決していない」のだという。

 そんな認識を明らかにした文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、一方で、「日本とは心が通い合う真の友人になりたい」とも発言している。合意に基づく措置さえ
履行していないうえに、慰安婦問題が未解決だと開き直る国と、どうして日本が真の友人になれるのか。理解に苦しむ韓国らしい主張は今年も続いている。

▼矛盾の多い奇妙な主張
 日韓合意に対する韓国の作業部会の検証結果を受け、康京和(カン・ギョンファ)外相が9日に発表した韓国政府の「新たな方針」は以下の通りだった。

・両国間の公式合意という事実は否定できず、日本政府に再交渉を求めない。
・合意に基づき日本政府が拠出した10億円を韓国政府が負担し、日本拠出分は日本側と協議する。

・合意は元慰安婦の意思を反映しておらず、慰安婦問題は解決できない。
・日本が事実を認め、元慰安婦らの名誉・尊厳回復と心の傷を癒すための努力を続けることに期待する。

 翌10日、年頭の記者会見で、文在寅大統領は、この新たな方針を踏まえた上で、「誤った問題は解決せねばならない」「日本が心から謝罪し、
被害者(元慰安婦)らが許すことができたら完全な解決だと思う」と強調。自ら「否定できない」と断言した日韓合意で、「最終的かつ不可逆的な解決」を
確認したはずの慰安婦問題が、今さら「未解決である」との立場を示した。 簡単に言えば、「慰安婦問題をめぐる合意は否定せず、再交渉しない。
だが、問題は解決していない。よって、解決に向けて日本に努力してほしい」という矛盾だらけの主張だ。

 「奇妙」であるどころか、支離滅裂な実にムシのいい身勝手な主張である。日本国内で強い反発が起きていることはソウルにも伝わっており、筆者にも
「いい加減にしてほしい」「ふざけるな」といった日本からの率直な声が届いた。怒って当然の話だ。  (~文章続く)
 

〇緊急拡散希望 《朝鮮半島動乱と米国の動向;フジ「報道2001」敵前逃亡の裏事情》

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月21日(日)13時12分34秒
返信・引用
                                            「近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲」BLOGより転載

■平昌五輪韓国・北朝鮮共同参加問題は、IOCが五輪に政治を持ち込む事を認めてアイスホッケー南北共同チームを承認しました。
これは、IOCが北朝鮮の核・弾道ミサイル開発に加担した事を歴史的に認めたことになります。

 毎日曜早朝、フジテレビ「報道2001」、テレビ朝日「サンデーlIVE」,TBS「サンデーモーニング」、NHK「日曜討論」等、毎週政治トピックスを政治スタンスが
違えども取り上げて分析報道していますが、このブログを閲覧して頂いている皆様方は、フジテレビ「報道2001」を期待して視聴されていらっしゃると思っています。

そこで、まず皆様方が今朝(1月21日)驚かれた事は、フジテレビ「報道2001」が平昌五輪等、緊迫した朝鮮半島問題を完全に黙殺した事です。

 頻繁にチャンネルを変えてチェックしましたが、TBSは毎度同じスタンスですが、関口宏が張本勲の一方的な発言に「問題発言」とソフトに注意をしたり、
抗議に配慮する「姿勢」を見せていました。NHKは、毎週お馴染みの各党「討論会」ですが、男性メインキャスター島田敏男(解説委員)は、
皆様方もお気付きの通りバリバリの「左巻き」で、司会の立場(中立性)を逸脱し「一言」つけ加えて、いつものように世論誘導を実践していました。
朝鮮半島問題に関しては、財政問題・働き方改革等、各テーマの発言の中で自民党が「北朝鮮に対する防衛予算の増額」等、少し触れてましたが、
島田キャスターは平昌五輪関連や朝鮮半島問題を完全に黙殺していました。

 それら報道番組の中で、テレビ朝日「サンデーlIVE」が、朝鮮半島問題やトランプ大統領の「フェイクニュース大賞」を取り上げたり、客観的な放送をしていました。
しかし、あくまでも軸足は「リベラル」ですが、露骨な世論誘導をしてないことは評価できます。

