投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


【頑固亭異聞】反日に付け込まれる地方行政 [チャンネル桜H30/10/15]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月18日(木)10時49分12秒
返信・引用
     https://www.youtube.com/watch?v=XCD6uODAITI                    キャスター:三輪和雄・佐波優子・西村幸祐

守るべきものと、正すべきもの。日本のために論陣を張ってきた“ガンコ者たち”が集い、時事をはじめとする様々なテーマについて、互いに一家言を交えていきます!

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/

 

【中華共産帝国が次世代の戦略兵器「極超音速飛翔体」の宣伝を開始】 圧力を強める米国に対して高度な軍事技術を誇示、牽制(けんせい)意図か?

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月18日(木)10時45分27秒
返信・引用
  ●中国、最新の戦略兵器を誇示 「極超音速」飛翔体やステルス爆撃機 対中圧力の米を牽制                       平成30年(2018)10.17 産経

        https://www.sankei.com/world/news/181017/wor1810170038-n1.html


【北京】中国が次世代の戦略兵器として開発を進めている「極超音速飛翔(ひしょう)体」や、最新鋭ステルス戦略爆撃機をめぐり、官製メディアなどが積極的に情報を発信している。
通商政策に加えて安全保障面でも中国への圧力を強める米国に対して高度な軍事技術を誇示、牽制(けんせい)する意図がありそうだ。

 中国国営中央テレビ(CCTV、電子版)は12日、上空を彗星(すいせい)のように輝きながら飛行する物体の映像を投稿。内モンゴル自治区や北京で前日夜に目撃され、
UFOと疑う声もあるとしながら「おそらく極超音速飛翔体の実験だ」と明かした。

  同飛翔体は弾道ミサイルで打ち上げられた後、近宇宙空間で切り離されて大気圏に再突入する戦略兵器だ。大陸間弾道ミサイル(ICBM)とは異なり、マッハ5以上の極超音速で
自由に運動しながら滑空し、現在の米国のミサイル防衛(MD)では撃墜不可能とされる。短時間で精密かつ長距離の打撃能力があり、米露や欧州、インドなども競って開発しているが、
先行しているのは米中両国だ。

笹川平和財団の小原凡司上席研究員は「核弾頭を乗せなければ使用のハードルがそれほど高くない戦略兵器にもなりうる。(国際秩序を変える)ゲームチェンジャーの兵器となるかもしれない」と指摘する。

 中国の研究機関は8月、中国北西部で実施された飛翔体の実験について初めて詳細に公表した。高度30キロを最高速度マッハ6で飛行し、飛行時間は6分間に上ったという。
一方、9月にはCCTVが、内モンゴル自治区の酒泉衛星発射センターで行われた実験を報道。3種類の飛翔体の模型を上空で気球から切り離し、正確に目標を攻撃するための
減速・姿勢調整機能などをテストしたもようだ。

中国の飛翔体実験をめぐっては2014年1月、マッハ10での高速飛行を米軍が確認したとして米メディアが報道したが、中国側は沈黙を守ってきた。こうした従来の慎重な姿勢とは対照的だ。

 一方、中国の最新鋭ステルス戦略爆撃機「H20」に関する報道も目立ち始めた。H20は核ミサイルを搭載可能で、その外観は尾翼のない全翼機の米爆撃機B2に似ているとされる。
中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(英語版)は今月、「間もなく初の試験飛行が行われる」との専門家のコメントを掲載した。
 

【沖縄の声】保守系候補の「自爆」に終わった豊見城市長選挙/デニー知事が安倍首相・菅官房長官と会談 [チャンネル桜H30/

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月18日(木)10時33分29秒
返信・引用
      https://www.youtube.com/watch?v=IfSLTj0JlZA                             出演:江崎 孝(沖縄支局担当キャスター)我那覇 真子(沖縄支局担当キャスター)

  平成30年10月16日火曜日に放送された『沖縄の声』。ブログ”狼摩人日記”管理人の江崎孝、”琉球新報・沖縄タイムスを正す会”運営代表委員の我那覇真子が
様々な沖縄の問題を取り上げ、沖縄2紙・メディアによる嘘・偏向・捏造記事を暴いていきます!

