投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


【台湾CH Vol.237】中国に屈し台湾裏切り!JALとANAに抗議を! / 台北で2020台湾正名運動の日台交流 [チャンネル桜H30/6/16]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月17日(日)00時02分46秒
返信・引用
       https://www.youtube.com/watch?v=KD-YzdZhwSQ               キャスター:永山英樹・謝恵芝   主播:永山英樹・謝恵芝

【台湾CH Vol.237】 向背叛台灣的JAL與ANA提出抗議! / 在台北進行2020台湾正名運動之日台交流現況

  本節目使用日台語言。本集報導: ①日本航空與全日空最終還是屈服於中国民航局的壓力,在網站上將「台湾」註為「中国台湾」。

  其過程到底如何? ②日本與台灣的2020東京五輪台湾正名運動相關團体舉行記者會等進一?深化合作關係。

台湾チャンネル第237回は、①ついに日本航空と全日空がついに中国民航局の圧力に屈し、サイト上で「台湾」を「中国台湾」と書き換え。
その経緯について。②日本と台湾で進む2020東京五輪台湾正名運動。台北では両国の運動団体が記者会見を開くなど、更なる提携の深化が。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp
◆チャンネル桜YouTubeページ https://www.youtube.com/user/SakuraSoTV
◆チャンネル公式ツイッター https://twitter.com/ChSakura217
 

【親北反日オールドメディアの正体】(北)主張を煽動する「対日プロパガンダ工作機関」と仮定してみると謎が・・!? 

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月16日(土)10時15分58秒
返信・引用
  ●【編集局から】日本は「右往左往」しているか 「疎外」あおる北メディアに同調する他紙     平成30年(2018)6.16 産経

     https://www.sankei.com/column/news/180616/clm1806160004-n1.html

「ご破算」になりかけた米朝首脳会談が実現した。“未踏の一歩”として評価できるが、安倍晋三首相が再三指摘していた「対話のための対話」で
終わらないことを願う。日本の最重要課題である拉致問題は提起された。

 これに先立ち行われたG7や日米会談では、北朝鮮に対し「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)を求めることや
「行動するまで制裁を解除しない」ことで「完全に一致」しており、日本は全くぶれていない。

これに業を煮やした北メディアは「日本疎外」をあおり、拉致問題は「既に解決」と主張、日本の半島統治に対する賠償を要求した。

 面妖なのはこれに同調する日本のマスコミだ。7日付の他紙に、「米朝首脳会談に世界が注視する中、蚊帳の外にいるのが安倍政権だ」と断じ、
「はしご外され右往左往」などの見出しを掲げた記事があった。全く賛同できない。
 

【「赤旗」の庁舎内での勧誘販売について市議会質疑H30・6/18】 (神奈川県綾瀬市議会一般質問)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月16日(土)09時59分42秒
返信・引用
                                                                 「綾瀬市役所公式ホームページ」より

〇綾瀬市議会議員の笠間昇議員が「しんぶん赤旗の庁舎内での勧誘販売について」一般質問します。
  https://www.city.ayase.kanagawa.jp/ct/other000043900/30.6ippansitumon.inouetorikesi.pdf

〇6月18日(月)13:00~の予定です。ネット中継でご覧になれますので是非ご覧ください。
  https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/menu000017200/hpg000017144.htm

〇綾瀬市役所公式ホームページ
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwi629Xi-9bbAhUS9bwKHT3TBhAQFggnMAA&url=http%3A%2F%2Fwww.city.ayase.kanagawa.jp%2F&usg=AOvVaw23iHDtghp8MkNTg-S6szHw
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2018.06.14-2)家族会が安倍総理に面会後の記者会見概要

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月16日(土)09時47分35秒
返信・引用
                                                  「救う会全国協議会ニュース」より転載

家族会・救う会は、本日6月14日に安倍総理に面会し、その後参議院議員会館会議室において記者会見を行いました。以下は家族の発言概要です。

■家族会が安倍総理に面会後の記者会見概要  西岡力(救う会会長)

 今日総理が話されたことは今後の交渉に関わることなのでオフレコにしてほしいとのことでした。しかし、機微に触れることはまだ話されていません。
総理としてはこれまで通り、拉致問題は最優先課題で意気込みを持って取り戻すという決意を語られました。では出席の家族一人ひとりから、
今日訴えたことや考えていることを一言ずつお願いします。まず飯塚代表から順にお願いします。