 それらの中で最悪だったのはフジテレビ「報道2001」です。番組の二大テーマは「はれのひ・老後不安」問題に関する事だけで、「平昌五輪・朝鮮半島」問題は
完全に黙殺していました。一時間の番組で一言発言した平井文夫フジテレビ解説委員が「憲法改正を変節させた希望の党を元に戻すには小池百合子さんに
再登場して貰わなくては……」と発言したことが、現在の国会の閉塞感を言い当ててました。実際、希望の党は選挙公約を無視した事で、党名を「詐欺の党」と
改名することが必要であり、今月中に「分党」を実施するようですが、小池百合子「希望の党」党首は「憲法九条を含めた憲法改正」を、戦後初めて衆議院選挙の
「公約」に掲げた意義は歴史的な意味がありましたが、保守派がこぞって小池党首をヒステリックに批判した反省が、平井文夫解説委員の「一言」に現れていましたが、
通常国会が始まったら、これまでの言論界の体たらくが露出するでしょう。小池潰しに狂奔していた保守言論人は誰も責任を取らないでしょう。

 覚醒されていらっしゃる皆様方は、なぜ今、フジテレビが「朝鮮半島問題」を前に「敵前逃亡」するのか不思議でしょうが、それらの裏事情は保守ビジネスの
限界が透けて見えているのです。それは、フジテレビの大株主が「吉本興業」であり、また「吉本興業」の大株主が「ソフトバンク」であり、
そのソフトバンクを牛耳っているのが、在日朝鮮人だった孫正義ソフトバンク社長と解りやすい構図なのです。

 我が国の国民はほとんど把握してませんが、朝鮮半島に於ける二大侮蔑用語は「犬」と「黒人」ですが、我が国の家庭をテーマにしたソフトバンクの
CMで大黒柱が「犬」、そして長男が「黒人」にされ、その深層に朝鮮人特有の「恨」がCMに表出していることに気付いている国民はほとんどおりません。

 それは、巨大化したソフトバンクの広告費に、マスメディアが席巻されているからです。あの父親(白犬)の名前が「白戸じろう」(白洲次郎)母親の名前が
「白戸まさこ」(白州正子)と名付けられ、吉田茂首相の特別秘書だった白洲次郎が、我が国の将来を見越してマッカーサーGHQ総司令官に「在日朝鮮人を
すべて朝鮮半島に戻してください」と、要請していたことに対して、在日朝鮮人だった孫正義ソフトバンク社長が、CMを使って最大級の憂さ晴らしをしているのです。

 朝鮮半島は、平昌五輪後激動することが明らかですが、北朝鮮に関する米国と文韓国大統領の政策の違いから、韓国軍によるクーデター等、
なんでもありの延長上に米軍による武力行使が現実化するでしょう。

※詳細は同25日収録の「水間条項国益最前線動画」で明らかにします。

◆近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件;全文掲載) http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com
 

【闘論・倒論・討論】どうなる!?平昌五輪・北朝鮮有事と東アジア情勢 [チャンネル桜H30/1/20]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月21日(日)11時20分7秒
返信・引用
                https://www.youtube.com/watch?v=ZgT9aqslS04
(パネリスト)
鍛冶俊樹(軍事ジャーナリスト) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 野口裕之(産経新聞政治部専門委員)

西村幸祐(批評家・ジャーナリスト・関東学院大学講師) 増元照明(前「家族会」事務局長・増元るみ子さんの弟)室谷克実(評論家)渡邉哲也(経済評論家)司会:水島総

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

【拡散】沖縄メディアの偏向報道を正せ!!県政奪還へ「世直し庶民の会」発足 我那覇真子さんらが全41市町村「縦断キャラバン」開始

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月21日(日)11時08分26秒
返信・引用
             http://www.sankei.com/politics/news/180120/plt1801200013-n1.html                    平成30年(2018)1.20 産経

  沖縄県紙「琉球新報」「沖縄タイムス」の偏向報道を糾弾している専門チャンネルキャスター、我那覇真子(がなは・まさこ)さん(28)らが
「県政奪還!世直し沖縄庶民の会」を旗揚げし、「県民覚醒(かくせい)縦断キャラバン」をスタートさせた。

