新着順:123/18838 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【邪悪中華共産帝国公船3隻が、11/7日本の固有の領土「尖閣諸島」の接続水域に侵入】 隙あらば侵略を企て徘徊、日本政府と日本人に戦争を挑発!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年11月 7日(水)11時16分30秒
  通報 返信・引用 編集済
  ●尖閣周辺に中国船 3日連続    https://www.sankei.com/politics/news/181107/plt1811070012-n1.html   平成30年(2018)11.7 10:40 産経

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で7日、中国海警局の船3隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。

尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは3日連続。 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★【石平のChina Watch】 安倍首相を待つ2つの罠  https://www.sankei.com/column/news/181018/clm1810180005-n1.html   2018年10/18 産経


  習近平政権は、初めて日本国首相を賓客として招待したわけだが、彼らは一体どのような構えで安倍首相を迎え、日本に対してどのような外交攻勢をかけてくるのだろうか。

 習近平主席らはまず、安倍首相に対して「関係改善」への意欲を大いに示してくるのであろう。アメリカと喧嘩するときに日本に接近してくるのは
中国伝統の外交戦略の一つである。

 今はまさに、習主席は心にもない「日中友好」にすがらなければならない時期である。そして、「友好」を大いに語った後に中国側はおそらく、

2つの罠(わな)を設けて安倍首相に仕掛けてくるのであろう。(文章抜粋)
 
》記事一覧表示

新着順:123/18838 《前のページ | 次のページ》
/18838