◆焦らずに確実な対応を   飯塚繁雄(田口八重子さん兄、家族会代表)

 総理大臣は米朝会談終了後すぐに我々に報告していただきました。これは非常によかったと思います。この問題は考えれば考えるほど奥が深く、
幅が広く、判断が難しい場面が多いんですが、今私たちの立場は、確実に被害者を日本に帰国させてほしいという一点です。そのためにそういう手段、
戦略があるのかは内閣総理大臣をトップとする専門家におまかせする。我々はその流れを注視しながら、一刻も早い解決を待ち望んでいます。

 今回のいわゆる「歴史的な米朝会談」が日朝会談となって対応していただけることへの期待感を持っています。そして今回、「きちんとフォローして
いきますよ」という感じを受け取りました。問題は、今までずるずるとだまされ続けてきた経過がありますので、今回はそういうことが絶対ないように、
的確な対応をしてもらいたいと思います。私は、「焦らずに」と言いましたが、下手に焦って前の轍を踏むのは許せませんので、確実な対応をお願いしました。

◆ここまできた、できるだけ早く会えるように   横田早紀江(横田めぐみさん母)

 拉致されて40年、活動を始めて20年ですが、いつも思うことは、誰にも認めてもらえなかった拉致問題がここまで世界中に分かっていただける
ようになり、これは大きな変化で、歴史的なことだということです。安倍総理のご尽力で、世界中を回っていただき、ここまできた。
北朝鮮のトップに拉致問題を話してもらった。これまでは下の人には話したけれど、それがどこまで届いたのかが分からない状況が続いていた。
家族はみんな高齢化し体力的にも弱っていますので、できるだけ早くみんなが被害者に会えるようにしてくださいとお願いしました。

◆安倍総理の方針にゆるぎはないことを確認した   横田拓也(横田めぐみさん弟、家族会事務局長)

 今日お話を伺って、日本政府、そして安倍総理のこれまでの考え方、日本政府の方針にゆるぎがないことを確認できたことで安心したし、
大いに評価しました。今拉致問題に関心が高まっていますが、私が申し上げたのは、官邸の周辺で、また家族会の周辺で日朝交渉をすべき、
妥協策をもって答えを導くべきという融和論が高まる筈なので、そういうことがあってはならないし、解決の道筋が見えるまでは簡単に
動いてほしくないとお願いしました。

◆北朝鮮に誠意が見られなければ支援はすべきでない   横田哲也(横田めぐみさん弟、家族会事務局次長)

 安倍総理がぶれずに対峙していらっしゃることに感謝したいと思います。日朝交渉が行われるのかどうか分かりませんが、北朝鮮が誠意のない
対応をした場合は、非核化に関する諸費用や人道支援はすべきでないということをお願いしました。他方、(拉致解決より国交正常化が先という)
河野洋平氏のような見当違いの発言をする人もいるわけなのでそれに惑わされないよう、私たちもぶれずに頑張りたい。

◆総理が大変なご苦労をされてここまで来た   斉藤文代(松木薫さん姉)

 今日総理にお会いして、色々なことを考えさせられました。長く努力をしてこられたことを聞き、本当に大変なご苦労をされてここまで来たんだなと
思いました。「家族は身体を大事にし、総理の今後の活動を見守っていきますので、宜しくお願いいたします」と申し上げました。総理が一日も早い
帰国に向けてやってくださると今日は確信しました。

◆一つひとつ頑張りで今日までこれた   松本孟(松本京子さん兄)

 総理が解決に向けて一つひとつ頑張ってこられて、それで今日までこれたと思った。

◆総裁選で再選してほしい   浜本七郎(地村富貴恵さん兄)

 帰国者担当をしています。最後に握手した時、「報道では7月、8月に日朝協議があるのではと言っていますが、9月の総裁選の再選をお願いします」
と言いました。

◆後は安倍さんが話をする番だ   有本明弘(有本恵子さん父、家族会副代表)

 6月12日、トランプさんの記者会見の映像を見た後、マスコミの要請で神戸で記者会見をしました。トランプさんの外交を見ながら、
後は安倍さんが話をする手はずになっていると思うと申し上げました。

◆今年中の解決を   増元照明(増元るみ子さん弟)

