新着順:35/18169 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート その4―3、朝鮮人学校の状況 人種差別に反対するNGO日本連合

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 8月10日(金)14時01分15秒
  通報 返信・引用
                                                        8/10「史実を世界に発信する会」より転載

人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの3番目は「3、朝鮮人学校の状況」です。

3、朝鮮人学校の状況
 (日本文):http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-4.pdf
 (英 文):http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-4.pdf

 国連人種差別撤廃委員会が2014年に日本政府に出した最終見解で、高等学校就学支援金制度からの朝鮮学校の除外、および朝鮮学校に対して地方自治体から
割り当てられた補助金の停止あるいは継続的な縮小を含む、在日朝鮮の子供の教育を受ける権利を妨げる法的規制及び政府の行動に懸念を示しています。

 しかし、この委員会の見解は大事な点を無視した見解であることを本レポートでは指摘しています。日本の憲法には「公金その他の公の財産は、宗教上の組織もしくは団体の使用、
便益もしくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育もしくは団体の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない」(第89条)とあります。

朝鮮学校はこれらの定義に則った「学校」ではないため、公金の支出は違憲・違法となるのであって、朝鮮人差別をしているわけではありません。

 日本においては、ヨーロッパやアジア各国をはじめ様々なインターナショナルスクールや民族学校があり、民族教育そのものは否定されていません。
また、現に水準を満たした中国や韓国などの民族学校もあります。肝心な点を無視した、委員会の勧告は撤回すべきである、と本レポートは主張しています。

                                          平成30年8月10日「史実を世界に発信する会」 茂木弘道


NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No. 4:  3. The Circumstance of Korean Schools in Japan

Submitted by Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

 The third report of the Japan NGO Coalition is “3. The Circumstance of Korean Schools in Japan.”
In its concluding observations, the Committee stated its concern over legislative provisions and government actions that hindered the right to an education of children of Korean origin, as: (a) the exclusion of Korean schools from the High School Tuition Support Fund; and (b) the suspension or continued decrease of funding allocated by local governments to Korean schools.

  However, as this NGO report points out, the Committee’s claim fails to recognize very important facts.
The Constitution of Japan stipulates in Article 89 that, “No public money or other property shall be expended or appropriated for the use, benefit or maintenance of any religious institution or association, or any charitable, educational or benevolent enterprises not under the control of public authority.”

  Korean schools do not qualify as “schools” as defined by the Constitution, and it is against the Constitution, in fact, illegal, to spend public money on Korean schools. There is no discrimination against Korean Schools.

  There are many international and ethnic European and Asian schools in Japan and ethnic education itself should not be prohibited. At present, there are numerous Chinese and Korean schools which meet Japanese educational standards.

  The Japan NGO Coalition report urges the retraction of the Committee’s recommendation, which is based on ignorance of fundamental facts concerning ethnic schools in Japan.

3. The Circumstance of Korean Schools in Japan:
  URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1217/
  PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-4.pdf

  Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: 03-3519-4366  Fax: 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.
 
》記事一覧表示

新着順:35/18169 《前のページ | 次のページ》
/18169