2紙はじめ地元メディアが包み隠す「沖縄の真実」を発信する活動を全県に広げ、今秋の県知事選に向けて2紙などが露骨な世論誘導で援護射撃する反基地一辺倒の
「オール沖縄」勢力を打倒、瓦解させる狙いだ。

 20日に沖縄県浦添市で開かれた「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の第10回定例会。代表運営委員の我那覇さんが「縦断キャラバン」の開始を
報告すると、県内外から集まった会員ら約100人が大きな拍手を送り、協力を約束した。

 我那覇さんは「2紙だけを読んでいる県民は、身に迫る中国の脅威を知らされていない。このままでは沖縄はどこに行ってしまうのか(と考えた)」と訴えた。
父親の隆裕さん(59)も「中国の脅威を隠す新聞は潰す」「日本国内の左翼の動きも沖縄でとどめを刺す」などと語気を強めて語った。

  キャラバンの皮切りは15日の南城市で、次いで19日に八重瀬町で行われた。どちらも約30人の市民、町民らが駆けつけた。そのほとんどがこれまで
「正す会」とは無縁の人々だった。

 若い世代の女性を含めて年齢層も広範で、おのおのが偏向著しい県内メディアの報道姿勢への不満や沖縄の未来を憂う思いなど腹蔵なく語り合った。
スタートは上々だったという。

中国脅威論をめぐっては県内の観光施設に勤める女性が席上、こんなエピソードを披露した。

「沖縄の水は飲めるのか?」。中国人宿泊者にそう聞かれた女性は「日本では全国どこでも水道の水を飲んでいただけます」と答えた。
すると中国人宿泊者はいきり立ってこう言い返したという。

 「沖縄は日本ではない!」

「縦断キャラバン」は2紙の「不買運動」の一環でもあり、今秋の県知事選までに県内全41市町を網羅したい考えだ。

現段階で決まっているキャラバン日程は、
 ▽1月21日=読谷(よみたん)村(午後7時~)
 ▽同27日=名護市(午後1時~)
 ▽同29日=那覇市(午後6時半~)
 ▽2月15日=豊見城(とみぐすく)市(午後7時~)
 ▽同19日=沖縄市(午後7時~)。
 ▽2月24、25両日には石垣市で予定している。

開催市町村外の在住者はもちろん、県外からも参加できる。参加費は300円(資料代)。会場などの問い合わせは(電)0980・43・5343、080・8364・3051。
 

【驚愕China共産党政権の隠された実態】 生死の間ー中国 増え続ける臓器移植の謎 (親中反日NHK隠蔽ニュース)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月21日(日)09時48分0秒
返信・引用
         https://www.youtube.com/watch?v=BSyAUvWoutU                                 「NTDTVJP」より転載  

【日本のフェイク(嘘)ニュース大賞上位5位候補:朝日・NHK・毎日・沖縄2紙?】捏造慰安婦・捏造南京事件・もりかけソバ・隠蔽天安門虐殺・隠蔽ライダイハン等

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月20日(土)10時00分52秒
返信・引用 編集済
  【産経抄】新聞記事そのものが、今やフェイク視されている自覚が欠落 1月20日            平成30年(2018)1.20 産経

     http://www.sankei.com/column/news/180120/clm1801200002-n1.html


 やはり日本の報道機関には、決定的に危機感も問題意識も足りない。トランプ米大統領が17日、「偏向し不公平で虚偽の報道」に贈る
「フェイク(偽)ニュース賞」を発表した件である。トップ10にはCNNテレビが4つ、ニューヨーク・タイムズ紙が2つなど、大手マスコミの報道が選ばれていた。

▼1位は、同紙が「トランプ氏が大統領では株価は決して回復しない」とのノーベル経済学賞受賞者の見解を伝えた報道だった。そういえば日本でも、
 平成24年12月の第2次安倍晋三内閣発足時は、ハイパーインフレが起きるとか、株価が下落するとかの観測報道が飛び交った。

▼「国内でフェイク大賞をあげるとしたら、思いつくものは」。18日の記者会見で、小紙記者に問われた菅義偉官房長官は「いろいろ思い当たる節はあるが、
 コメントは控える」と苦笑していた。米政府に比べ、日本政府はマスコミに優しい。