 米朝協議に至るまで6年近く、安倍総理が各国首脳に会って、拉致問題解決のための協力を訴えてこられたことは、一国の総理として頭が下がることで、
感謝申し上げたいとお伝えしました。今後日朝を見据えて、国会議員の中で安倍総理が一番と思っていますので、金正恩との交渉の際は、日本の総理として
安倍さんに対峙していただきたいと申し上げました。我が国は、拉致被害者の救出なしに北朝鮮への支援などは絶対にしないでください、とも。総理は、
「日本としては平壌宣言にのっとって拉致・核・ミサイルの包括的な解決がない限り、北朝鮮との国交正常化はありえないし、経済的な支援もありえないという
日本の方針は一切変わりません」とおっしゃっておられましたので、それに関しては信頼したいと思います。握手をして出て行かれる際に、私は、
「今年中にお願いします」と申し上げました。

◆中国が鍵   寺越昭男(寺越昭二さん長男)

 チャンスをより確実にするために、中国にも働きかけていただきたい。中国が鍵になると思います。

◆一日一日期待が高まっている   北野政男(寺越昭二さん次男)

 私たちにとっては50年、一日千秋の思いで、今か今かと待ち続けていたんですが、米朝会談で拉致問題を提起していただいて、総理が私たちの
先頭に立って尽力されていることに心から感謝します。私たち家族、あるいは特定失踪者の家族は一日一日期待が高まっています。
これまでにない状況だと思っています。家族の期待を絶対に裏切らないでほしいなと思います。

◆今日総理にうかがって安心した   内田美津夫(寺越昭二さん三男)

 米朝会談が実際はどうだったのか、家族ですから心配でした。今日総理にうかがって安心したところです。今日は30分の面会のために朝から
4時間以上かかってきましたが、私たちは何時間かかろうが行きたいんです。一人でも多くの家族が集まって、「安倍さんに期待している。
頑張ってほしい」と言いたいし、そういう家族の姿を見てほしくて来ました。

◆何人かがばらばら帰ってきたり、報告書等ではだめ   西岡力(救う会会長)

 やっとここまで来た。しかし、すべての被害者の即時一括帰国を実現してほしい。何人かがばらばら帰ってきたり、報告書等ではだめで、
みんなが帰ってくることが大事だとお伝えしました。
                                                                                                                               以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)  〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

【青山繁晴】ソ連が崩壊した本当の理由 [チャンネル桜H30/6/15]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月15日(金)23時09分31秒
返信・引用
     https://www.youtube.com/watch?v=nz0sbsVAFd8

  独自且つ的確な視点と情勢分析による鋭い提言や価値ある情報発信において他の追随を許さない青山繁晴が、視聴者からの質問に答える形で、
日本の現状と未来を展望していく『青山繁晴が答えて、答えて、答える!』。

今回は、戦後史をあえて大雑把に振り返りながら、ソビエト連邦が崩壊した本当の理由について答えていきます。

【青山繁晴への質問を募集中!】
青山繁晴に聞いてみたいこと、話して欲しいことなどをお寄せください。 テーマのジャンルは問いません。 お名前の公開が可能かどうか、お知らせください。
・ 郵送 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル1階
・ メール info@ch-sakura.jp ・ FAX 03-3407-2432・日本文化チャンネル桜 「青山繁晴・質問」係 宛て

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

【朝日が世論煽動・地上の楽園「北朝鮮」まるでこの世の〇獄!】6/14脱北女性2人が北朝鮮の過酷な実態や独裁政権への怒りを語った

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月15日(金)22時46分43秒
返信・引用
  ●「米朝会談は金一族のため」「北は常識とは違う国」 脱北女性2人が前橋で証言               平成30年(2018)6.15 産経

      https://www.sankei.com/world/news/180615/wor1806150025-n1.html


  史上初の米朝首脳会談から2日後の14日、前橋市大手町の群馬県政会館で、「脱北者の話を聞く集会」(群馬拉致議連主催)が開かれた。
韓国人の父、日本人の母という共通項を持ち、2002年に脱北した女性2人が北朝鮮での過酷な実態や脱北の経緯、独裁政権への怒りを語った。

登壇したのは、荒川昌子さんと佐藤美子さん(ともに仮名)。

 荒川さんは昭和27(1952)年、埼玉県出身。11歳のとき、父の強い意向で帰還船に乗り北へ渡った。当時の日本国内では、北朝鮮を「地上の楽園」
と表現して疑わない人たちが多くいた。「楽園へ行く」と口にしていた父はすぐに亡くなった。

