新着順:105/21137 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【反日ヘイト展・強行開催(偽称芸術展・税金8億円)】朝鮮半島嘘歴史観を宣撫、反日自虐日本人洗脳(加害注入)プロパガンダを意図?(一石二鳥 反日活動資金確保?)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2019年10月 9日(水)08時08分10秒
  通報 返信・引用 編集済
  ●表現の不自由展再開 安全対策実施も入場制限 メディアに非公開                2019.10.8 |社会|事件・疑惑〔産経〕より転載

   https://www.sankei.com/affairs/news/191008/afr1910080049-n1.html


政治色の強い作品が物議を醸し、開幕3日で中止に追い込まれた「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示が8日、再開された。

 安全対策こそ取られたが、展示内容は中止前と変わっていない。再開後には入場制限を行い、展示室内をメディアには非公開とした。「表現の自由」の重要性をうたっていた芸術祭だが、
国民の「知る権利」「報道の自由」を制限し、禍根を残す内容となった。

■20倍超の応募

 8日には2回の鑑賞機会が設けられたが、1回あたりの入場者は30人に限定された。その席をめぐって、1回目に709人、2回目に649人の人が抽選に参加。
抽選場所のフロアに人があふれたため、スタッフが上の階に案内する光景も見られた。

■「複雑」な来場者も

不自由展が多くの人の関心を集めた理由の一つに、出品作品の政治色が強かったことがある。昭和天皇の肖像を燃やしたような動画、元慰安婦を象徴する「平和の少女像」はその典型的な例といえる。

 愛知県が設置した「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」の中間報告によると、不自由展に出品された23作品のうち、天皇制や戦前の日本に関するものが3割、
日韓関係に関するものが2割を占めた。報告では「作品の内容は政治性を帯びているものは多い」と指摘。8日に横浜市から訪れたフリーターの女性(23)も「政治性は強いと感じた」と話した。

■津田氏「現場混乱」

 金属探知機による検査や手荷物預かりなど警備面の対策を進め、展示再開を果たした不自由展だが、新たな課題を生み出した。極端な入場者の制限を行ったうえ、不自由展の会場について
メディアの取材を認めず、非公開とした。

 芸術祭の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏は8日、産経新聞の取材に対し、「あまりにも取材が殺到して来場者も殺到している状況で現場も混乱している。

取材機会をちゃんと設けたいが、セキュリティーの問題がある。メディアを制限したいわけではない」と話した。

実行委としては対策を毎日点検し、翌日の対応を決めることになっている。閲覧を制限するような事態が続けば、新たな批判の声が起きる恐れもある。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★【あいちトリエンナーレと(日本人自虐史観洗脳宣伝を企てた)表現の自由展の黒幕と思われても仕方がない方々】


●反日ヘイト写真(大村知事&津田大輔)【チョッパリピース画像をツイッターから削除するが消すと増える大村知事関係者が激怒】

 ▼大村秀章 @ohmura_hideaki 8月17日 https://twitter.com/antennano1/status/1162659507169681408/photo/1

  ▼【チョッパリ】
    韓国人は安直に日本の事を語る。口を開けばチョッパリ(=ヒズメ、日本人の蔑称、草履や下駄をはいたとき足がヒズメのようにみえることから)だ、 ウエノム(倭奴、、日本人の卑称)だといいながら、
  一段下の国として扱う傾向がある。(中略) 韓国人が口癖のように日本を見下げて話すのは、そうすれば傷ついた自尊心が癒されるからだろう。【親日派のための弁明(著書:キムワンソプ)】

 ▼2019/08/18〔おにーさん13 さん〕より転載
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwit7Iqw7_DkAhVsHKYKHe9tC6sQFjABegQIAhAB&url=https%3A%2F%2Fwww.nicovideo.jp%2Fwatch%2Fsm35556442&usg=AOvVaw0zZp3O4wGzSkS7uH56Dg_C

●愛知県知事 本名:大村秀章(おおむら ひであき)
 生年月日:1960年3月9日
 出身地:愛知県碧南(へきなん)市
 学歴:東京大学法学部卒業
 前職:農林水産省職員・内閣府副大臣
 所属政党:自由民主党→現在:日本愛知の会

 経歴
 父親が農業をしていましたが、昭和31年の台風で農作物が被害を受けた為、渡日しました。そこで、在日韓国人の母親と出会い結婚。3人の子供に恵まれます。

 大村秀章さんは3番目の末っ子でしたが、幼い頃に犬に顔を噛まれて大きな傷跡が残ってしまいました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●あいちトリエンナーレと表現の自由展(展示物の例)★芸術展とは偽装名称:実態は「反日自虐日本人洗脳プロパガンダ展示会(朝鮮半島は善&で日本人は悪人と洗脳宣伝)

①慰安婦像(真実:朝鮮半島出身者による戦時出稼ぎ高給売春婦・例:2年半で世田谷に家付き100坪土付が5軒購入できる貯金通帳残高:文玉殊=日本名・文原玉殊)

