teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:195/880 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ツアーバスの行方

 投稿者:シモン  投稿日:2013年 7月18日(木)11時11分42秒
  通報 編集済
 

宮崎県内と福岡を結ぶツアーバス事業にはかつてのコスモスライナーを皮切りに多くの事業者が参入しました。
ツアーバスデビュー当時はほぼ独占状態にあった一般路線バスフェニックス号(3列シート、トイレ付き)に比べて
4列シート、トイレなし、ビデオサービスなしというこれまでの常識を覆すものでしたが、運賃はフェニックス号
のほぼ半額とあって行楽や帰省に使われてきました。一時は片道1700円前後という破格の運賃だった時期もあり、
利用者にとっては福岡(宮崎)が非常に近く感じられました。

そんなツアーバスですが、国土交通省より平成25年8月1日からの高速ツアーバス及び会員制バスの全事業者に対して
運行を認めないことが通知されました。これに伴い、宮崎発着のツアーバスの多くが姿を消す事になりそうです。

先日、福岡から宮崎までサンマリンライナーに乗車してきました。乗客20名のほとんどが若者。休憩は北熊本SAとえびのSA
の2回取られました。途中で西鉄のフェニックス号に抜かれるというハプニングもありましたが、宮崎には予定よりも早く
到着し、車内もさほど混雑していなかったので快適な移動が出来ました。ですが、この運賃(片道1900円)でこの人数で運行
した場合、採算ラインぎりぎりで走らせているとも感じました。

よく過疎化が進んだ地域から路線バスが廃止される時、通院などのお年寄りの足が奪われると言われますが、今回のツアーバス
廃止の場合、行楽や帰省の若者(交通弱者)の足が奪われるのではないかと感じられます。これは、経済効果にも波及するのでは
ないでしょうか?安全の為致し方ないという思いもある一方で、ツアーバスは全部ダメという国の方針に疑問も感じました。



宮崎県と福岡(博多)を結ぶツアーバスと今後について(7月18日現在)

《宮崎地区》

・トラポータ・ライン(主催・運行:佐土原運送)
7月31日をもって廃止。
http://tora-porta.com/


・サンマリンライナー(主催・運行:サンマリンツアー)
現行での運行は7月31日まで。
8月1日以降、乗降場所・運行時刻を変更した上で引き続き運行。運賃は値上げを実施(¥1900→¥3500)。(7月23日修正)
http://www.sunmarineliner.com/


・アイあいライナー(主催・運行:アイ観光)
7月31日をもって廃止。
http://www.aiailiner.com/


・みとシティライナー(主催・運行:美登観光)
現行での運行は7月31日まで。
8月1日以降は一般乗合自動車運送事業(新高速乗合バス)での運行に向け準備中。
http://www.city-liner.jp/

《県北》
・ハッコーライナー(主催・運行:ハッコートラベル)
8月1日以降、乗降場所・運行時刻を変更した上で引き続き運行。運賃は現状維持。
http://www.h-liner.jp/


・YOKAROバス(主催・運行:一般社団法人YOKARO)※会員制バス
8月1日以降は、乗降場所を変更するなどの対策を行った上で運行継続。
福岡における乗降地はキャナルシティ博多に変更。
http://yokaro.info/


尚、宮崎地区の運行会社については「タウンみやざき」巻末の時刻表を参照。
県北の会社に関しては独自調査による。

写真上:博多駅筑紫口で客待ち中のサンマリンライナー
写真下:北熊本SAでトイレ休憩中のサンマリンライアー

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:195/880 《前のページ | 次のページ》
/880