「金日成時代は、なんとか食べ物があった。せっけんも塩も、配布された。金日成が亡くなり、この世がおかしくなると思った」

 初めての脱北は失敗に終わる。中国へ向かうために川を渡っているところを捕らえられ、「牢屋」に連行された。金正恩朝鮮労働党委員長の
父の金正日体制だった当時に脱北を試みる人が続出したため、連行先では「6畳の部屋に20人くらいいた」という。周辺で、
毎日のように死体を目にしたことから「感覚がおかしくなった」と振り返る。

 2002年、中国国境にある流れの速い川の横断を再度試み脱北に成功。平成19(07)年にようやく日本の土を踏んだ。「脱北できたことがどれだけ
幸せだったか、今でも考える」と語る。

 佐藤さんは北朝鮮北東部の咸鏡北道で昭和46(1971)年に生まれた。父は在日韓国人1世として日本で生活し帰還船で北へ渡ったが、
「亡くなるまで自分の選択を後悔していた」。

夫が韓国軍捕虜を捜索していたことから監視対象となった。父の影響もあって脱北を決意し、02年にシベリアに近い中国吉林省のキリスト教会で
保護された。その後、脱北者を支援する「北朝鮮難民救援基金」の協力でタイへ渡航、11年に日本入国が許可され、現在は内装工事会社を経営している。

 北が「常識とは違う国」であると知ってほしいと願い、初めて自身の体験を口にした。12日の米朝首脳会談では「朝鮮半島の完全な非核化」で
合意したが、佐藤さんは「私たちはそこ(北)に住んでいて出てきた者。現実をよく知っている。会談は本質的なことが語られたわけではない」
と断じる。
今後、複数回の会談を重ねても「金一族のための会談になってしまうのではないか」と危惧しているという。

 一方、4月27日に実現した南北首脳会談について、荒川さんは「とてもうれしかった。私の家族は今も北におり、会いたいし話したいことがたくさんある」
と語り、「南と北は1つの民族。早く1つになってほしい」と訴えた。
 

【性質が悪過ぎる韓国人戦時高給売春婦へ日韓合意の訴え棄却】対日嘘宣伝「慰安婦強制連行」強請・集り・カツアゲ工作は世界にバレバレ!

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月15日(金)21時54分37秒
返信・引用 編集済
  ●日韓合意めぐる元慰安婦らの訴え棄却 ソウル中央地裁                                平成30年(2018)6.15 産経

   https://www.sankei.com/world/news/180615/wor1806150032-n1.html

【ソウル】慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意は不当だとして、韓国の元慰安婦の女性10人が韓国政府に損害賠償を求めていた訴訟で、
ソウル中央地裁は15日、原告の訴えを棄却した。

 地裁は「合意の法的責任の認定や合意に基づき日本が拠出した10億円の性格が不明確な点など、不足する部分は多い」としつつも、
「外交的行為は国家間の関係で幅広い裁量権が許容される点を考慮すれば、違法とはいえない」との判断を示した。

一方で、合意により原告個人の日本に対する損害賠償請求権が消滅するとはみなし難いとした。
 

《 ニコニコ動画 【水間条項国益最前線】第89回 第1部 第2部》 (2018/06/15)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月15日(金)08時43分8秒
返信・引用
  〇《 フリー動画 【水間条項国益最前線】第89回 第1部《◇朝日新聞からの「申入書」への対応◇米朝会談の見方◇他》
   http://www.nicovideo.jp/watch/1528990770 2018/06/15 00:09  背景は皇居の内堀あたり


〇《会員動画 【水間条項国益最前線】第89回第2部》
   http://www.nicovideo.jp/watch/1529004469  2018/06/15 03:37 背景は浅草

☆近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲 ニコニコチャンネルです。日本の国益を護るために有益な情報を発信するために開設しました。
 共に戦ってくださる同志の皆様の加入をお待ちしております。

【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】
◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou
◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件・全文掲載)http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
 

【東南アジアでも嫌われている悪の帝国共産CHINA】 騙しの侵略「一帯一路」ベトナムで大規模反中抗議デモ (親中NHK封印ニュース)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月14日(木)22時14分39秒
返信・引用
  ●ベトナムで大規模な反中デモ、中国に99年間土地租借に抗議 http://www.epochtimes.jp/2018/06/33968.html     2018年06月13日「大紀元」