◇沖縄県知事選挙を振り返る

  ・保守系候補の「自爆」に終わった豊見城市長選挙
  ・デニー知事が安倍首相・菅官房長官と会談
  ・八重山日報コラム「ファイヤー和田の真面目な話」 ★
  ・沖縄タイムスがフェイクニュース・翁長前知事「遺言」音声データの存在を検証  ★
  ・ニッポン放送の番組に沖縄タイムスが言論弾圧  ★

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので
、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

【拡散:くつざわ亮治】NHKが中華スマホを宣伝!よりにもよって安保上の問題から日米英豪政府が排除したファーウェイ!日本製は取り上げないくせに

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月18日(木)10時23分0秒
返信・引用
    https://www.youtube.com/watch?v=8FR7ZL7hyHQ                           2018/10/17公開「くつざわ亮治」より転載

2019年4月の統一地方選挙に立候補する予定です。NHKに関するご相談はお気軽に! kutsuzawaryoji@gmail.com

NHK撃退シール・チラシなどの作成費に、よければご支援いただけたらありがたいです。こちらからお願いいたします。

NHKから国民を守る党 豊島区支部 HP http://shikishima.moo.jp  ツイッター https://twitter.com/mk00350
 

【拡散:KAZUYA CHANNEL GX】また名言キター(゚∀゚)ー!!辻元姉さんは〇〇スタイル?朝日新聞の逆いっとけばとりあえず正解w

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月18日(木)10時19分52秒
返信・引用
      https://www.youtube.com/watch?v=hHBzuD1KUNI                     2018/10/17 公開「KAZUYA CHANNEL GX」より転載


☆【教育勅語】マスコミが正しく使えない「教育勅語」の真実・教育勅語に書かれている12項目です。(日本破壊を企てる反日左翼日本人が隠蔽してる立派な徳目)

  ①親孝行をしましょう。
  ②兄弟は仲良くしましょう。
  ③夫婦は仲むつまじくしましょう。

  ④友達とは信じ合いましょう。
  ⑤慎み深く行動しましょう。
  ⑥困っている人がいれば手を差しのべましょう。

  ⑦勉強や仕事を習いましょう。
  ⑧知恵を養いましょう。
  ⑨道徳心を身に付けましょう。

  ⑩進んで社会のために尽くしましょう。
  ⑪法律を守りましょう。
  ⑫もし非常事態になったら勇気を持って国(郷土・故郷)のために行動しましょう。
 

【2018年10月15日】BPO抗議街宣in衆議院第二議員会館前【二の橋倶楽部】 (老老反日左翼メディアNHKの茶坊主下請け機関BPO)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月18日(木)10時10分51秒
返信・引用
       https://youtu.be/HKcQhwYNtk4                                                     2018/10/15 に公開「yamatotube2」より転載

 

【拡散:KAZUYA Channel】日本の人権派みたいな人って何故中国の人権弾圧に何も言わないの?

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月18日(木)10時01分45秒
返信・引用
       https://www.youtube.com/watch?v=heUnniI6RuM                                          2018/10/17 公開「KAZUYA Channel」より転載

 

【ラビア・カーディル氏が国際連帯組織を東京で設立(26日)】「中国共産党が軍事増強・恫喝拡張・人権抑圧でウイグルに悲劇が」(新疆で100万人超が強制収容所に)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月17日(水)23時47分18秒
返信・引用 編集済
  ●亡命ウイグル人ら、国際組織で中国の弾圧に対抗 東京に事務局、26日結成大会  https://www.sankei.com/world/news/181017/wor1810170003-n1.html  2018/10/17 産経



 中国当局による少数民族ウイグル族への弾圧に国際社会が批判を強める中、ノーベル平和賞候補になったウイグル人女性人権活動家、ラビア・カーディル氏が、
世界の活動家らと少数民族の尊厳や権利の擁護を訴える国際連帯組織を東京都内に設立することが16日、分かった。26日に国会内で結成大会を開く。

弾圧を受ける当事者が広範な国際組織をつくるのは初めてで、人権問題をめぐる中国への強い牽制となりそうだ。

ラビア氏らの新組織は「自由インド太平洋連盟」。事務局は、これまで各自が個別に活動を行ってきた実績のある東京に置く。

  26日はラビア氏のほか、インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府の議員や、世界南モンゴル(中国・内モンゴル自治区)会議の代表、幹部らが来日し、インド、ベトナムの
活動家らと協力して連盟を立ち上げる。日本の支援者も加わる。各地の少数民族が中国などから受ける迫害の実態を踏まえ、人権状況の改善を訴える宣言を採択する予定だ。

 ラビア氏らは「近年の中国の拡張主義的企てと人権抑圧は、中国国境の内側に住む少数民族に言い表せない惨状を招いている」と中国を批判。
一方、安倍晋三首相が提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」について「中国の拡張主義に対する明確な答えだ」と高く評価している。

 トランプ米政権は中国当局によるウイグル族の弾圧に批判を強めており、ペンス副大統領は4日の演説で、新疆ウイグル自治区で100万人ものウイグル族が「再教育施設」に捕らえられて
いると訴えた。結成大会が開かれる26日には首相と中国の習近平国家主席による首脳会談が北京で行われる予定で、首相が中国の人権問題にどう言及するのかにも注目が集まる。
 

