teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:200/874 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

夏草や兵どもが夢の跡

 投稿者:シモン  投稿日:2013年 4月14日(日)21時17分38秒
  通報 編集済
  平成17年の台風14号が宮崎県を襲って今年で早8年。
TR高千穂鉄道は廃止が決まってから4度目の春を迎えました。

かつて汽車が走っていたところは今、公園や遊歩道・ホテルなどといった憩いの場・レジャー施設として
再出発したところもある一方で、多くの場所で少しずつ自然に還りつつあります。

高千穂駅も寂しくなりました。
かつて駅の上にあった神都(しんと)観光も鉄道の廃止後、道の駅高千穂に店舗を移ったそうです。
今は地元の工芸品・民芸品を販売する店が入りました。そのオーナーの方の、「寂しくなったけど、
絶対元気にしてやるんだ」という強い意気込みを聞けて嬉しかったです。

古事記編さん1300年や宮崎恋旅といったブームに乗って、高千穂を訪れる観光客(特に女性)は増えているように思います。
もし今も高千穂鉄道が走っていたら、パワースポット巡りの旅は今以上に楽しい旅になっただろうな。
高千穂行きバスの中でパワースポット巡りに行くという学生グループを見ながらそう思いました。

写真上:解体中の五ヶ瀬川4橋梁(吾味~日ノ影温泉)
写真中:レールが撤去され、木々が茂り始めた場所も(日向岡元~細見)
写真下:高千穂あまてらす鉄道高千穂駅。定休日はひっそりと静まりかえる。
 
 
》記事一覧表示

新着順:200/874 《前のページ | 次のページ》
/874