  ベトナム各地では10日、特別経済区建設などをめぐって、中国マネーの流入に反対する市民が大規模な抗議デモを行った。
英紙フィナンシャルタイムズなど複数のメディアが11日伝えた。

  ベトナムのソーシャルメディアに投稿された書き込みや写真によると、同国首都ハノイと南部都市のホーチミン市など各地で、デモ参加者が横断幕を掲げ、
「中国は出ていけ」「中国は要らない」 などとスローガンを叫びながら、進行した。

同国政府は、北部や中部と南部のフーコック島で特別経済区の建設を計画しており、外国人投資家に対して99年間の土地租借を認可する。

  FT紙によると、現地住民は中国による99年間の土地租借を認めれば、ベトナムの主権が侵害される可能性があるとして反対を示した。ベトナム政府は、
住民らの抗議を受けて、特別経済特区設立をめぐる関連法案の立法を延期することにしたという。

ベトナムと中国は、南シナ海の一部の島に関してそれぞれ領有権を主張しているため、ベトナムでは近年、反中感情が高まっている。

  2014年5月、同国各地では、中国企業の南シナ海での石油掘削活動に抗議する大規模なデモが発生した。抗議者らはその後、暴徒化し、中国系や台湾系の
店舗を破壊し、放火した。一部のメディアによると、抗議デモの影響を受け、約16人の中国人が死亡した。
 

【恐ろしきCHINA共産党の人民監視網】男子大学生が家族チャットGで、「中国の汚職官僚」批判を投稿後、消息不明に!(次は台湾・日本国か?)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月14日(木)20時44分4秒
返信・引用
  ●台湾女性「二度と中国に行かない」 ネット検閲に恐怖  http://www.epochtimes.jp/2018/06/34005.html       2018年06月14日「大紀元」


中国当局によるネット検閲の恐ろしさを目の当たりにして、ある台湾人女性が勤務した大陸の企業を辞めて台湾に戻った、と台湾メディアはこのほど相次いで報道した。

台湾メディア「三立新聞」などによると、女性の友人の男子大学生が、メッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」の家族チャットグループで、
「中国の汚職官僚」を批判する文言を投稿した。その数日後、友人は警察当局から取り調べを受け、連絡が取れなくなったという。

女性は大学卒業後、念願の中国企業に就職し、上海市にある会社に3年間勤務した。

報道によると、男性大学生が通う大学が7日、構内で「社会的不安を煽るような言論を控えるよう」との通達を掲示した。違反者に対して「警察当局が介入し捜査する」
と警告。同通達には、当局の取り調べを受けている学生4人の名前が記された。

この通達を目にした台湾人女性が恐怖を感じ、直ちに会社を辞めて台湾に戻ったという。そして自身のFacebookで「二度と大陸に行かない」とした。

台湾のネットユーザーらは、厳しい中国ネット統制・監視の怖さについて次々と指摘した。

  「家族同士のチャットグループも監視されるの?本当に怖い」

  「大陸の微信、QQ(インスタントメッセンジャーソフト)、淘宝(ネット通販サイト)などはみんな、中国の公安と近いからね」

  「中国大陸では日常茶飯事だ」

  「台湾が持つ最も貴重な価値観は、言論自由にほかならない」

また、「台湾ももうすぐこのようになるだろう。理由もなく、あなたが拘束されるだろう」と台湾における中国当局の影響力拡大に対して危機感を抱く人もいる。
 

【1945年夏、ドイツと日本、そして憎悪の結果】 Summer, 1945: Germany, Japan and Harv

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月14日(木)11時22分36秒
返信・引用
                                                   「史実を世界に発信する会」より転載
<ブックレヴュー> 1945年夏、ドイツと日本、そして憎悪の結果
Summer, 1945: Germany, Japan and Harvest of Hate
トーマス・グッドリッチ (Th0mas Goodrich)
The Palms Press, 2018
評者:Tadashi Hama タダシ・ハマ

  著者のトーマス・グッドリッチは「Hellstorm: The Death of Nazi Germany, 1944-47」(連合軍のドイツに対する戦争の実態)「The Dixie Died」
( 南北戦争後の南部占領の歴史)、「Scalp Dance」(白人とインディアンの戦争)など、戦争、闘争とその惨劇をドキュメンタリー風に描く作家です。

