投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


今世紀最大の帝国主義・習近平公船3隻が 4/3日本の固有の領土「尖閣諸島」領海に侵入・日本政府と日本人に戦争を挑発!(今年7回目)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 4日(水)09時58分41秒
返信・引用
  ●中国船が尖閣周辺の領海に一時侵入 今年7日目                                         平成30年(2018)4.3 産経

         https://www.sankei.com/politics/news/180403/plt1804030025-n1.html

  3日午前10時40分ごろから、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船3隻が相次いで侵入し、それぞれ約1時間40分航行した後、
領海外側の接続水域に出た。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは3月23日以来で、今年7日目。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、4月2日夜に接続水域に入るのを巡視船が確認していた。1隻は機関砲のようなものを搭載。
領海から出るよう巡視船が警告した。
 

チャンネル桜、朝日新聞本社を大粉砕!!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 3日(火)23時15分17秒
返信・引用
                                                                                         2018/04/03 公開「net news japan」より転載

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiwjJ7RpJ7aAhVJEpQKHfLrCL4QtwIIJzAA&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DpudA4NyiuxE&usg=AOvVaw0vw9EWH_oCBWT7SFKneUDX
 

【虎ノ門ニュース】【DHC】4/3(火) 百田尚樹×阿比留瑠比×居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 3日(火)12時27分31秒
返信・引用
  ●【虎ノ門ニュース】【DHC】4/3(火) 百田尚樹×阿比留瑠比×居島一平  https://www.youtube.com/watch?v=wXwFUDg1Xjg

●【虎ノ門ニュース】【DHC】4/2(月) 青山繁晴×居島一平          https://www.youtube.com/watch?v=77z1JM2CrA4

●【虎ノ門ニュース】【DHC】3/30(金) 大高未貴×上念司×居島一平      https://www.youtube.com/watch?v=uozKv54gob4

  虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!!憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

  なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか? 番組作りの舞台裏もお楽しみください
 

【中国進出リスク・資産没収も・外国人は裁判に勝てない】外資3200社に「共産党組織」を設置し内部情報検閲システム構築を要求!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 3日(火)12時16分3秒
返信・引用
  ●中国技術移転問題 共産党、陰に日向に「社会主義の中国モデル普及」目指す http://www.epochtimes.jp/2018/04/32225.html 2018年04/3 「大紀元」


  中国共産党は、スパイ工作、為替操作、サイバー攻撃、知的財産など、米国経済を打撃する包括的な戦略を何十年も行ってきた。中国は、欲する外国技術を
さまざまな方法で入手している。1月、対米外国投資委員会(CFIUS)の専門家を招いた聴聞会では、中国当局による外国技術の入手方法は6つあると指摘した。

  ▼外国企業を中国に招き、合弁会社を作らせる
  ▼中国企業が海外で対象企業を買収する(M&Aや株式取得を含む)
  ▼中国が対象技術製品を輸入する

  ▼中国企業や研究機関で、技術力ある外国人を雇う
  ▼中国人留学生が技術を学び、帰国するもしくは本国にデータを送信する
  ▼インターネットやその他の手段で盗み取る

■中国ハイテク技術発展は40年前から

「西側諸国に追いつけ追い越せ」と、この863計画には生物、宇宙飛行、情報、先進的防衛、オートメーション化、エネルギー、新素材の7分野に分かれる。

 米国のスパイ防止活動機関・国家対情報局(ONCIX)の2011年の分析では、中国の863計画には「米国の機密の技術と経済情報を密かに手に入れるために、
予算を組み、ガイダンスしている」 と指摘している。

 2014年、米司法省は、中国軍サイバー攻撃部隊「61398部隊」の将校5人が米企業の機密情報を奪ったとして、スパイ容疑で起訴を決めた。
 http://www.epochtimes.jp/jp/2014/05/html/d98506.html

 米国当局は5人の顔をインターネットでもさらし、身柄の引き渡しを求めるという容赦のない態度を見せたが、中国外交部報道官は「米国のでっち上げ」
として猛烈に反発した。

■おすすめ:「外国人は裁判で勝てない」中国進出のリスク、知的財産搾取を専門家あかす http://www.epochtimes.jp/2017/12/30105.html


 2017年8月、海外との合弁会社を含む上場企業およそ3200社に対して「共産党組織を設置し、経営判断を組織の見解を優先させ、最終決定権を与える」との
社内規定を盛り込むよう要求した。

 さらに近年、知財紛争を専門とする裁判所を国内に3カ所設立した。米企業と中国企業との間では、すでに訴訟合戦が起きている。中国通信大手の華為
(HUAWEI、ファーウェイ)などは、アメリカ国内で訴えられた場合には、中国で米企業を訴え返している。

 「中国に公正な裁判制度は存在しない」。中国の司法制度は腐敗しており、中国共産党によってコントロールされていると述べた。アンスレー氏は、
中国滞在中にみてきた裁判例を振り返ると、外国人が、中国の裁判所で勝つことはもはや不可能だと考えているという。

■技術者を米国に派遣 公然のスパイも

 2018年、この問題にトランプ米大統領は大きな一歩を踏みだした。3月22日、中国が米国の知的財産権を侵害しているとして、1300の中国製品に対して
追加関税を課す制裁措置を決定。年間最大600億ドル(約6兆3000億円)規模と試算されている。
この措置は、半年以上に渡る、中国による知的財産の窃盗に関する米国の通商代表の調査結果に従っている。

 共産党政権の中国との貿易は複雑だ。政府は国有企業を優遇し、民間企業を意のままにする計画経済を実行する。共産党におもねる民間企業には投資を促し、
分が悪くなれば資産を没収する。50人以上の従業員をもつ企業は、共産党が会社の内部情報をアクセスするためのシステムを備えるよう要求されている。

 共産党の目標は、鄧小平の863計画を指示したときと同じままだ。要綱にはこう記されている。「世界の主力である米国に立ち代わり、
共産主義と全体主義に基づく『中国モデル』普及を目指す」。(文章抜粋)
 

【Front Japan 桜】新聞社と放送法4条撤廃 / 現実乖離の再生可能エネルギー派 / 天皇皇后両陛下与那国島行幸啓 /[桜H30/4/2]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 3日(火)08時17分25秒
返信・引用
          https://www.youtube.com/watch?v=_Mjph45AzPg                               キャスター:上島嘉郎・鈴木くにこ・前田有一

  気鋭のキャスター陣が、ますます混迷を深める日本の現状や国際情勢を読み解くべく、日本最前線(Front Japan)の気概で、日々のニュースや時事のほか、
様々なテーマについて取り上げ、日本が進むべき正道を追求します!