【悪の中華帝国に飛び込むGoogle】 暗黒中共への再参入は、不当なネット検閲指令に従う事が条件(倫理道徳喪失:世界の自由な言論と発信を自ら破壊か?)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月17日(水)23時26分52秒
返信・引用
  ●「15分以内にニュース削除」中国撤退前、すでに当局検閲を受け入れ=グーグル元社員が暴露 https://www.epochtimes.jp/2018/10/37081.html  2018年10月17日「大紀元」



  IT大手グーグル(Google)は、2010年に中国から撤退する前、中国政府の検閲をすでに受け入れていた。元従業員が最近、自身のSNSや米政府系ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材で明らかにした。

  VOAによると、ヴィジャイ・ボヤパティ(Vijay Boyapati)さんは、2001年から2007年までソフトウエアエンジニアとしてグーグルに勤め、世界中の新聞や雑誌記事を表示する
「グーグル・ニュース」の開発に携わっていた。

  ボヤパティさんは10月15日、SNSのTwitterで中国に再参入の意欲を見せるグーグルが、以前より強くなった中国政府のネット検閲を受け入れる姿勢であるとし、
「経営陣に道徳指針がないようだ」と強い懸念を示した。

 当時の中国政府による情報統制の厳しさについてVOAに語った。「中国政府は、(グーグルニュースで)中国が発信源ではないニュースを掲載しないよう求めた。

また、不都合な内容を15分以内に削除するよう要求してきた。私たちはいずれも従った」「つまり、中国にいるジャーナリストが反政府の記事を書いたら、すぐさま消される」

また、中国政府はグーグルニュースのトップページにあった「国際ニュース」「全国ニュース」「トップニュース」を削除するよう要求し、同社はこれらをすべて受け入れたという。

グーグルは2010年、検閲やサイバー攻撃を理由に、中国語版検索エンジン「Google.cn」の運用を停止し、実質上中国から撤退した。


 ネットメディア・インターセプトは8月、社員の告発として、コードネーム「トンボ(Dragonfly)」という中国市場向けの検索エンジン計画があると報じた。
検索エンジンには中国共産党政府の情報統制に合わせた検閲システムが搭載される。専門家は、ユーザー情報が中国政府の監視下に入ると危惧している。

 この報道は会社の内外で騒動を呼んだ。上級幹部を含む1400人もの社員が、経営陣に宛てた書簡で、中国プロジェクトの透明性を示し、倫理と道徳を重視するよう求めた。
9月初めに共同代表セルゲイ・ブリン氏は社内の全体会議で、中国向け検索エンジンを開発していることを認めた。

ブルームバーグによると、同サンダー・ピチャイ氏は社内向け会議で、中国向け検索エンジンの投入について、可能かどうかも含めまだ不透明だと述べた。

しかしながら、インターセプトの報道によると、検索エンジンの開発責任者ベン・ゴメス氏は内部会議で、2019年1月から4月までに、中国でプラットフォームを立ち上げることを目指すと述べた。

人民日報は8月6日、評論記事のなかで、もしグーグルが再参入を望むならば、必ず中国政府のネット検閲政策に従わなければならないと強調した。記事は間もなく削除された。

 共産党政権下の中国では、超法規的な党規が敷かれている。ボヤパティさんは「多くの人は、法律によるルールと道徳に基づくルールの違いが分からない。しかし、
これが権力層の人間だとしたら非常に危険だ。検閲が法律ならそれに従おう、となってしまう」と書いた。

 米ペンス副大統領は、10月の中国政策に関する演説の中で、「グーグルは、共産党による検閲を強め、中国の顧客のプライバシーを侵害するトンボプロジェクトを直ちに終了すべきだ」
と懸念を示した。

 グーグルは近年、中国IT大手の小米(シャオミ、XIAOMI)や電子商取引・京東(ジンドン、JINGDONG)などと共同プロジェクトを立ち上げており、翻訳アプリ中国語版も発売した。
9月に上海で開かれた国際人工知能(AI)会議にも参加している。

ボヤパティさんはSNSで、グーグルの従業員向けに「(検閲受け入れ)要求への対抗を支持したい、この動きが不道徳であると知ってもらいたい」と書いた。
 

【日本国内の米軍基地を訪問する韓国人に事前審査を決定!】北朝鮮との融和に前のめり韓国(油断大敵)と韓国内に潜入した北朝鮮の情報工作員(スパイ)の米軍基地侵入を警戒

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月17日(水)21時26分36秒
返信・引用
  ●在日米軍基地、韓国人の立ち入りを厳格化 事前審査を義務づけ                                        平成30年(2018)10.16産経