少女像は2002年(韓国で)米軍装甲車に轢かれ事故死した女子中学生2名の像として創作した。その為隣に椅子がある。少女が(反日政治工作の)慰安婦に仕立て上げられた。

② 昭和天皇の御真影を燃やす映像
③ 群馬県朝鮮人強制連行追悼碑
④「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」俳句の額などなど

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●2019年8月・表現の不自由展 実行委員会【アライ=ヒロユキ、岩崎貞明、岡本有佳、小倉利丸、永田浩三】

  ▼アライ=ヒロユキ 日本共産党の機関紙「赤旗」お抱え(社民党・共産党・週刊金曜日などに寄稿)。
  ▼岩崎貞明        元テレ朝 報道局社会部
  ▼岡本有佳       週刊金曜日編集者 慰安婦グッズ販売サイトの理事
  ▼小倉利丸       天皇制反対活動(反天連:反天皇制運動連絡会メンバー日の丸・君が代反対)
  ▼永田浩三       元NHKのPD・ディレクター。制作番組「昭和天皇を裁判」、茶番の「女性国際戦犯法廷」を報道(元朝日新聞の故「松井やより」と結託)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●親中朝韓反日極左団体メンバー<呼びかけ>(*は世話人)2019年7月29日現在78名  https://peace3appeal.jimdo.com/   ←(反日世論誘導BLOG)


青木有加(弁護士)  秋林こずえ(同志社大学教授)  浅井基文(元外務省職員)  阿部浩己(明治学院大学教授)  庵逧由香(立命館大学教授)   石川亮太(立命館大学教員)

石坂浩一(立教大学教員)*  岩崎稔(東京外国語大学教授)  殷勇基(弁護士)  内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)*   内田雅敏(弁護士)*   内橋克人(評論家)


宏道(ピースデポ特別顧問)  大沢真理(元東京大学教授)  太田修(同志社大学教授)  大森典子(弁護士)  岡田充(共同通信客員論説委員)*  岡本厚(元「世界」編集長)*

岡野八代(同志社大学教員)  荻野富士夫(小樽商科大学名誉教授)  小田川興(元朝日新聞ソウル支局長)   大貫康雄(元NHKヨーロッパ総局長)   勝守真(元秋田大学教員)


勝村誠 (立命館大学教授)  桂島宣弘(立命館大学名誉教授) 金子勝(慶応大学名誉教授)  我部政明(琉球大学教授)  鎌田慧(作家)   香山リカ(精神科医)

川上詩朗(弁護士) 川崎哲(ピースボート共同代表)  小林久公(強制動員真相究明ネットワーク事務局次長)  小林知子(福岡教育大学教員) 小森陽一(東京大学名誉教授)


在間秀和(弁護士)  佐川亜紀(詩人)  佐藤学(学習院大学特任教授)   佐藤学(沖縄国際大学教授)   佐藤久(翻訳家)  佐野通夫(こども教育宝仙大学教員)

島袋純(琉球大学教授)  宋 基燦(立命館大学准教授)  高田健(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表)   髙村竜平(秋田大学教育文化学部)


高橋哲哉(東京大学教授)  田島泰彦(早稲田大学非常勤講師、元上智大学教授)  田中宏(一橋大学名誉教授)*  高嶺朝一(琉球新報元社長)  谷口誠(元国連大使)

外村大(東京大学教授)  中島岳志(東京工業大学教授)  永田浩三(武蔵大学教授)  中野晃一(上智大学教授)   成田龍一(日本女子大学教授)  西谷修(哲学者)


波佐場清(立命館大学コリア研究センター上席研究員)  花房恵美子(関釜裁判支援の会)  花房敏雄(関釜裁判支援の会元事務局長)   羽場久美子(青山学院大学教授)

平野伸人(平和活動支援センター所長)   広渡清吾(東京大学名誉教授) 飛田雄一(神戸学生青年センター館長)  藤石貴代(新潟大学)  古川美佳(朝鮮美術文化研究者)


星川淳(作家・翻訳家)  星野英一(琉球大学名誉教授) 布袋敏博(早稲田大学教授・朝鮮文学研究)  前田哲男(評論家)  三浦まり(上智大学教授) 三島憲一(大阪大学名誉教授)

美根慶樹(元日朝国交正常化交渉日本政府代表)   宮内勝典(作家)   山口二郎(法政大学教授) 矢野秀喜(朝鮮人強制労働被害者補償立法をめざす日韓共同行動事務局長)

山田貴夫(フェリス女学院大学・法政大学非常勤講師、ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク事務局)   山本晴太(弁護士)   和田春樹(東京大学名誉教授)*

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●再開反対:厳重抗議先

 ▼知県知事(大村秀章) 知事室電話:052-954-6000 秘書課メール:hisho@pref.aichi.lg.jp

 ▼あいちトリエンナーレ実行委員会 電話:052-971-6111 FAX:052-971-6115 メール:triennale@pref.aichi.jp

 
》記事一覧表示

新着順:105/21137 《前のページ | 次のページ》
/21137