  ■ ニュースPick Up      ・内閣支持率「42%」どう読み解くか?      ・放送法改正とメディアの“対安倍”論調
  ■ 現実から乖離する「再生可能エネルギー派」の危うさ

  ■ 天皇皇后両陛下の与那国島行幸啓
  ■ ディスコミュニケーションの時代   今週の映画:『きみへの距離、1万キロ』

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP  http://www.ch-sakura.jp/
 

【頑固亭異聞】安倍政権支持率回復![チャンネル桜H30/4/2]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 3日(火)08時15分33秒
返信・引用
          https://www.youtube.com/watch?v=MJGQoV4byyo                                キャスター:三輪和雄・佐波優子・小山和伸

  守るべきものと、正すべきもの。日本のために論陣を張ってきた“ガンコ者たち”が集い、時事をはじめとする様々なテーマについて、
互いに一家言を交えていきます!

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

【レイプ大国・韓国から性犯罪前科犯の男が日本へ逃亡】 位置追跡の電波発信足輪を切断 (日本人女性は厳重警戒を)NHKが報じないニュース!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 3日(火)00時17分47秒
返信・引用
  ●性犯罪前科51歳韓国人男性、電子足輪を切って日本へ逃亡                              2018/03/30 韓国:朝鮮日報

       http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/30/2018033000703.html


  過去に性犯罪を起こして位置追跡電子装置(電子足輪)をはめられた保護観察対象者の男が、当局の監視網をくぐり抜けて国外に逃亡するという
初の事例が発生した。法務部(省に相当)が29日、明らかにした。

 同部によると、この男(51)は先週末、電子足輪を切って日本に脱出したという。これまでも電子足輪を切って逃走したケースはあったが、
海外に逃亡したのは初めてだ。性的暴行で実刑判決を受けて収監され、2014年に出所した男は、7年間の電子足輪装着命令を受けた保護観察対象者だった。

ところが、今月25日にこの電子足輪から送信されていた位置信号の送受信が止まった。保護観察所が警察に追跡を依頼したところ、男は地方空港から
日本に向けて出発したことを把握した。法務部は国際刑事警察機構(ICPO、通称:インターポール)に、男に対する赤手配書(国際逮捕手配書)を要請した。
 

【政治家と政治不信を国民浮遊層に徹底して煽る(議会制民主主義を破壊する世論工作・もりかけ国会空転)】テロ組織とスパイ組織を持つのが共産党!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 2日(月)14時10分10秒
返信・引用
  ●中国人留学生スパイの実態=元中国外交官    http://www.epochtimes.jp/2018/04/32196.html   2018年04月01日「大紀元」より転載


 駐シドニー中国領事館元外交官・陳用林氏よれば、中国の在外公館(大使館・領事館)は、中国人留学生を操りスパイ活動を行わせ、海外の反体制派活動家を
監視し、妨害活動を行っている。

 2007年6月、大紀元の取材に応じた陳氏は、各国の大使館は、スパイ活動に従事する中国人留学生のすべての必要経費を援助していることを明らかにした。
陳氏は2005年5月、家族と亡命を申請し、オーストラリア政府より保護ビザを得た。

中国の在外公館の留学生および留学生団体を操る手法について、陳氏は次のように詳しく説明した。

①留学生が行う各活動にかかる経費を援助する
②留学生が帰国し就職したい場合、本人が海外留学時、海外にいるときも祖国を愛し、共産党を愛する者であることを証明する在外公館の推薦書を与える

③中国教育部は中国人留学生奨学金を開設し、在外公館の指示で動く中国人留学生の活動費用を与えている
④国内の各種公演グループの海外公演を行うときに、招待券を配布し、またはその祝宴パーティーなどに招待する

 情報筋によると、在外中国大使館には、各国にいる中国人留学生親睦会のリーダーをスパイ工作に就かせる専門の担当者がおり、学生によるスパイ工作を
画策しているという。いっぽう、経費の援助項目についてはさまざまだが、表向きに公開した活動経費もあれば、学生個人の口座に直接入金することもあるという。

また、卒業後、それぞれ滞在する国の主要な学術機関に就職する機会を与えることもある。

 さらに、中国はここ10年間、米国の多くの大学に対して、膨大な「研究費」を提供しているが、これらの研究プロジェクトに「スパイ」を配置しているという。
こうしたスパイは、上述した留学生親睦会の主席リストから選ばれた者であるという。

 陳氏は、米国本部の中国語衛生テレビチャンネル「新唐人テレビ」主催の舞踊コンクール「世界中国舞踊大会」を、留学生が妨害した例をあげた。同大会はニューヨーク大学
(NYU)を会場とする予定だが、同大学の中国人留学生や学者の親睦会「ニューヨーク大学中国人文化クラブ」がこのほど、同大会開催反対の声明を出した。

「声明を出した同クラブは、実質上、駐ニューヨーク中国総領事館教育部が支援して設立した団体。教育部の主な仕事は、海外の中国人留学生を監視し、
中共政権にとって不利益である団体および人物をかく乱させ、中共側に協力させること。言い換えれば、中共機関の海外拠点である」と指摘した。