【ワシントン】米軍準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」は15日、在日米軍が日本国内の米軍基地を訪れる韓国人に対して事前審査を義務づける新指針を導入したと伝えた。

 在日米軍は、北朝鮮や中国、ロシア、イランやアフガニスタンなど約50カ国を「指定第三国」と位置づけ、これらの国民について、
事前審査なしに基地に立ち入るのを禁じているが、米国の同盟国である韓国がこうした規制の対象となるのは異例。

  在日米軍は規制の理由を明らかにしていないが、在韓米軍基地を訪れる日本人には事前審査は義務づけられていない。このため、今回の規制は今年4月の南北首脳会談以降、
北朝鮮との融和に傾斜する韓国の国内に紛れ込んだ北朝鮮の情報機関工作員が米軍基地に侵入するのを警戒した措置である可能性がある。

 在日米軍によると、指定第三国出身の人物が訪ねてくる予定のある基地内の米軍関係者は、訪問日の30日前に基地の警備部門に訪問者の名前や詳細な身元、訪問の目的を記した
書類を提出し、関係部局の審査と基地司令官の承認を経て初めて訪問が許可される。

一方、米軍基地関係者の両親や兄弟、結婚相手が指定第三国の出身である場合は規制は適用されないとしている。
 

【慰安婦の真実国民運動 国連人種差別撤廃委員会 参加報告会】 

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月17日(水)20時40分15秒
返信・引用
                                                    10月17日「史実を世界に発信する会」より転載

 10月9日、慰安婦の真実国民運動は参議院議員会館会議室で、8月の国連人種差別撤廃委員会対日審査会に参加した結果の報告会を開きました。

国連人種差別撤廃委員会(以下委員会)は30日に最終見解書を発表、日本政府に対し慰安婦問題を含む人種差別諸問題について勧告を発しました。

 この勧告は、非常に偏向したものであり、日本の社会を破壊する内容となっている。人権を守るべき委員会が、

日本国民に対する人種差別、人権侵害を創り出していることに、参加メンバーは強い危惧を抱き、

  1)人種差別撤廃委員会に対する公開抗議文を送付し、

  2)集会参加者は満場一致で下記の決議文を採択しました。

公開抗議文 (英文):http://www.sdh-fact.com/CL/1008.pdf
    (日本語訳):http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD1008.pdf

決議文(日本語原文):http://hassin.org/01/wp-content/uploads/1009.pdf
        (英訳):http://www.sdh-fact.com/CL/Resolution.pdf
                                              平成30年10月16日「史実を世界に発信する会」 茂木弘道


ALLIANCE FOR TRUTH ABOUT COMFORT WOMEN
A Report on the Meeting Held on August 16th and 17th by the United Nations Committee on the Elimination of Racial Discrimination

 On October 9, the Alliance for Truth about Comfort Women held a meeting to report on the United Nations Committee on the Elimination of Racial Discrimination and its Recommendation to the Japanese government at the House of Councilor Members’ Conference Room.

   On August 30, the United Nations Committee on the Elimination of Racial Discrimination released its concluding observations as well as recommendations to the Japanese government. We find it ironic, and extremely disappointing, that a committee entrusted with protecting human rights is instead fostering racial hostility against the people of Japan and intruding on their human rights.

 The recommendations are exceedingly biased, and threaten to destroy the very fabric of the Japanese nation. Thus, all attendees unanimously supported the Open Letter of Protest to the Chairman of the Committee on the Elimination of Racial Discrimination and adopted the Resolution, as written below.

Open Letter of Protest:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1265/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/1008.pdf

Resolution:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1267/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Resolution.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: 03-3519-4366  Fax: 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.
 

【暗黒大陸中国:人民の臓器ビジネスの闇、恐ろしき現実と実態】 国内で人権を声高に大騒ぎする親中反日メディアNHK、朝日新聞などが「知らんぷり」隠蔽ニュース

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月17日(水)12時53分56秒
返信・引用
  ●中国臓器移植「中国の軍病院は一晩10数回の移植手術」患者家族が明かす https://www.epochtimes.jp/2018/10/37048.html  2018年10月16日 「大紀元」



  中国北京で腎臓移植手術を2年間で2回も受けた患者の家族が最近、大紀元に対し、中国移植産業の闇について語った。2回目の手術も失敗し、家族は「機能しない臓器が移植された」として
病院を相手取り裁判を起こした。

  河南省新郷市長桓県の住民・司子堂さん(男性)によると、妻・王巧雲さんは2003年10月、尿毒症と診断され、鄭州の病院で人工透析を開始した。ほぼ同時に、病院から
腎臓移植を勧められた。11月からドナー探しを開始し、翌年1月に北京の朝陽病院で腎臓移植を受けた。