その最新作が、この「1945年夏」で主題は第二次世界大戦です。勝者の一方的な立場からこれを描くのではなく、資料に基づいて公平な立場で記述しています。

 その結果は、公式的な物語の信奉者が大ショックを受けるものになっています。正義の連合軍は、捕虜を殺害したり、民間人を虐待したりすることは
想像もできないはずですが、次のことばはだれが言ったのか、記録があります。

   *「できるだけ早く、奴らを片付けるべきである」
   *「奴らを全部殺せ。壮年も、老人も、子供も女も。嬲り殺しにするのだ」
   *「多数の女や子供を殺さなければならないことが分かっていた。やらなればならなかったのだ」

最初のものは、ウインストン・チャーチル首相です。2番目の悪罵は、ソ連のジャーナリスト、イリヤ・エレンブルグが言ったものです。

3番目のものは、あの東京空襲という一夜にして10万人の非戦闘員の市民を殺戮したアメリカのカーチス・ルメイ空軍大将が言った言葉です。

 本書には、こんなものに止まらない、素朴な連合軍正義信奉論者が驚愕する事実が大量に示されています。歴史を公正な目で見直すための貴重な
ドキュメンタリー小説である本書の日本語訳版を是非刊行していただきたいものです。

書評英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/Summer-1945.pdf
書評日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/1945.pdf

                                    平成30年6月14日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝 http://hassin.org


<Book Review>  Summer, 1945: Germany, Japan and the Harvest of Hate
Thomas Goodrich
The Palms Press, 2018
Reviewed by Tadashi Hama

 Thomas Goodrich is a professional writer whose main theme is the atrocities that inevitably occur during human conflict. His main books include Hellstorm (Greatspace, 2014), an account of the Allied war against Germany, The Day Dixie Died (Stockpole Books, 2001), a history of the postwar occupation of the South by the Union Army after the Civil War and Scalp Dance, a narrative of the war between the Indians and Whites and the torture and slaughter committed by all sides. What gives his books its visceral realism is that he cites from diaries and personal recollections, allowing both perpetrators and survivors to freely express themselves.

Summer, 1945 is his latest book, in which he covers the final days of the Second World War. Most people believe the official narrative, the politically correct view of the Second World War: the Allies fought for “freedom” and “democracy”. Most people could never imagine that the righteous Allied soldiers murdered prisoners of war or raped civilians--the reality is far removed from their cherished beliefs. Most people will be shocked to know from whom these quotes were taken:

  “We ought to get rid of them as soon as possible.”
  “Kill them all, men, old men, children and women, after you have amused  yourself with them!”
  “We knew we had to kill a lot of women and kids… Had to be done.”

  It is documented that the first one was stated by Prime Minister Winston Churchill, the second was by Soviet Journalist Ilya Ehrenburg and the third was by General Curtis LeMay, who ordered the March 1945 firebombing of Tokyo, killing 100,000 unarmed civilians.

   This book objectively illustrates the real Second World War, of the savagery inflicted on Germany and Japan by the Allies. There needs to be a fair view of this war to eliminate the biased and prejudiced view of the war, which leads to prejudice against the losers of the war.

Book Review: HTML: http://www.sdh-fact.com/review-article/1171/
       PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Summer-1945.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: 03-3519-4366  Fax: 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.
 

【虎ノ門ニュース】【DHC】6/14(木) 有本香×竹田恒泰×居島一平

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月14日(木)11時03分24秒
返信・引用
     https://www.youtube.com/watch?v=qHfJgy_idM4

虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!!憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!
この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。

なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。そのため、司会者やパネラーがスタジオ入りするのも放送直前!
そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか?番組作りの舞台裏もお楽しみください!
 

【日本の病巣を斬る!】♯55【委員長不信任理由説明に40分!衝撃国会事情】

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月14日(木)10時58分1秒
返信・引用
                                                                                  2018/06/13 公開「文化人放送局」より転載 (6月5日収録)

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjN88rChdLbAhVHwrwKHVBDB-cQtwIIJzAA&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3Dl5TwsT5FPHA&usg=AOvVaw2Bav7FuTQslQ2-hEIlkrB7
 

【沖縄の声】辺野古ゲート前渋滞は誰のせい?/進む辺野古埋め立て工事 オール沖縄は「撤回早く」[チャンネル桜H30/6/13]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月14日(木)10時36分42秒
返信・引用
     チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」  https://www.youtube.com/watch?v=9GbEn4KjBnc

     出演:江崎 孝(沖縄支局担当キャスター)  我那覇 真子(沖縄支局担当キャスター)

  平成30年6月12日火曜日に放送された『沖縄の声』。ブログ”狼摩人日記”管理人の江崎孝、”琉球新報・沖縄タイムスを正す会”運営代表委員の
我那覇真子が様々な沖縄の問題を取り上げ、沖縄2紙・メディアによる嘘・偏向・捏造記事を暴いていきます!