 陳氏によると、同様の親睦会は、豪州および世界各地の大学に存在しており、海外の民主運動活動家や法輪功およびその他の中共政権に批判的な、
反体制派の人物などの大学での活動を監視し、入手した情報をいち早く、駐海外中共領事館・大使館へ報告することだという。

同氏はまた、中国大使館は、反体制派の活動に留学生を出席させ、収集した資料および情報を報告書として提出させるという作業の流れを明らかにした。(文章抜粋)



●死体はどこから入手?謎深まる人体標本展=NYT紙  http://www.epochtimes.jp/2018/04/32197.html   2018年04月01日 「大紀元」より転載

 中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標本は、
海外の展覧会などに出展されていた。

 ハーゲンス氏の死体加工場で、従業員数百人がホルマリン液に浸していた死体を取り出し、整理、切断、解剖、防腐、姿作りなどの処理を行い、同氏が開発した
死体処理技術であるプラスティネーション処理した実物標本を製作している。(文章抜粋)
 

【言論の自由を認めない「全体主義」がコミンテルンの本質】 共産党と異なる異論は一切認めず徹底弾圧し一党独裁政権を樹立・・!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 2日(月)13時41分44秒
返信・引用 編集済
  ●中国共産党組織からの脱退者、3億人を突破   http://www.epochtimes.jp/2018/03/32190.html      2018年03月30日 「大紀元」より転載


「『天安門事件』の経験者として、私は最愛の友人たちがあの広場で命を落としたのを自分の目で見た。私もその後、拘束されて拷問を受けた…これはもう遠い昔の
ことになったが、私にとって消えることのない悪夢だ。ここで、共産主義青年団と少年先鋒隊からの脱退を声明する。共産党が一日も早く崩壊することを祈っている」

これは共産党およびその関連組織からの脱退を応援するウェブサイトに書き込まれた声明。

 大紀元は2004年11月19日、中国共産党の本質を徹底的に分析した社説「共産党についての九つの評論」(以下、九評)を発表した。
それ以来、同社説に国内外の中国人が共鳴した。

江蘇省出身の投稿者は、「偶然の機会で、『九評』の動画をみた。共産党がこんなにも邪悪なものとは、まったく知らなかった。この組織の一員になりたくない。

オーストラリア在住華僑のGeorge Guoさんは、初めて社説を読んだ時、強い衝撃を受けたと話した。

「小さい頃から、共産党を美化する教育しか受けていないから、共産党は『誇らしくて偉大で、常に正しい』と信じ込んで、『九評』のなかで示された
汚らわしさを知らなかった。自分なりに調べた結果、多くの資料が『九評』の正確性を証明できた。非常に強い衝撃を受けたのだ」

 海外で共産党のイデオロギー浸透工作、いわゆる「統一戦線工作」30年間も携わってきた匿名希望者は、過去共産党内部の闘争・騙し合いを目にし、
年老いた今になって、共産党に騙されたことに気づいたと後悔の念を話した。

かつて中国共産党の一連の政治運動に参加した人は、「若い頃、地主から土地を奪うとの共産党の土地公有化運動に参加した。

 文化大革命中、紅衛兵として造反にも参加。年取ってから、何も得ていないうえ、病を患った。自分が前半生で、共産党に従って多くの悪いことをしてしまった
ことを本当に後悔している。ここで、共産党とその関連組織から脱退することを声明する」

 1989年6月4日に起きた大規模な民主化運動「天安門事件」の経験者も共産党関連組織からの脱退を宣言した。中国共産党は当時、軍や戦車を派遣して、
学生や市民らを武力鎮圧した。

 「『天安門事件』の経験者として、私は最愛の友人たちがあの広場で命を落としたのを自分の目で見た。私もその後、拘束されて拷問を受けた…
これはもう遠い昔のことになったが、私にとって消えることのない悪夢だ。ここで、共産主義青年団と少年先鋒隊からの脱退を声明する。
一日も早くこの全人類にとって悪夢である共産党の崩壊を祈っている」
 

【魔女狩り・吊し上げ・冤罪リンチは、あの中国共産党の「地獄の文化大革命」を彷彿!】左翼野党とコミンテルン反日メディアが人権侵害を策謀か?

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)19時09分25秒
返信・引用
  ○【花田紀凱の週刊誌ウオッチング〈662〉】文春の「暗黒支配」はすべて憶測ではないか             平成30年(2018)4.1 産経

        http://www.sankei.com/premium/news/180401/prm1804010013-n1.html


  拘置中の籠池氏と面会し、会見で、「隠し球があります」と答えていた野党議員。結局、証人喚問は予想どおり不発。それでも、
まだ昭恵夫人喚問だなんだと騒ぐのなら、具体的証拠のひとつも出してみろ、と言いたくなる。

 文書書き換えはたしかに問題だが、文書を詳細にチェックすれば、総理や昭恵夫人の関与などなかったことが、ハッキリわかる。
野党議員たちは文書をちゃんと読んでいるのか。

『週刊文春』(4月5日号)はこのところ3週続けて安倍批判。今週は「安倍政権『暗黒支配』と昭恵夫人の嘘を暴く」。

「暗黒支配」とは何か。

『文春』は政務秘書官の今井尚哉氏がメディアを支配していると非難するが、根拠として挙げているのは、

〈「佐川氏が一人で書き換えを指示するとは、到底思えません」(元上司)〉

〈「独断で決裁書の書き換えを命じるなんて信じられません」(元部下)〉

〈佐川氏の答弁は、政務秘書官や財務省出身の事務秘書官とすり合わせているはず。その過程で、決裁文書の改ざんは行われていたわけです」(政治部デスク)〉

財務省出身の中江元哉秘書官が、〈「森友問題でも今井氏の意向を本省に伝えていた可能性が高い」(財務省関係者)〉

厳しく言えばすべて臆測。これで、「暗黒支配」と言い切れるのか。

『週刊新潮』(4月5日号)「散り際の『安倍昭恵』」。ワイド形式で8ページも費やしている割に中身は薄い。

『週刊ポスト』(4・6)「安倍総理、もうあなたは終わった」は永田町噂話集。

 なかでは「『改竄(かいざん)』か『書き換え』か見出しで分かる大新聞の“忖度(そんたく)度”」「“最後の(?)花見”に安倍首相が呼んだ2日で
1億稼ぐ伝説のキャバ嬢」が『ポスト』らしい目のつけ所。