  司子堂さんによると、妻の血液型や抗体の検査結果を朝陽病院に申し送りした二日後、「適合する臓器が見つかった」との知らせが届き、その三日後に腎移植が行われた。
執刀医の話によると、腎臓は「河北省出身の20代男性のもの」で、「男性は銃殺刑を執行された」という。

  日本国内移植で臓器移植ネットワークを構築する唯一の組織である公益社団法人JOTNWによると、腎臓移植までの待機時間は平均15年。100万人あたりの臓器提供者数が
日本の25倍にもなる米国でも、5年間待たなければならない。

王巧雲さんは当時、国の優良病院に指定された北京の人民解放軍総合病院(通称301病院)での手術を希望していたが、妻の状態が悪く「待機時間が10日間以上と長い」との理由で断念した。
「301病院には(移植希望)患者が多く、一晩で十数回の手術が行われていたと聞いた」と司子堂さんは述べた。

また、301病院は多くの外国人患者も受け入れており、国内患者より高い移植費用を支払う彼らを「歓迎している」様子だったという。機能しない臓器、王巧雲さんは、移植手術の3カ月後、
過労で腎臓が機能しなくなった。2006年、王巧雲さんは北京の307軍病院で2度目の腎臓移植を受けた。司子堂さんによると、病院は「腎臓は豊富に供給されている」と話し、
手術を受けた。しかし、移植された臓器は機能せず、手術の翌日に妻は心不全で危篤状態に陥った。

 「悪徳の移植医に当たってしまった。医者はすでに臓器の代金を提供側に払ったため、問題のある腎臓と知りながら妻に移植した」。手術6日後、腎臓を取り出す手術が行われた。その際、
動脈をしっかりつなぎ合わせていなかったため、その後2度大出血し、そのつど手術を受けた。4度の手術で合わせて7790mlの輸血を受け、高い数値の抗体が生じたため、
今後移植手術を受けられなくなった。司子堂さんは、307軍病院と執刀医を相手取り、医療訴訟を起こした。裁判所は病院側に対して、9万元(約135万円)の賠償を命じた。

 司子堂さんは臓器移植を取り巻く関係者からさまざまな情報を聞いたという。「ある医者は、臓器は死刑判決を下す裁判所から買い取ったと教えてくれた」「銃殺(刑)が執行されたら、
武装警察の救急車がすぐに駆けつける。その車の中で、武装警察の制服をまとった医師が(囚人の)臓器を摘出する」。専門家「中国の豊富な臓器バンクの存在証明」

 中国臓器移植問題を追う組織「追査国際」代表の汪志遠氏は、王巧雲さんのケースを聞き、短期間で移植用の腎臓が供給されたのは、中国には豊富な臓器バンクがあることの証明と語った。
汪代表は、中国人民解放軍のベテラン軍医だった。渡米してハーバード大学公衆衛生大学院心臓血管研究センターに務めた。汪代表は国際腎移植協会のデータを引用して、
実際に死体のドナーが現れても、移植希望者の身体の組織に適するかどうかを図るマッチングテストで適合する確率は6.5%で、移植手術を行える確率は非常に低い。

中国では文化的に、家族が死体の損壊を忌み嫌うために、ドナーシステムもなく2006年までドナーは存在せず、2009年にはわずか120人だったという。

 10月8日に英BBCが放送した「誰が信じられるか?中国の臓器移植」と題した調査報道で、記者は、中国の臓器移植界の権威である黄潔夫・元衛生部副部長にこう問い詰めた。
「中国の病院に問い合わせたら、すぐに肝移植ができると言われた。どうして可能なのか」。黄氏は「政治的な意図のある質問には答えたくない」と述べた。
 

【暗黒大陸中国共産党政権】 強制立ち退きで「棍棒が折れるほどの激しい暴行を受けた」人民がヤケクソ、車を急発進、執行者群へ車で突撃(1人死亡9人負傷)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月17日(水)12時38分13秒
返信・引用
  ●【動画】江蘇省、強制立ち退きに遭う男性が反撃 1人死亡9人負傷  https://www.epochtimes.jp/2018/10/37070.html     2018年10月16日 「大紀元」


10月15日、江蘇省揚州市杭集鎮で強制立ち退きに遭った男性が車を急発進させ、立ち退き執行者の群れに突っ込んだ。1人死亡、9人が負傷した。

  男性の妻は大紀元の取材に対して、一部始終を話した。同日の朝6時、10数人が自宅にやってきて、否応無しに家財道具を運び出した。ちょうどその時、男性が外出から戻り、
立ち退きの人ともみ合いになった。男性は「棍棒が折れるほどの激しい暴行を受けた」という。妻が110番通報したが、警察官は出動しなかった。

