新着順:1177/21707 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中国河北省承徳市で開催の「第二回全国青年運動会」アイスホッケー試合中11対2でリードの香港チームの選手に対し、中国チーム選手7人が突然殴りかかる

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2019年 8月14日(水)15時09分52秒
  通報 返信・引用
  ●ホッケーの試合で中国人選手が香港人選手を集団で殴打【禁聞】 (動画)https://www.youtube.com/watch?v=Lhc0Q2hSjH4   2019/08/13公開【新唐人NTDTV=米NY本部】


  7月31日、中国で開催されたアイスホッケーの試合中に、11対2で試合をリードしていた香港チームの選手に対し、中国チームの選手7人が突然殴りかかり、
審判はこの行為をしばらく放置しました。

  香港チームのコーチは、中国チームは絶対に負けられないと思って理性を失ったのだろうと考えています。
インターネットに投稿された動画には、中国人選手2人がこぶしで香港チームの選手の頭を殴り付けている様子が撮影されています。

その他の4人の香港選手も別の中国人選手5人から殴られていますが、香港チームの選手は反撃せずに頭をガードして身を守っています。

  この事件は河北省承徳市で開催された「第二回全国青年運動会」のアイスホッケーの試合で発生しました。7月31日、香港チームと中国チームの少年アイスホッケーの試合中に、
最終的に香港チームが11対2でリードしていたところ、深センチームの選手7人が香港選手5人に突然殴りかかりました。
 
》記事一覧表示

新着順:1177/21707 《前のページ | 次のページ》
/21707