『ニューズウィーク日本版』(4・3)「歴史への責任」で4回にわたった「コロンビア大学特別講義」が終わった。異論もあろうが、企画自体は評価したい。
 

【抗日スパイ集団の巣窟ユネスコの制度改正?】邪悪な中朝韓と反日日本人が悪用・中国共産党の政治宣伝「捏造の南京事件」登録の前科あり!  

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)18時51分41秒
返信・引用
  【歴史戦】ユネスコ、「世界の記憶」制度改正へ行動計画案発表 7月に改正案作成へ               平成30年(2018)3.31 産経

          http://www.sankei.com/world/news/180331/wor1803310034-n1.html


【パリ】国連教育科学文化機関(ユネスコ)は「世界の記憶」(世界記憶遺産)の制度改正に向けた行動計画案を策定し、31日までに加盟国に提示した。

  2015年に中国申請の「南京大虐殺文書」が世界の記憶に登録された後、ユネスコが政争の場と化しているのを是正する狙いで、今月4日に始まる
ユネスコ執行委員会で協議される。

 行動計画案は、世界の記憶をめぐって、(1)ユネスコ事務局が今年5、6月に加盟国から意見聴取(2)7月に「包括的改正案」を作成(3)10月に
執行委員会で改正案の大筋合意-を目標とする日程を示した。制度改正は「透明性の確保、対話の精神に基づく加盟国の参加のあり方」などの新たな
課題に対応するのが狙いだと明記した。

 世界の記憶では昨年10月の執行委員会で、係争案件の審査で関係者の対話を促す新制度を19年から導入することが決まった。改正案はこれをたたき台に、
各国の意見を反映させる見込み。方向性が定まるまで、ユネスコは世界の記憶の登録申請は受け付けない方針。

  制度改正の最大の焦点は、世界の記憶審査で加盟国の意見をどう反映させるかにある。現在、世界の記憶は、文書管理の専門家で構成する
諮問委員会が申請案件を非公開で審査し、その勧告をユネスコ事務局長が追認して決まる。この結果、15年の「南京大虐殺文書」審査では、
日本側が事実認識で疑義を示したにもかかわらず、登録が決定。

  昨年10月には、日中韓の民間団体などが申請した慰安婦関係資料をめぐり、日本が「政治利用になる」と強い懸念を示した結果、登録審査の延期が
決まった。執行委員会は、世界の記憶で「政治的緊張の回避」をユネスコ事務局に要求し、改革を求めていた。

 慰安婦関係資料については、日米の保守系団体などが対立する立場で「慰安婦と日本軍規律に関する文書」という資料を登録申請し、ユネスコ側は
審査延期を決めると同時に、双方の対話を促したが、実現のめどはたっていない。
 

【英国・ロンドンで北朝鮮拉致テーマの演劇が上演され、英国人の心を捉え、大入り盛況が続いています】

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)18時22分23秒
返信・引用
  ○北朝鮮拉致テーマの演劇、ロンドンで盛況 英紙「心揺さぶる」                           平成30年(2018)3.31  産経

        http://www.sankei.com/world/news/180331/wor1803310032-n1.html


【ロンドン】ロンドンで日本人の母親を持つ脚本家が描いた北朝鮮による日本人拉致問題をテーマにした演劇「ザ・グレート・ウエーブ」が名門劇場
「ナショナル・シアター」で上演され、英国人の心を捉え、大入り盛況が続いている。

拉致被害者の横田めぐみさんとみられる女性が主人公。その他の被害者の実話も加え、フィクションとしてアジア系俳優が日本語交じりの英語で演じている。

英紙フィナンシャル・タイムズは「大波は人々の心を揺さぶり渦巻いた」と論評している。
 

脚本家・英国人フランシス・ターンリー氏(43)が 「悲しみの中で横田滋・早紀江さんの勇敢な闘いに感動。夫妻を大変尊敬している」と!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)18時17分27秒
返信・引用
  ○北朝鮮拉致テーマの英国演劇、脚本家インタビュー「問題知らない多くの英国人に伝えたかった」             平成30年(2018)3.31  産経

        http://www.sankei.com/world/news/180331/wor1803310035-n1.html


【ロンドン】北朝鮮による日本人拉致問題をテーマにした演劇「ザ・グレート・ウエーブ」の脚本を書いた脚本家、英国人フランシス・ターンリーさん(43)が
インタビューに応じ、「拉致問題の存在と拉致被害者の苦闘を知らない多くの英国人に伝えたかった」と語った。

 英国北アイルランド出身のターンリーさんは、母親が東京・世田谷生まれの日本人。母親と日本の親戚から拉致問題を聞き、「拉致の悲劇と家族の闘い」について
脚本を書きたいと考えた。 家族を翻弄する拉致問題を「大波」と捉え劇のタイトルを葛飾北斎の浮世絵からつけた。

 横田めぐみさんとみられる女性を主人公にしているが、「拉致被害者家族は機微にふれやすい。実話にせず複数の家族の経験を交えてフィクションにした」
と説明。ただ「悲しみの中で横田滋・早紀江夫妻が取り組んできた勇敢な闘いに心を動かされ書いた。夫妻を大変尊敬している」と述べた。