 しばらくして男性は逃げ出し、近くに止まっていた車に乗り込んだ。立ち退き執行者たちが追いかけてきて車に石を投げ、車のフロントガラスが壊れた。
その時、男性は彼らに向かって車を急発進させた。1人死亡、9人負傷の惨事となった。

 男性は、地元警察に身柄を拘束された。 夫婦が30年近く住み続けた2階建の住宅は半壊し、家財道具は散乱した。昨年から地元政府に立ち退きの話を持ちかけられていたが、
賠償金をめぐって双方が対立していた。
 

【虎ノ門ニュース】【DHC】10/17(水) 井上和彦×藤井厳喜×居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月17日(水)12時18分35秒
返信・引用
          https://www.youtube.com/watch?v=V7Q1cNHCOuk

・トランプ氏「100%」自分を支持 マティス氏反論  ・岩屋防衛相 韓国国防相に「非常に残念」旭日旗問題で  ・金正恩氏 米中間選挙前にロシア訪問か

・米北朝鮮特別代表がロシアへ 制裁圧力維持要請へ  ・信用できない新聞 1位は朝日新聞   ・安倍首相 自衛隊観閲式で訓示

・藤井厳喜のフジイ伝記(サウジアラビア ムハンマド・ビン・サルマン皇太子) ・サウジ「事故死」で幕引きか 記者不明で説明転換

・お知らせ(欧州一の親日国家ポーランドの驚きの感動秘話!) ・お知らせ(維新・軍神・特攻の地 鹿児島へ)  ・トラ撮り!(井上和彦氏:訃報 元海軍上等水兵 土田喜代一氏が死去)

・ニチベイ共同開発の新型ミサイル迎撃実験 来週実施へ   ・中国 ウイグル人向け「職業訓練施設」を法制化  ・島しょ奪還で日米共同訓練


  虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!!憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

  なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか? 何にこだわって語るのか? 番組作りの舞台裏もお楽しみください!
 

【拡散:くつざわ亮治】立憲枝野「消費増税は愚策!」お前らの政権が決めたんだろが!中国の経済崩壊で結局は延期になると予想

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月17日(水)12時11分52秒
返信・引用
         https://www.youtube.com/watch?v=aW0gT3ujB4Q                                       2018/10/16 公開「くつざわ亮治」より転載

2019年4月の統一地方選挙に立候補する予定です。 NHKに関するご相談はお気軽に! kutsuzawaryoji@gmail.com

NHK撃退シール・チラシなどの作成費に、よければご支援いただけたらありがたいです。こちらからお願いいたします。

NHKから国民を守る党 豊島区支部 HP http://shikishima.moo.jp ツイッター https://twitter.com/mk00350
 

【虎ノ門ニュース】【DHC】10/16(火) 百田尚樹×居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月16日(火)11時38分9秒
返信・引用
         https://www.youtube.com/watch?v=kXc-dOjwtpk

★★★ ↓本日の話題一覧 ★★★

・百田尚樹 著「日本国紀」について( https://amzn.to/2IWRnSS ) ★
・「日本国紀」再校・校閲・念校

・「日本国紀」Amazon売れ筋ランキング  ★
・消費増税 与党は前向きに評価      ★
・国際観艦式で韓国「抗日」旗 日本政府が抗議  ★

・外国人の新在留資格を提示 熟練技術者は永住に道も  ★
・有本香氏登場
・百田さんに代わって行ってきます!(サヨクってどーよ!?1日なりきってみた)

・百田さんに代わって行ってきます!(基地反対デモ参加してみた、日当でる?)
・百田さんに代わって行ってきます!(望月衣塑子記者の講演会を最前列で聞いてみる)
・百田氏最新著書「日本国紀」11月15日発売 ★

・大阪豊中市の商店街が日の丸一斉掲揚   ★
・サウジ記者不明で電話会談 国王とトルコ大統領/ウイグル族拘束 中国の人権侵害見逃すな

  虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!! 憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

  なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか? 番組作りの舞台裏もお楽しみください!
 