今週のテーマ
◇辺野古ゲート前渋滞は誰のせい?
◇進む辺野古埋め立て工事 オール沖縄は「撤回早く」
◇大田元知事の「人類館事件」に津嘉山 正種氏が継承
◇沖縄タイムス阿部記者コラム「大弦小弦」
◇緑ヶ丘保育園が反基地組織を結成→チーム緑ヶ丘1207

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

  ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

【米朝首脳会談】 青山繁晴  最新ニュース速報 2018年6月14日

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月14日(木)10時30分0秒
返信・引用
       https://www.youtube.com/watch?v=f_H-kAufcxE                              2018/06/13 に公開「田中一穂」より転載

 

【拡散KAZUYA Channel】 HINOMARUで謝罪に追い込まれるRADWIMPS 一方その頃ライブで猿真似をする東方神起

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月13日(水)21時15分53秒
返信・引用
  https://www.youtube.com/watch?v=eu4QyFaYhBg                                      2018/06/13公開「KAZUYA Channel」  より転載  

ノンフィクション作家・河添恵子#4-2「馬渕睦夫氏と語る最新世界情勢」後編・北朝鮮問題の行方

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月13日(水)18時58分52秒
返信・引用
      https://www.youtube.com/watch?v=Z4Ot9KiWPV8                                2018/06/11 公開「林原チャンネル」より転載

 ゲスト馬渕睦夫氏の後半!北朝鮮問題の行方を中心に、朝鮮戦争の真実・そして終焉、グローバル勢力の影響下にあるNHK、世界の反ロシア・反プーチンの動き、
マレーシア・マハティール首相の反中国、金融や企業スキャンダルに潜む外資企業の動き、テロに無自覚な日本、求められる日本国民の自衛・・・等、
初対談となった今回、両先生も手応えをつかんだご様子。皆様からの次に繋がるご意見・ご感想を、お待ちしております!

  収録日:2018年4月25日 製作・著作:林原チャンネル http://www.hayashibara-ch.jp
 

【Front Japan 桜・特別討論】米朝首脳会談とこれからの日本 [チャンネル桜H30/6/13]

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月13日(水)18時49分28秒
返信・引用
     https://www.youtube.com/watch?v=BOoJm4FMAZU           昨日6月12日に行われた米朝首脳会談を受けての特別討論をお送りします!

(パネリスト)
加藤清隆(政治評論家)  髙山正之(コラムニスト) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 宮崎正弘(作家・評論家)  司会:水島総

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/
 

【中国共産党政権:11日間大陸全土トラック運転手数万人ストライキ中】 3000万人の運転手に参加呼びかけ!(親中NHK隠蔽ニュース)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月13日(水)12時29分1秒
返信・引用
  ●「もう生活できない」中国各地でトラック運転手がストライキ 数万人参加か                2018年06月12日「大紀元」

   http://www.epochtimes.jp/2018/06/33923.html

  8日から始まった中国各地のトラック運転手によるストライキは、11日現在も続いている。待遇の改善を求める今回のストライキは、江西省修水市に端を発し、
安徽省、湖北省、浙江省、上海市、貴州省、重慶市など各地の運転手が呼応している。

SNSに掲載された写真や動画によると、各地の高速道路、幹線道路、料金所に多数のトラックが停車している。

  ストライキは10日間の予定。発端はトラック配車アプリ・運満々が運転手を競わせ、運賃が急落したことにある。「市場は運満々に独占され、
不当に引き下げられた運賃ではもう生活できない」と参加者は訴えた。そのほか、ガソリン価格の高騰、警察当局の理不尽な取り締まり、道路通行料の恣意
(しい・思いついたままの考え)な徴収、政策の朝令暮改(ちょうれいぼかい・法令がでてもすぐあとから改められる、あてにならないこと)などの改善を求めた。