観客から「(拉致の)歴史的事実のみならず(家族の)感傷的側面で感動した」との反応が寄せられ、英国の別の場所でも上演する計画もある。
 

【反日狂乱韓国】嘘吐き元高給戦場売春婦アン・ジョムスンさん(89)死去 (性質の悪い韓国の歴史捏造対日宣伝工作婆さん29人存命)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)18時05分55秒
返信・引用
  ●(朝鮮人)元慰安婦の女性死去 89歳、存命29人に                                 平成30年(2018)3.30 産経

      http://www.sankei.com/world/news/180330/wor1803300029-n1.html

  韓国の女性家族省は30日、元慰安婦のアン・ジョムスンさん(89)が死去したと発表した。

肺がんのため治療を受けていたという。韓国政府が認定する存命の元慰安婦は29人となった。(共同)
 

●(北朝鮮の国家犯罪・日本人拉致)  【産経新聞:主張】拉致問題 全面解決への機を逃すな   

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)15時27分54秒
返信・引用
        https://www.sankei.com/world/news/180331/wor1803310020-n1.html                       平成30年(2018)3.31 産経


  北朝鮮を取り巻く国際情勢がめまぐるしく動いている。これは、拉致問題を全面解決する好機となり得る。機を逃してはならない。全面解決とはむろん、
拉致被害者全員の帰国である。 南北首脳会談の4月27日開催が決まり、米朝首脳会談も5月までに行われる見通しだ。

 それに先立ち、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は初の外遊先に中国を選び、習近平国家主席と会談した。北朝鮮の活発な外交姿勢は、核・ミサイル開発に対する
国際社会の制裁強化が生み出した結果といえる。

安倍晋三政権は北朝鮮の孤立化を図りつつ、拉致問題の解決を最優先、最重要課題と位置づけてきた。かけ声だけでなく、結果を求めるときである。

拉致被害者の家族会が安倍首相と面会し、トランプ大統領との会談で「全被害者の一括帰国を求めなければならないと説得してほしい」と要請した。

横田めぐみさんの母、早紀江さんは「被害者を救う最後のチャンス。日本国として一日も早く拉致問題を解決する姿を世界に示していただきたい」と求めた。

安倍首相は「拉致問題が置いていかれることがあってはならない」と強調したという。

  首相はこれまで「拉致問題の解決なしに、北朝鮮は未来を描けない」と繰り返し述べてきた。同じせりふを、トランプ氏の口から金正恩委員長に突きつけるよう、
要請してほしい。

トランプ氏は拉致問題を国連総会で取り上げ、北朝鮮を厳しく非難するなど日本への理解を示してきた。来日時には家族と会い、被害者救出への尽力を約束した。

3人の米国人も、北朝鮮で不当に拘束されている。米朝会談に臨むトランプ氏には、自国民の解放と日本の拉致問題の解決を同時に迫ってもらいたい。

 米朝会談の中で、拉致問題の解決につながる兆候をみてとることができれば、日本政府も迅速に動くべきである。大きな成果を得て決着を図るには、
日朝首脳会談も選択肢に入るだろう。

 その際に肝要なのは、「再調査の約束」などの時間稼ぎは一切、許さないことだ。拉致問題に段階的解決はあり得ない。あくまで被害者全員の即時帰国を
求めるべきだ。果たされない限り、制裁を緩めてはならない。


●【2018.03.29「チャンス到来、金正恩に拉致被害者帰国を迫れ!緊急集会」】報告
   https://www.youtube.com/watch?v=92lrY2d2Qh4 (動画)

●3/29(木)「チャンス到来、金正恩に拉致被害者帰国を迫れ!緊急集会」のお知らせ
   http://www.sukuukai.jp/syuukai/item_6366.html

  ついに金正恩が圧力に耐えかねてトランプ大統領に会談を申し込みました。北朝鮮に最大限の圧力をかけて政策を変えさせるという戦略が
一歩前進しました。飯塚繁雄家族会代表は「千載一遇のチャンスだ」とコメントしました。安倍晋三総理はこのチャンスを拉致解決に生かすべく、
トランプ大統領との電話会談で拉致問題解決のための協力を要請し、4月初めに訪米して日米首脳会談を行うことを決めました。

 4月末の南北首脳会談、5月の米朝首脳会談を通じて、何としても全被害者を助け出す具体的進展を獲得しなければなりません。そのためには、
核問題と並んで拉致被害者を全員返せと金正恩に迫ることが必要です。安倍総理が訪米する直前の3月29日に、家族会・救う会・拉致議連は東京で
「チャンス到来、金正恩に拉致被害者帰国を迫れ!緊急集会」を開催しました。

●北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjuwrLntJjaAhUBF5QKHeX5DHIQFggnMAA&url=http%3A%2F%2Fwww.sukuukai.jp%2F&usg=AOvVaw3uT7dQB82HckeCzesLPBaM

●救う会全国協議会
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjuwrLntJjaAhUBF5QKHeX5DHIQFggtMAE&url=http%3A%2F%2Fwww.sukuukai.jp%2Fshiryo%2Findex.html&usg=AOvVaw0p9v-JA0zpUVDM7DDikPEB
 

青山 潤三氏のわかりやすい、桜の説明

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2018年 4月 1日(日)14時06分4秒
返信・引用
  中国人も韓国人も「日本の桜」が気になって仕方がない理由


4/1(日) 11:00配信

日本人と会ったら、桜の話から…

 春です。今年も桜の季節がやってきました。首都圏以南の桜の名所では、今日がお花見の「最後のチャンス」というところも多いかもしれません。

 ところで近年、中国人の間で日本の桜が大人気になっていることをご存知でしょうか。

 近年は、「桜を見る」ことを日本観光の大きな目的にしている中国人も増えています。春節が終わる3月上旬になると、中国メディアでは必ず日本の桜の話題が報じられるほどです。最近の中国人は、もしかすると日本人よりも桜に詳しいかも知れません。開花時期の予想さえ頻繁に行われています。