【拡散:くつざわ亮治】中国共産党を滅ぼさなくてはならない米政界の事情20181015

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月16日(火)10時23分16秒
返信・引用
    https://www.youtube.com/watch?v=-o-irjQuBpY                 2018/10/15 公開「くつざわ亮治」

2019年4月の統一地方選挙に立候補する予定です。 NHKに関するご相談はお気軽に! kutsuzawaryoji@gmail.com

NHK撃退シール・チラシなどの作成費に、よければご支援いただけたらありがたいです。こちらからお願いいたします。
NHKから国民を守る党 豊島区支部 HP http://shikishima.moo.jp ツイッター https://twitter.com/mk00350
 

【河添恵子#8-2】  ゲスト:馬渕睦夫 ★ディープステートが支配する世界

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月16日(火)10時17分26秒
返信・引用
        https://www.youtube.com/watch?v=Pxqk80onq6I                                     2018/10/15 公開「林原チャンネル」


  注目のディープ・ステート、続きです。これを陰謀論で片付けようとする人こそがまさに、ディープステート側のフェイク言説の片棒を担ぐ人であると言えることでしょう。
国家と国家の争いと見ていては、歴史から何も見えてこない。

この新しい、馬渕、河添両氏による歴史観に耳を傾けてください。世界を操り、歴史を作ってきたとされる影の政府、真の権力者。この"奥の院"の存在が明らかになった時、
我々良心的な日本人は、いかに対処すべきだろうか?

<目次的な!>

・ディープ・ステートという存在  ・ロシアゲートならぬチャイナゲートも深くアメリカに入り込んでいる(例えばキッシンジャー氏) ・第2次世界大戦以前より、ディープステートは存在している

・99%の評論家は「国」で論じている    ・ディープ・ステートとはアメリカという国に巣食っているグローバル勢力(簡単に言えば、です)

・主にはユダヤ系勢力であるディープステートは、金融、メディア、政界(ネオコン)、司法(FBI、裁判官、弁護士)、教育界などを牛耳っている


・ウォーターゲート事件のニクソン大統領を例として ・フェイク告訴やフェイク報道を例として ・ディープステートと対立するトランプ大統領

・トランプは計算づくでバカのふりをしている   ・ディープステートのアメリカは、ウィルソン大統領の時代、FRBが出来た時から始まっている

・戦後日本でタブーとなってしまった理由   ・共産主義スパイに籠絡されていたのは、米国だけでなく日本も同じ。   ・”諸悪の根源”を正しく理解する


・コミンテルンの背後に言及しなければ片手落ち   ・ソ連コミンテルンの背後にいたのはアメリカのディープステート   ・踊らされていた中国が主体性を持ってきた

・中国共産党に支配されることを断固拒むアメリカ、欧州が一丸となる ・同じワンワールドでも、米国のグローバリスト(ディープステート)と中国のグローバリスト(中国共産党)の決定的な違い

・アメリカは今までも国家ではなかった   ・冊封体制(さくほうたいせい)中国の漢~隋唐時代における 周辺国に対して中国の王道を及ぼすという中華思想・世界帝国体制


・中国の資金源を断つための米中貿易戦争  ・中国の民主化はありえない  ・中国が途上国に金を貸すカラクリ、ある意味マネーロンダリング

・ジャック・アタリ(1943年 - )というユダヤ社会の重鎮。フランス人、経済学者。歴代フランス大統領のブレーン。マクロン大統領の背後にもこの人あり。

・経済学者が言わない「隠された世界の通貨発行の仕組み」 ・世界の通貨を発行しているのは民間人(各国の中央銀行は国家ではなく民間組織の意のまま)


・2016年あたりから世界は新しい時代のフェーズに    ・戦後民主主義という欺瞞の体制の皮を?いでいくことこそが、良心的な日本人の役割だろう

・トランプ大統領(71歳)はそれなりのストーリーの流れの中で発言し行動している(決して行き当たりばったりではない)。 彼なりの政治的使命や信念がある。

・トランプ大統領が頑張ってくれないと世界は暗黒となる    ・日米露 鉄の三角関係が中国の横暴を抑える   ・第3次世界大戦級の混乱へ対処しなければならない


●【河添恵子#8-1】  ゲスト:馬渕睦夫 ★リアルに存在するスパイ&工作員の実態             2018/10/07 公開「林原チャンネル」
  https://www.youtube.com/watch?v=ukhGim45GB0
 

徳仁次期天皇と雅子次期皇后は親拝するか

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2018年10月15日(月)21時40分40秒
返信・引用
  久しぶりに、靖国神社の話題が出てまいりました。


小堀宮司の言葉遣いなどは、不敬であることは確かでしょうが、
実際のところ小堀氏の意見の中身。陛下の靖国親拝を切望するのは、
彼だけの特有の意見でもないですし、口にこそ出さないまでも、
陛下の御親拝を切望する方々の願いでもありましょう。
不敬だ不敬だと非難することは易い事。

実際問題、昭和陛下から今上陛下の代まで実に30年以上も、
御親俳がありません。次の天皇に即位される徳仁親王殿下。

今上陛下は皇太子時代に靖国神社に赴かれて
いますが、まだ現在の皇太子様は参拝されていません。

もっとも、時の総理大臣の靖国神社参拝ですら、内外の反対で
参拝できないのに、天皇陛下の御親拝など夢のまた夢。よほど時の帝が
靖国神社に対して強い思い入れが無い限り実現できそうにありません。

焦らなくても、数百年先の『いつの日か』御親拝される天皇陛下が
いらっしゃればそれでいい、とお考えならそういう意見もありますね。

この件に関しては、明らかに政治責任でありますし、靖国神社自身の責任でもあり、
日本人自身が靖国神社に対して、どういう思い入れがあるかに関わりますね。
日本遺族会の会員も少なくなってきておりますが、親拝を切望する遺族もいるのでは?