▼一方で、インターネット上の言論を追うと、マスコミへの批判は年々高まるばかりである。新聞やテレビの報道自体が、一定の政治的意図を持ったフェイクでは
 ないかと疑われ、あるいは確信されている。朝日新聞の慰安婦報道をはじめ、そう指摘されて仕方ない部分も確かにある。

▼ところが、日本新聞協会が昨年の新聞週間(10月15~21日)に発表した代表標語はこうだった。「新聞で 見分けるフェイク 知るファクト」。
 新聞記事そのものが、今やフェイク視されていることへの自覚が欠落している。

▼「不確かでゆがめられた情報が拡散され、事実を軽視する風潮が広がっている」。昨年の新聞大会決議にあるネット批判の一節である。
 反省なき責任転嫁を繰り返すようでは、残念ながら新聞はますます信頼を失うだろう
 

「拡散randomyoko2」 字幕付き | #RT | Japanese Perspective of Trump at 1 Year

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月20日(土)09時39分43秒
返信・引用
       https://www.youtube.com/watch?v=1QNUVgs4aYQ                     2018/01/19 公開「randomyoko2」より転載
 

【我那覇真子】あの人は危険人物だった    

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月20日(土)09時38分41秒
返信・引用
  (拡散)  https://www.youtube.com/watch?v=Qns8IiBlLWw                       2016/12/04公開「夢楽」より転載  

【邪悪「八重山毎日新聞」が沖縄・石垣島住民に不安を煽る妄想で世論煽動工作】 習近平軍の侵略を容易に・前衛的コミンテルン戦法か?

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 1月20日(土)00時01分25秒
返信・引用
  ●「自衛隊が来ると新たな犯罪や事故が予想される」と沖縄・石垣島の「八重山毎日新聞」1面コラム 防衛協など3団体が抗議

          http://www.sankei.com/politics/news/180119/plt1801190024-n1.html                        平成30年(2018)1.19  産経

  沖縄県の石垣島(石垣市)を本拠地とする日刊紙「八重山毎日新聞」が12日付の1面コラム「不連続線」で、「石垣も自衛隊が来れば自衛隊にまつわる新たな
犯罪や事故が当然予測される」と書いたことを受け、八重山防衛協会、八重山自衛隊家族会、隊友会八重山支部の3団体は19日までに、コラムの記述撤回と謝罪を
求める抗議書を、八重山毎日新聞の黒島安隆社長あてに提出した。

 コラムでは、政府による陸上自衛隊配備の是非が大きな争点となる3月11日投開票の石垣市長選や、秋に予定される県知事選などに触れて自衛隊をくさし、
「今年の選挙は沖縄の基地負担のありようを問う選挙だ」と強調した。

 3団体は抗議書で「国家の主権と国民の生命財産を守る任務に就く自衛隊および自衛官の尊厳を著しく毀損するものであり、憲法で保障されている職業選択の自由を
ないがしろにしている」となどと批判した。

 筆者である八重山毎日新聞の上地義男氏は19日付のコラム「不連続線」で「『自衛隊や自衛官の尊厳や名誉を著しく毀損・侵害し、職業選択の自由もないがしろに
している』との意図は全くない。従って記述の撤回や謝罪の意思は全くない」と釈明した。

そのうえで「沖縄では基地あるがゆえに女性暴行殺人などの米軍犯罪や事故が相次いでおり、自衛隊も日本の基地あるところでさまざまな犯罪や事故が起きている
のは周知の通りだ」と指摘。「石垣も自衛隊基地ができれば、従来石垣ではなかった自衛隊にまつわる事件事故の可能性は当然予測できるので素朴にそう記述した
までのことだ」と反論した。ただ最後に「自衛官やその家族らの心情に配慮を欠いた面もあるだろうから今後は慎重を期したい」と書き添えた。

 八重山防衛協会の三木巌会長は同日、産経新聞の取材に対し「コラムで筆者は自分の推測にすぎないことを一方的に主張している。
自衛隊を犯罪集団と決めつけており、許せない」と憤りをあらわにした。

八重山毎日新聞は、陸自配備計画に反対の論陣を張っている。ホームページによると発行部数は「1万6000部(公称)」。
 

/854