 筆者は長年、日本と中国を行き来する生活をしていますが、最近の中国人は筆者が日本人だと分かると、ほとんど挨拶代わりに桜の話題を投げかけてきます。

 「ルーベン(日本)・インファー(櫻花)・ヘン(とても)・ピャオリャン! (美しい)」

 日本の政治・外交についてはネガティブな報道や批判が多い中国世論ですが、こと桜に関しては「全面支持」の状態です。

 不思議なのは、海外のものを何でも模倣する中国が、なぜ桜だけはマネしないのだろうか、ということ。その気になれば、中国にだっていくらでも植えることは出来るのですが。

彼らがあえてそれをしないのは、「日本」と「桜」がセットになってこそ意味がある、と考えているからかもしれません。

先ほど「櫻花」と書きましたが、中国語では「日本櫻花」と表記するのが普通です。単に「櫻花」と書く場合は、中国では食用のために栽培する「桜桃」(サクランボ)の花のことかもしれませんし、あるいは、実は日本よりはるかに(日本産の5倍以上)種数の多い中国産の「野生のサクラ」を指すこともあるでしょう。

 筆者は去年、たまたま桜の季節に中国から日本に帰ってきて、真夜中に羽田空港に着きました。他の乗客はほぼ全員が中国人でした。

 到着ゲートを出たところで、驚愕しました。ベンチや飲食店の周りが桜のデコレーションで埋め尽くされているのです。本物の桜の木を、水を湛えた大きな甕(かめ)に差して、見事な景観を作っています。多くの中国人が足を止めて、スマホで写真を撮っていました。

 日本人にとっては、それほどありがたみのある光景とも言えないでしょうから、これは明らかに訪日外国人、特に中国人向けのサービスなのでしょう。

 そんなわけで、少なからぬ中国人が「日本に行って桜を見る」ことを夢にしていると言っても、決して大袈裟ではないように思われます。

 中国だけでなく世界の人々が、私たち日本人が考える以上に「日本=桜」というイメージを持っているのです。「ソメイヨシノのルーツはわが国だ」との世論もあるという、
韓国は別かもしれませんが…。


「桜の花見」自体が珍しい

 桜は日本でも、江戸時代末期までは現在のように華やかな存在ではありませんでした。私たちが愛でているソメイヨシノは、「野生」のサクラではないのです。

 まず「そもそもサクラとは何か? を説明しておきましょう。読者の方々にとっては、生物学的な話題は読みづらいかも知れませんが、少しだけお付き合いください。

 サクラ属には、モモやウメなども含まれます。さらに属を細かく分け、スモモ属(スモモ、プルーンなど)、ウメ属(アンズ、ウメなど)、モモ属(モモ、アーモンドなど)などに分類する見解もあります。その場合、狭義のサクラ属にはサクラのほかサクランボなどが含まれます。

 中国では、サクラよりもスモモ(李子)、アンズ(杏子)、モモ(桃子)のほうが圧倒的にポピュラーです。中国人に桜の花を愛でる習慣がないのは、「サクラはサクランボ(桜桃)の花に過ぎない」との認識からでしょう。世界的にも、サクラ属の植物は果実を食べるために栽培するのが主流ですから、花に重点を置く日本の文化はかなり特殊といえます。

 それでは、いわゆるサクラ(狭義のサクラ属の植物)は、日本に何種あるのでしょうか? これも研究者ごとに意見が異なりますが、最も広く捉えると、ヤマザクラ、エドヒガン、チョウジザクラ、マメザクラ、ミヤマザクラの5種です(9種とする見解もあります)。

 しかしあるサイトでは「覚えておきたい代表的なサクラの4つの種類」をソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤエザクラ、カンザクラとしていました。上記の5種とは全然違いますね。

 どういうことかというと、上記の5種は学術的な「種」である一方、下記の4つは人目を惹く(しかし生物学的にはあまり意味のない)特徴に対して名付けられた「品種」なのです。

 とはいえ、一般的には「桜」といえばソメイヨシノを思い浮かべるでしょう。中国人が言う「日本櫻花」ももちろんソメイヨシノのこと。漢字で書くと「染井吉野」、東京?駒込の染井で作出された吉野桜(奈良県吉野山産のヤマザクラ)という意味です。

後ほど詳しく触れますが、日本人は、野生種から新たに有用な動植物を作り出すことがあまり得意ではありません。そんな中、ソメイヨシノは数少ない「純日本製」の植物といえます。 本州から朝鮮半島にかけて分布するエドヒガンというサクラと、日本のほぼ全土にみられるヤマザクラの仲間(ヤマザクラ、カスミザクラ、オオヤマザクラ、オオシマザクラ)のうち、伊豆諸島周辺産のオオシマザクラとの交雑により、ソメイヨシノは生まれたのです(このことはDNA解析により確定しています)。

 どのように交雑したかは、植木市場で両者を栽培していたところ、いつの間にか自然交配した、あるいは植木職人が意図的に交配させたなど、諸説あります。

 葉が出る前に花が咲くエドヒガンと、大きな花を咲かせるオオシマザクラの特徴を併せ持ち、ひたすら明るく豪華絢爛なソメイヨシノは、
爆発的な人気で全国いたるところに広がりました。これがわずか150年ほど前、江戸時代末期のことと考えられているのです。


「韓国起源」ではない根拠

 ちなみに、ソメイヨシノの一方の親であるオオシマザクラは、日本の伊豆諸島に固有分布するサクラなので、前述した「ソメイヨシノ韓国起源説」は成り立ちません。

 しかしオオシマザクラは、種の定義を広くとると、ヤマザクラの一種ということになります。そして、ヤマザクラは4つの変種(通常それぞれを独立種とすることが多い)からなり、そのうちのカスミザクラは朝鮮半島にも普遍的に分布しています。

 オオシマザクラとカスミザクラは非常に近縁で、同一種とみなされることもあります。従って、韓国でエドヒガンとカスミザクラを交配した品種が作られたなら、それは「ソメイヨシノそっくり」ということも大いにありえるでしょう。

 ただいずれにせよ、仮にオオシマザクラとカスミザクラを「同じ種」であると考えても、DNA解析によって、現在普及しているソメイヨシノは伊豆諸島産の集団が親であるという結果が出ています。ですから、仮に韓国で独自に作られたソメイヨシノ(のそっくりさん)があるとしても、それはソメイヨシノそのものではありません。

 ソメイヨシノとほとんど同じ品種が、日本でソメイヨシノが作出されるより前から韓国に存在していた、という可能性はあるかもしれません。しかし、それは普及しませんでした。
.