今上陛下と皇太子殿下は、靖国神社に対してどういう感情を抱かれているのか?
それこそ『大御心』を臣下風情が、問いただしてはならぬという声もあるでしょうが、

小堀宮司の『不敬』というか『憂慮』というか『杞憂』というか・・・・
でも本当に徳仁親王殿下と雅子妃殿下が、靖国神社に嫌悪感を抱いていたら?
そんなことはないと、信じたいところですが、誰も東宮様と東宮妃の心内は
どなたも知る由もない。

靖国神社に対して沈黙されている現状がある意味、
靖国神社を護っていると言えるのかもしれません。

最悪の事態を想定はしたくありませんが、時の天皇陛下が仮にTVの記者会見などで

『アジア諸国と友好のための障壁なので、靖国神社の破却を希望する』
『戦犯が合祀されているので御親拝できない、英霊とされた人の一部を分遷してもらいたい』

・・・・と、ご発言あそばされた場合は??

まあ世にいう、反日的自虐史観に時の天皇・皇族方が毒されていた・・・・

それでも公然とした大御心の表明、生の天皇の声・御意向、一種の『勅命』・・・・

当然、中国・朝鮮は大喜び、反靖国派も日本の売国マスコミも、天皇のお言葉であり、
日本国総理を始めとする日本人全員は、靖国神社を破却すべし!の大合唱となる。

新時代の天皇が、靖国神社に深い畏敬の念を持っていることを切に希望したい。
 

【アフリカのメディアを中国共産党が資本参加で隷属下着々!】邪悪中共のウイグル人弾圧コラム記事の電子版が圧力で即削除・今後は自己検閲最悪・世論工作機関へ転落

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年10月15日(月)14時35分41秒
返信・引用
  ●「反中記事が数時間で削除」アフリカでメディアの自己検閲進む=米コラムニスト               2018年10月15日 「大紀元」

      https://www.epochtimes.jp/2018/10/37003.html


米ジャーナリストのアザッド・エッサ(AZAD ESSA)氏は9月中旬、米誌フォーリン・ポリシーへの寄稿でアフリカで報道機関の自己検閲が進んでいると指摘した。

 エッサ氏によると、同氏が9月初め、南アフリカ2番目大きいメディア「インデペンデンス・メディア」が発行する新聞のコラムで、中国当局のウイグル人弾圧政策について
評論記事を発表した。しかし、同記事が新聞の電子版に掲載された数時間後、担当者から記事の取り下げを伝えられた。さらに、新聞社は翌日、「紙面のリニューアル」との理由
でコラムそのものを廃止した。

エッサ氏は2016年9月から、週に一回コラム記事を執筆していた。中国の国有企業がインデペンデンス・メディアの20%株式を保有している。

インデペンデンス・メディアのウェブサイトによると、中国国営中央テレビ(CCTV)傘下の中国国際電視総公司(CITVC)と中国アフリカ発展基金(CADFUND)が同社の株主である。

 エッサ氏によると、1999年以降中国当局が積極的な海外投資戦略を展開し、アフリカ各国のメディアに対して数百万ドル規模の投資を行った。中国の目的は、
欧米で増加する中国批判の報道に対抗して、アフリカでイメージアップにつながる宣伝を強化するためだ。中国当局はアフリカで、中国メディアの支社設立やアフリカの
各メディア企業の株式保有・出資などに力を入れてきた。

現在、中国当局の後押しを受けて、地上デジタル放送などを提供する中国メディア、スタータイムズ・グループ(StarTimes Group)はアフリカ30カ国で事業を展開している。

 今年9月に北京で開催された中国アフリカ協力フォーラム首脳会合で、中国当局はアフリカ諸国に対して600億ドル(約6兆7328億円)の金融支援と一部の国の
対中債務の免除を決定した。

 一方、エッサ氏はインデペンデンス・メディアなど親中メディアが、中国の融資による債務急増問題や中国の「新植民地主義」を批判していないと述べた。
住民が「中国投資の恩恵を受けている」という内容は紙面に踊っているという。同氏は、今後アフリカで報道機関の自己検閲がさらに進むと懸念している。
 

/930