ストライキ組織者は「もうこれ以上我慢できない」とし、全国に3000万人いるトラック運転手に参加を呼びかけた。参加者は数万人規模に達していると推測される。

さらに「勝手に営業再開する運転手に対して、トラックの破壊も辞さない」と統制を図ろうとしている。

  参加者は大紀元の取材に対して、警察官が出動したが、「やりすぎないように」と口頭注意に止まったという。中国メディアはストライキについて
報道規制を敷いている。国内メディアは報道していないほか、ネットに出ている情報も削除されている。

今回のストライキが他の業界にも広がっている。現在、タクシー配車サービス大手の滴滴出行の運転手も加わった。

1カ月前、タワークレーン車のドライバーは賃上げを求め、各地で同時にデモを行った。今回のストライキで物流が滞り、日用品の供給に影響が出る恐れがある
 

【日本国の善意を悪用する訪日外国人の医療費未払い問題】急増で病院の「経営圧迫」(外国人医療費は御人好し日本人の血税で継続的負担か)

 投稿者:遊撃素浪人メール  投稿日:2018年 6月13日(水)11時23分3秒
返信・引用
  ●【ニュースの深層】病院悲鳴! 訪日外国人の医療費未払い続出で「経営圧迫」 一人数百万円も…      平成30年(2018)6.12 産経

   https://www.sankei.com/premium/news/180612/prm1806120004-n1.html


  訪日客の増加を受け、けがや病気で病院を受診した外国人患者が医療費を支払わないケースが続出している。一人の未払い額が数百万円にのぼる例もあり、
病院経営への影響を危惧する声も出始めた。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、訪日客数が増えれば混乱はさらに深まる恐れもある。)

▼タイ人に治療費1500万円

 東京医科歯科大学病院(東京都文京区)は昨年1月、国内旅行中に倒れた20代のタイ人女性の救急搬送を受けた。病名は「虚血性心不全」。
手術を含めた懸命な処置を行い、命を救った。

 だが、治療にかかった約1500万円の扱いに患者も病院側も苦慮することになった。女性は旅行保険に入っておらず、費用は自己負担となることに。
タイ大使館から約800万円の立て替え払いがあり、募金なども受けて一部の返済が行われたが、帰国した今も完済には至っていない。

「女性はタイから支払いを続けてくれているが、医療費の未回収分は病院が負担するしかない。同様の事例が続けば経営は確実に圧迫される」。
大川淳病院長はこう危機感を募らせる。

▼3割が未払い経験

 外国人患者をめぐる医療費のトラブルは各地で相次いでいる。厚生労働省の調査によると、平成27年度に外国人患者を受け入れた1378病院のうち35%で
医療費未払いがあった。

  近畿運輸局が行った調査(28年5~7月)でも、回答した大阪府内の147病院のうち20病院で27人分の未払いの発生があり、未払い総額は1547万円に
のぼった。1人の未払いが約800万円という例もあった。

 一方、本人や家族の所持金から医療費の一部を回収できても「帰国後に送金する」とされた残金の支払いが果たされていないケースもある。
未払いの一因は旅行保険に未加入であることや、医療情報の説明不足などがあるとみられるが、現場からは「出国されてしまえば打つ手がない」
「適切な対応方法が定まらない」との戸惑いの声も漏れる。

▼保険加入をチェック

 こうした中、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)は約3年前から外国人患者の対応支援に当たる専門部署を立ち上げ、成果をあげている。
力を入れてきたのは未払いの“芽”を摘むことだ。

 例えば、これまでややおざなりにされてきたパスポートによる本人確認や、旅行保険加入の有無などの情報収集を徹底。医療費の高額化が予想される場合、
早期の支払いを促すなど担当者が取るべき手順も明確化させていった。現場の調整に当たるコーディネーターも置き、通訳や大使館への相談といった
関係機関との連携にも力を入れている。

▼ただ、こうした取り組みは医療機関ごとに温度差がある。

 政府は平成32年に訪日客数を4000万人とすることを打ち出しており、「セーフティーネットの構築を含め、国や自治体、関係機関が連携して対応策を
講じていかなければ、対処しきれなくなる病院も出てくる」と同センターの大曲貴夫副院長は懸念する。

自民党のプロジェクトチームは4月、医療費の未払いを繰り返す恐れのある外国人に対し、入国を拒否することなどを盛り込んだ提言を公表した。

  保険加入の推進や外国人患者受け入れのマニュアル整備、クレジットカード決済の普及なども打ち出しており、政府がこうした案を外国人患者の
対応策にどう反映させ、体制づくりが動き始めるか注目される。
 

/894