中国人も韓国人も「日本の桜」が気になって仕方がない理由


鹿児島県三島列島のトカラアジサイ(南西諸島北部の固有種)


意外と中国生まれの「日本の国花」

 さて、読者の中には漠然と「日本の国花は桜」と思われている方もいるかもしれません。実際は、日本の国花は「菊」です。

 サクラとキクは、春の花と秋の花、樹木と草本、すぐに散る花と長持ちする花、と何かにつけて対照的ですが、ともに「日本文化の象徴」ではあれど、来歴はずいぶんと異なります。

 実は、菊(家菊)は「日本生まれ」ではありません。主に中国の北部や朝鮮半島に自生するチョウセンノギクと、中国東部などに自生するハイシマカンギクが、中国のどこかで(自然にか人為的にかはわかりませんが)交配して作出された、「中国生まれ」の植物です。

 チョウセンノギクとハイシマカンギクの別変種は、日本にも在来分布しています。ということは、日本でも自前で「菊」を作出しようと思えばできたはずです。でも日本人は中国で作られた菊を導入し、いつしか「国の花」にまで戴くようになりました。

 ゼロから何かを生み出すのは苦手でも、すでにあるものを発展させるのは大得意な日本人らしいといえるかもしれません。

 キクに限らず、日本人は身近な有用植物(野菜や果物や園芸植物)も、おおむね最初は国外から導入しています。興味深いのはキク同様に、その多くは日本にも同じ種やごく近縁な種が在来分布しているにもかかわらず、素材として利用しなかったということです。

 わずかながら例外、つまり日本に在来分布する植物をもとに作り出された有用植物もあります。そのひとつがアジサイです。園芸植物として親しまれているアジサイの野生の母集団は、伊豆諸島に分布しています。

 もっともアジサイの場合、素材は日本産であっても、現在のような姿になったのはやはり国外。古い時代に中国に渡ったあと、
近年になってヨーロッパに伝えられ、そこで園芸植物として改良が施されました。そしてようやく日本に「里帰り」し、親しまれるようになったというわけです。



野生の桜も美しい

 このような事例を考えると、正真正銘日本に在来分布する植物をもとに、日本で作り出され、愛されるようになったソメイヨシノは、非常に稀有な植物といえるでしょう。

 現在、日本中で見られるソメイヨシノは、全て最初に染井の植木屋さんで見つかった個体のクローンなので、全国どこでも変わらぬ姿を保ち続けています。

 ソメイヨシノは確かに豪華絢爛で、見ていると気分が明るくなる花ですから、中国人が好むのもわかる気がします。ただ筆者の個人的な好みで言えば、樹々の新葉が芽吹き始めたばかりの薄墨色の山肌に、ともしびのように仄かに萌えあがる、ヤマザクラやカスミザクラやマメザクラといった「野生のサクラ」のほうが好きです。

 いま筆者は、ソメイヨシノを見に日本を訪れる大量の中国人観光客と入れ替わりに、一人で中国の山野に野生の桜を見に行くため、複雑な気持ちで空港に佇んでいるところです。
.
青山 潤三
 

独裁国家を甘やかし強くした、民主主義陣営の罪

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2018年 4月 1日(日)13時56分53秒
返信・引用
  そもそも、その中国を強大化させた一番の支援者は、米国、日本、そして
今は欧州であろう。すべて民主主義国家であり、中国の内政を、
ある程度知っていながら、目先の金儲けに民主主義国家が勤しんだせいでもあるだろう。

中国がいずれ強くなるにしても、例えば米国が中国を弱体化させ続けて居れば、
日本がODA等の経済支援をしなければ、欧州が中国に対して
ロシアと同様の警戒心を抱いていれば、ここまで急速に強大化はしてこなかっただろう。

全てが全て、中国人独力の成果ではない。むしろ、中国は経済発展の遅い国であり、
親切で金を持っている先進国が支援するのは当然であり、義務とでも民主主義国家の人間たちは
思いこんでいたのだろう。それこそ過ちであった。


国防費の増額に憲法改正、ますます進む中国の軍事強国化


4/1(日) 12:11配信



3月5日から16日間の日程で開催された、中国の第13期全国人民代表大会(全人代)では、3年ぶりの規模となる国防費の増額や憲法改正により、習近平が目指す軍の強大化がますます明確となった。
.

