teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:199/875 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日向軌道

 投稿者:シモン  投稿日:2013年 4月22日(月)20時12分31秒
  通報
  本掲示板における日向軌道に関する話題はこれが初めてとなります。

戦前、旧国鉄妻線の終点杉安駅から先に民間会社による貨物専用の馬車鉄道
(トロッコ?)が走っていた事をご存じでしょうか?
最盛期は杉安から三塚(現在の尾吐?)までの約40キロを日向軌道(杉安~二軒橋)、
銀鏡軌道(二軒橋~銀鏡)、木村林業(銀鏡~三塚)の3社で繋いでおり、
下り荷では木材や炭を、上り荷では食料品や酒、衣料品といった生活物資を運ん
でいたそうです。

しかし、経営は苦しく、戦後すぐ(昭和20~25年にかけて)廃止されました。

現在廃線跡の多くが一ツ瀬ダムの底に消えましたが、レールの一部が沿線にある
速川神社参道に使われています。40年以上前にレールを切ってきたと神社の方が
言っておられました。

速川神社は学問の神様として知られており、大寒の日にはみそぎが行われることでも
有名です。山の登り降りで参拝が結構大変な神社ですが、是非一度足を運ばれてみては、
と思います。

参考文献:鉄道廃線跡を歩くⅩ(宮脇俊三編/JTB、2003)

写真上:参道からの転落防止に使われる日向軌道のレール
写真中:この地点にかつて線路が敷かれていたと思われる
写真下:速川神社本殿
 
 
》記事一覧表示

新着順:199/875 《前のページ | 次のページ》
/875