 李克強首相は、3月5日の政府活動報告で、2018年度の国内総生産(GDP)の経済成長率目標を昨年と同じ6.5%とした。同日公表の2018年度の予算案では、国防予算の増加率は8.1%とされたが、これは、2018年度の経済成長率目標や昨年の成長実績(7%)を上回るものであり、3年ぶりの伸び幅となる。

 中国政府の公表値では、2018年度予算における国防予算は、総額1兆1069億5100万元、日本円では約18兆4000億円となり、米国に次いで世界第2位となるが、米国防総省はそれより25%程度多いのではないかと見積もっている。

 中国の国防費については透明性の欠如がしばしば指摘される。これに対し、例えば、中国国防部は「中国の国防費は透明で、隠された部分はない」とする中国人民解放軍軍事科学院の少将(前回の国防白書起案にかかわった人物)による見解を紹介する記事(‘China's defense budget increase mainly to develop new weapons’, March 6, 2018)を掲載するなどしているが、これほど中国軍が強大化してしまうと、透明性について論ずることは意味が薄いように思われる。何よりも、中国の意図が重要である。この点、今回の憲法改正に「中華民族の偉大な復興」が盛り込まれたことは大きな意味を持つ。この概念は、2012年に「中国の夢」の一環として習近平が提唱し始めたものであり、昨年10月の第19回共産党大会では党規約に盛り込まれた。「中華民族の偉大な復興」というのは、要するに、アヘン戦争以来の屈辱を晴らし、世界第一の大国になるということである。

 「中華民族の偉大な復興」のためには、当然、軍の強化が不可欠である。第19回党大会で習近平は、軍の発展は国家の優先事項であり、2035年までに近代化を完成させ、2049年までに「世界一流」の軍隊にする、と明言している。3月8日付けウォール・ストリート・ジャーナル紙社説‘Xi Jinping’s Military Might’は、「中国は、兵員数を削減し、洗練された武器に資金を投じている。2015 年以来、人民解放軍は30万人を削減した。人海戦術に頼るかわりに、戦場で用いるAI の開発で米国と競っている」と、近年の中国の軍事力近代化を描写し、警告を発している。

 今回の憲法改正では、国家主席および同副主席の任期制限(5年2期、計10年まで)を撤廃し、習近平の「終身国家主席」への道を開いたとして注目された。これは、憲法を習近平による独裁のための道具にするということを意味する。そして、その憲法に忠誠を誓うよう求めている。軍についても、習近平は「すべての軍人が憲法を擁護し、忠実な支持者となり、積極的に遵守する」ことを求めた(‘Xi calls for deepened military-civilian integration’, March 12, 2018)。これまでも、反腐敗運動を名目として過去6年の間に最高位の将軍たちを16人粛清し、自らへの忠誠を誓う者に交代させるとともに、軍人たちの個人的な「なわばり」と化していた軍区制度を戦区制度に改めるなど、軍の掌握に努めてきた。今後、憲法を盾に、ますます習近平個人への忠誠を強めさせるものと思われる。習近平が旗を振って、ますます「中華民族の偉大な復興」が進められることになろう。まずは、台湾への威圧、南シナ海・東シナ海への海洋進出が強化されると予測される。

 憲法に新たに盛り込まれた概念で、もう一つ注視すべきものに「人類運命共同体」がある。中国は、「人類運命共同体」の理念を掲げて国際的な秩序の変革に主導的に取り組もうとしている。習近平は、昨年の第19回党大会で、この概念についての説明として、次のような点を挙げている。相互尊重・平等な協議、冷戦思考と強権政治の放棄、同盟の代わりにパートナーを組む、対話による紛争の解決、貿易と投資の自由化・円滑化、経済のグローバル化、文明の多様性尊重、環境保護・気候変動への対応。これらのうち、冷戦思考の放棄、同盟の代わりにパートナーを組む、といった点は、米国を中心とする同盟ネットワークへの異議と思われる。相互尊重は、内政不干渉の名の下、中国の主張を尊重するよう求める文脈で用いられることが多いことに留意する必要がある。

 第19回党大会での報告において、習近平は、「中国の特色ある大国外交は、新型国際関係の構築を推進し、人類運命共同体の構築を推進する」としている。すなわち、「人類運命共同体」は、中国による大国外交と密接な関係がある。現行の自由主義、民主主義、人権、法の支配に基づく国際秩序に代わる、新たな国際秩序の構築を目指すものである可能性がある。

 インド太平洋に面する主要国、日米豪印は、連携を強化して軍事的抑止力を高める必要がある。西側諸国は、自由主義、民主主義、人権、法の支配に基づく国際秩序を擁護し、中国主導の国際秩序の構築に対抗しなければならない。こういう重要な時期に、米国の政権が、自らが構築、維持してきた国際秩序を軽視しているような事態は、憂慮しなければならない。
.
岡崎研究所
 

【杉田水脈議委員】 科研費 京大 山中伸弥教授 2億5000万円、法政大 山口二郎教授 6億円 文科省の杜撰な国費バラマキ(3/30)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)12時28分26秒
返信・引用 編集済
                                                                                2018/03/30 公開「ニュース どちらが正しい?」より転載

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiG15H1j5jaAhXGnZQKHZMBCU4QtwIIJzAA&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DM4C-IuWYdUs&usg=AOvVaw3ML4ND1IZpEjp1b6MWLdTL

  杉田水脈氏が解説。科研費 京大 山中伸弥教授 2億5000万円、法政大 山口二郎教授 6億円 文科省の杜撰な国費バラマキ  新聞、テレビなどの
巨大メディアだけでは、真実が見えなくなるのでは?

  YouTubeで提供される、様々な情報は、そのスキマを埋めてくれます。このチャンネルは、様々な論客をご紹介し、みなさまの、ご理解のお手伝いをします。
知るは楽しみなりと申します。ここで、どうぞ、お楽しみください。タイトルは個人の感想です ^^
 

【頑張れ日本全国行動委員会】マスコミの偏向報道糾弾!頑張れ安倍政権!草の根国民行動

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)12時21分31秒
返信・引用
          https://www.youtube.com/watch?v=XYNwOY_GMPU

『マスコミの偏向報道糾弾!頑張れ安倍政権!草の根国民行動』を生中継いたします。 イベントの詳細は以下の通りです。

時間・場所  16時00分~18時30分 渋谷駅ハチ公前広場

主     催   頑張れ日本!全国行動委員会
 

【杉田水脈議員】最新ニュース速報 2018年3月31日

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 4月 1日(日)12時18分55秒
返信・引用 編集済
     https://www.youtube.com/watch?v=EP6JBgIDI5s                              2018/03/31公開「この世界歩んでこう」より転載

 

/876